【特撮ブログ】ニチアサ脳

ニチアサの感想を中心に、特撮作品の感想を書いています。

【このブログについて】
ニチアサ時間変更により不定期更新となります。

【コメントについて】
返信を希望の場合は名前を記入してください。また、「返信希望」の旨書き添えてください。
私信、誹謗中傷等、内容が公開に満たないコメントは削除いたします。

【今週の一言】
いろいろあるので、しばらく内容等縮小気味に更新です。

【響鬼】28話=1クール目

28話にしてやっと多少まともに話が動き出すって…


○響鬼 28話まで(相変わらず批判ばっかり…)
剣は確かに前半はうろうろしてたりネタだったりしてたけど、そうはいってもちゃんと伏線を張りまくってたし、人間関係も描き出してた。
だからこそ、後半のメインライター交代の際にその伏線を活かした作品展開ができたわけで。
前半にいかに重きを置くか、それは後半の物語の展開を決める一つの指標だと思う。

最初に言っておく!!
私は「響鬼」という作品が駄目だと言ってるわけじゃない。
脚本・構成が壊滅的に物語として成立していないことに腹を立てているのだ。

響鬼の28話までというのは、ほぼ通常の仮面ライダーシリーズの1クール目相当でしかない。正直5話目ぐらいなものである。
28話に至り、やっとヒビキから「明日夢を弟子のようなものだと感じている」ことや、鬼をあきらめざるを得なかった青年と明日夢の交流、敵組織の全容が描かれているが、これは本来もっと前半にやるべきことであった。
正直、28話までの明日夢パートはほぼ必要性がない。ヒビキパートも微妙であるが。
必要なのは、ヒビキとの出会いとたちばなの描写(一部)、猛士・鬼たちとの交流ぐらいなもんである。
それ以外の明日夢パートは、明日夢が鬼を目指すでもなく、猛士でもなく、普通の高校生である限りは「響鬼」という作品に必要性がないパートなのだ。
特に、各登場人物から明日夢という存在が好意的に評価されている点はごく普通の流れであれば問題のない表現だが、視聴者に対してあまりにも説得力に欠けすぎている。
一言でいえば、明日夢にも、明日夢の周りの環境にも「リアリティ」が感じられないのだ。
「いい目をしている」や「感覚が会う」といった表現で評価される明日夢だが、その言葉は作中で浮いており、実を伴っていない空論に聞こえてしまう。
行動で示すべき期待を言葉のみで表現してしまうことで、リアリティは逃げてしまっている。
一高校生としても「立派」の部類には入らず、かといって特筆すべき努力等も感じられない描き方で、「特殊な環境下の大人たちが評価する少年」に納得を求める方が難しい。
むしろ、万引きのエピソードでも感じるようにセンシティブで気弱、いざというときに行動できない、アルバイト先でのアキラを残して地下にいくなど自分勝手という印象が強く残ってしまう。このあたりは、セリフ一つでだいぶ印象が変わるのだが、それすら見受けられない。
本来、悪印象を持たれうるエピソードを上回る好印象のエピソード(たとえば、万引きをひとみとともに見てしまい、後日襲われそうになるひとみを独力で助け出す、等)で補強すべきだが、その部分が根本的に抜け落ちているのが明日夢パートなのである。
補強材であるお師匠さんの手を握るエピソードはあまりに弱い。
アバンでの「変わってきた」という明日夢自身の評価がまったく作中(視聴者側)に反映されず、「鍛えている」という言葉も空回りしており、ちぐはぐな感じを受け続けるのも悪印象の一因か。
特に、ヒビキの明日夢に対する想いは比較的具体性を持って描かれている(お見舞い、山登りへの誘いなど)割に、明日夢のヒビキへの想いは具体性を持っていない。
響鬼のフォローは各所ではいるものの、結局本人は何がしたいのか、何をすべきなのかが伝わってこず、結果「実質主人公なのに不要」という図式が出来上がってしまった。
結果、28話という2クール消費後も明日夢という存在が宙に浮いたまま、人間関係の根底が1話の状態と変わらない、というとてつもない失敗を犯してしまった。
1話から28話の間に、
・ヒビキは弟子をとっていない。明日夢と知り合った。
・トドロキは鬼になったが、サポートはザンキである
・イブキはアキラとともに戦っているが、初登場時と環境はほぼ変わらない
・明日夢は一般的学生である
という、互いの交流は発生したものの、根本的なポジションの変化がない状態である。
ここに「明日夢がヒビキの弟子になる」という変化を加えるだけで、人間関係は一気に変化し、物語も深みと加速を見せたはずである。
28話までの響鬼は、あまりに物語としてのんびりしすぎており、一話一話が独立しているといわれてもさほど気にかからないほど、互いの話が関係し合っていない。
物語全体としての骨子が抜け落ちてしまっているが故に、バラバラすぎる物語となっている。
本来、骨子は「明日夢の成長と師匠たるヒビキ」であったはずだが…
それは、明日夢がヒビキに対し「鬼になる気はないだろ?」という問いかけに、さほど逡巡もなく「YES」と答えた時点で崩壊したのかもしれない。

結局、高寺Pの最終話構想としては
・最終回を迎える際、明日夢はヒビキへの弟子入りを決め、鬼への第一歩を踏み出す
というものであったのかもしれない。
それはそれでアリだろうが、おそらく視聴者の求めているものは「鬼になるために作中で努力し成長する明日夢の姿」であって、それまでの決意の過程を見せられたところで勝手にやってろって話なのだ。
一年かけて「ヒーローになります!」って決意するヒーローものの主人公がどこにいるというのか。もう終わるって、作品!
「響鬼」は、ヒビキという鬼に憧れる少年とその成長、その少年を育てるさなか、悩みや衝突を通じてさらに人間として成長するヒビキの物語であってほしかった。
明日夢が鬼になるのは最終回だけでいい。
それまでの彼の成長が見れたなら、それで一年通してみてきたかいがあるというものなのに・・・
最も視聴者よりの存在でありながら、視聴者から突き放された立場に立たされた明日夢という存在は、実に「響鬼」という作品の問題点を浮き彫りにしたものだろう。

魔化魍も大・中・小と取り揃えて、人間大[分裂なし]→人間大[分裂あり]→大型を、6・3・1ぐらいの比率で取り込んでいけば全然違ったと思うんだけどなぁ…
童子と姫の描写は悪くないのに…敵もフルボッコすぎて緊迫感があんまりないしね。中ボス(ウェザー・伊坂 相当)ってのがいないからかな。
つーか敵方の存在がざっくりしすぎだろ。今から説明するにはバレ遅いし。
敵にも魅力がないと、ライダーってのは輝けない。しみじみ思う。


ともかくP交代劇までに思ったことはぶちまけておきました。
まあともかく物語としては酷いの一言かもしれない。
ライダーとしては割と好きだけど、話は延々ディケイド最終回を見せられている気分だ。なぜこうなった…
もういっそ明日夢いらねーヒビキさんだけでいいわーとかなる。
ともかく明日夢の描写はちょっとした悪意すら感じるわ…もっと平均より上として描いてやってくれよ…

30話からは別物です。

【響鬼】落ちものとバイクと人型

ヒビキさんバイク乗ってるwwwwwwwww


スーパーヒーロー大戦でも完全スルーだったヒビキさんのバイク姿www
きちんと停まれてて安心したわw
交通事故して鬼引退とかシャレにならん。
裁鬼さんならともかく。<裁鬼「」

想像以上に裁鬼さんがネタキャラだった…ヤバい愛せそう。
wikiで確認したら関東で一版の年長者らしいじゃないの。オッサン頑張るなぁ。
ちなみに中身はでてこない(もしくは助監?だっけ)
ザンキさんは結局カッコよかったし、裁鬼さんは延々ネタにされ続ける運命なのか…

明日夢の違和感が判明した!!
アイツはいわゆる「落ちもの」系のアニメ・漫画の主人公だからなんか納得いかないんだわ。
明日夢自身は特別立派なところはないのに
・特殊な状況に巻き込まれる
・自分を無条件に好いてくれる異性がいる
・周りの人間から無条件に好かれる
っていうのが悪目立ちしすぎてるんだな…
特に、「ヒビキが明日夢に惹かれる」っていうポイントが視聴者には見いだせないんだよねぇ…フツーの高校生すぎて。
ヒビキさん、ホント明日夢のこといいと思ってる?みたいな。
明日夢自身の成長とか、決意とか、共感できるポイントが描かれていればそういう悪目立ちはないはずなんだが…
アバンで「何か変わってきました」と言いつつも、まったく何も変わっていない明日夢の描写がさらにそれに拍車をかける。
ドラムができなくてホイッスルをいい加減にやってたり、小さな親切ができなかったり、いざという時に腰が引けてる姿が前面に出過ぎていてよくない。
これがヒビキの弟子であれば、「鬼」という異質な存在の中で悩む少年像になるのだが、一般高校生だとただのやる気のない我儘なガキにしか見えない。しかも周りの状況にながされてなあなあでクビ突っ込んでる状態だし。
このへんは、言っちゃ悪いが脚本/構成が下手くそだと思う。
明日夢がホイッスルを頑張って、部長が納得するシーンとかのフォローすらないし。それはヒビキと明日夢の物語なら最低限必要なシーンだろ?部長がたちばなに来るシーンは削ったとしてもそこは入れるべきだった。
トドロキとヒビキの物語じゃないんだからさぁ…
もっとこう…分かりにくい描写じゃなくて、分かりやすく「ヒビキが魅力を見出した少年」であってほしいわけで。
明日夢の特殊な状況は、あまりに普通の高校生では荷が重すぎる。
つくづく、早く弟子にしなかった判断ミスが悔やまれるな…

でも魔化魍が人間サイズになったことは評価する。

辛口になりましたが、ホント惜しいと思うんだよな。
ボタンの掛け違えですごいちぐはぐになってる。
剣で描けなかった「先輩・後輩」の図式とか、今後もなかなかないであろう「師匠・弟子」の図式を描くのに最適な作品だったというのに。
イブキとアキラ+ザンキとトドロキの師弟関係がそっくりそのままヒビキと明日夢でいいのになぁ。
細部へのこだわりは感じるけど、いかんせん話作りには活かせてないな。
うーん、高寺Pは何がしたかったんだろう…
私にはまだわかりません。でもヒビキさんはカッコいい。

【響鬼】少年よ大志を抱け

高寺Pの失敗は多分5話で明日夢をヒビキさんの弟子にしなかったことだと思う。


○仮面ライダー響鬼 22話まで
うーん、まったりすぎる。
剣だったらジャックフォーム近辺、キバも現代クィーン近辺、Wならアクセル強化月間、オーズだとロストアンク近辺かぁ。
響鬼も魔化魍が合体したりで盛り上がる要素はあるのだが、いかんせん明日夢が浮いててどうもなぁ。
設定とか絵面とかすごくいいのに、ヒビキと明日夢の行動がほとんど噛み合わなくてすごく残念な結果になってると思う。
そりゃライダーの活躍は観たいけど、やっぱりこういう設定だと主軸になるのは敵組織との対立とか、少年の成長とかじゃないとなぁ。もしくは大組織の陰謀とか。
あまりに日常感が押し出されすぎてて、必要な要素っていうのがおざなりになっている気がします。
もっと盛り上げんかい!みたいな。

いや、正直に言ってしまえば明日夢がヒビキさんの弟子になってたら全く問題ない話の展開なんだけどさ。
なんで弟子にしなかったんだろう…チャンスはいくらでもあったのに…
だから、視聴者側の明日夢が「偶然戦いに巻き込まれた一般人」から昇格できないんだと思う。
せめて、「偶然戦いに巻き込まれ、鬼に弟子入りすることになった少年」っていう場所までステップアップしてれば、今までの印象も違うのだが…
今の明日夢はたんなる登場人物の一人でしかなく、主要キャラとは言い難いポジションじゃあるまいか。
猛士でもないとかあり得ない。

とくに、ヒビキ自身が成長性E(←成長しきっているため)っていう描写なのがさらにキツイ。
「ヒビキさんはカッコいいけど、だから?」で終わってしまうんだよな。
魔化魍との戦いも単調になってしまうし。
もっとアキラとかトドロキみたいな成長性を描くべきなんだが…師匠クラスが描写の中心になると、どうしても平坦な物語にしかならないと思う。
それとも、「猛士」っていう組織と魔化魍のボスが実は裏でつながってた!とか、鬼たちの「ヒト」としての生き方についての悩みとか、鬼同士の対立とか、そういう展開だと全然違うと思うんだけどなぁ…
成長を描かないなら、そういう人間ドラマを盛り込んでいかないときついと思う。
今の展開では、あまりに話が進まなさすぎる。
明日夢いつ成長するんだよ!って、視聴者側からは分かりにくすぎる変化だしな…
敵の目的もほとんどヒビキ側にはわかってないわけで…魔化魍退治が、いわゆる「ルーチンワーク」に見えてしまうのが失敗の要因か。

あと魔化魍は大きいよりも小さい方がいいかな。
大ナマズの胃袋はなかなかよかった。
精錬の結果、凝縮された強さの人間大魔化魍とかでいい気もする。
※追記
23話~はしばらく人間大の魔化魍なのかしら?
しかし明日夢もっとしゃきっとしろよ、って意見はかわんねぇよ!!
トドロキさんのポジションが明日夢であるべき。


とまあ、不満点を連ねてみましたが、ともかく明日夢とヒビキさんのニアミス感が視聴者のフラストレーションの一要因であることは否めまい。
雰囲気はすごくいんだけど、一年ものだときつい流れだね。五年くらいやるなら許せるんだが。

でもヒビキさんはカッコいい。あとイブキさんマジハンサム。そしてザンキさん一生ついていきます!!
キャラと雰囲気と楽曲はすげーいいと思うの。マジで。

ゴーバスターズ感想

○ゴーバスターズ
いい話だったけど、あと3分で人質も転送もあるのに呑気に話してるのには違和感。相変わらず時間の使い方には疑問を感じる。
でもニック可愛かったから許す。

・それは言わないお約束
リュウジの熱暴走に対するウサダ「でも早く片付いていいよね~♪」
それ言っちゃ駄目ェェェェェェェェ!!w
多分視聴者の99%が思ってることだからwww
しかしリュウさんの熱暴走つえーなw転送に余裕あるなら確実に利用すべきw

・ニックの方向音痴が想像以上
ヤベェ…赤組のウィークポイントが2個もあるなんて…
「ヘイ!!」ってヒッチハイクしようとするニックにはワロタw
出歩いていいのか、あんな風貌のやつw

・姉さんの件は丸く収まる
収まってよかったけど姉さん世間知らずすぎる。いいけどね…

・ヒロムVSダンガンロイド
ダンガンロイドがカッコよすぎwライダーだったら4週引っ張ってもいいレベルだった。
先週のドリル以前のデザインのダサさはどこへ行ったというのか。
スピード勝負に重点を置いてて、見ごたえのあるアクションシーンだったね!!

・人質→救出 デルタニウム→敵に奪われる 作戦=?
作戦はどう見ても失敗な件。
オイオイ…いいのかゴーバスターズ…
でも最近思うんだけど、ゴーバスターズが駄目なわけじゃなくて、エンターさんが優秀すぎるだけなんだなやっぱ。
今回の作戦とか秀逸すぎるだろうがw
もうちょっとゴーバス陣営もエンターに対抗できる軍師がいれば…

・ニックかわいい世ニック
こんなバディロイドが家にいてほしい。
お父さんみたいなお兄さんみたいな頼れないようで頼れるキャラ。
こういうキャラ作りは流石靖子としか言いようがない。かわいいのう。

来週はとうとうリュウさんのウィークポイントバレ!
優秀なエンターさんのせいでますます窮地のゴーバスターズ。
歴代戦隊内でもこれじゃあんまりにも敵にいいようにやられすぎ!
果たして盛り返すことができるのか?!
次号、「ゴリサキ、とうとう敷地外ロケ?!」
ご期待ください。

【フォーゼ】恋と京都と四神相応

<ニチアサ栄光のホモ履歴>
海東「僕の宝は…君だ、士」 ※二号ライダー
京水「アハン…イイオ・ト・コ…」 ※映画・Vシネ版の敵
北村君「いやだなぁ、映司。忘れちゃったのか?」 ※ゲストキャラ
流星さん「弦太朗、君は俺が守る!!(キリッ」←NEW!! ※二号ライダー


流星さんが全力で海東さん二代目でワロタw
流星さん…すっかりキャラが変わって…
もうなんか「おじゃる」とかいってる流星さんをみて、「ああ、こいつホントに友達になると重たい奴なんだな…」ってなんか複雑な気分になったわw
こじらせると海東さんクラスで面倒くさそうだな!!


○フォーゼ
さりげなくすごい展開の京都キター!!太秦映画村の出番だーラッシャー!
一番笑ったのが「アストロスイッチ=四神相応」ってとこだったw
まさかの陰陽道wwwwwwまさか過ぎるwwwwwww
誰も想像してないだろ、そのつながり…
でも、わざわざ「ザ・ホール」影響下でのみ変身可能っていう理屈を理由づけるためと、4つのスイッチっていう理屈を一つにまとめたのはすごいと思った。
うーん、だから京都か!ってなんか納得してしまったし。
しかし、ザ・ホールって…数話前からとはいえ、唐突に表れすぎだろその設定。

・校長、リストラ最前線
校長ェ…
まあもう多くは語るまい。しかし、「なぜこんなところにメテオが?!」って言ってる校長はアホすぎてなんか悲しくなる。
いや、考えろよ。そこは!!w
ちなみに、あのシーンのために京都タワーに撮影許可取ってて感心したw

・三年坂→伏見→太秦
無茶苦茶すぎるwww移動時間だけでシャレにならんwww
この行程表作った人でてきなさい先生怒らないから。

・財団Xとレオさん
財団X公式にきちゃったー!!wそしてレオwww
まさかのMEGAMAX設定の完全活かし。
弦ちゃんの「恋人?いないよ」も切なかったな!!
ちなみに、妹と観ていたらレオが「EXILEみたい」と「ゴリラ顔」って感想が出てきたので、今後「ゴリザイル」という名称が定着しないかどうか期待しています。

・京都満喫
楽しそうだな…うずらwwwアレ食べるとこないwwww
時代扮装した弦ちゃんと流星がイケメンすぎた。
そして歌星のセレクトwwwうめぇwwwww

・流星さん、第二の海東化。
友情が重いwww
一週間見ない間に流星さんがホモになっててワロタw
まさかそっちに振り切ってしまったのか…友子とあれほどいい感じになってそうだったのに!!
想像以上の変化でしばらくついていけなかったわw
うーん、まぁ男友達からもらった時計をつけてたりとか事あるごとに病院に通ったりとか、色々友情が重たそうだとは思っていたがこれほど極端とは…
すでに弦ちゃんべったりで歌星が嫉妬しちゃう☆
「弦太朗が狙われている!!」って言ってたけど、女の子のアタックぐらいは緩めてやれよwwwやべえ確実に大樹さんwww
しかし今回の京都回で一気に流星さんがネタキャラ化したなw
「まきびし!」は予想外でワロタwなんだそれはw
第二の海東さんとしてどこまで成長するか…それは脚本次第だな!!

・ゲストキャラ
冒頭で、同じクラスなのにまだ友達じゃないのかと驚いてしまったわ。
別にそういう意味ではなかったのね…
しかし、ダスタードとかメテオストームとかわけわからんものがわらわら湧いてきても恋愛優先の恋愛脳にはワロタw
おっどろいたなあ。

・さりげなく進む話。
歌星パートで話進みすぎワロリンコw
単なるギャグ回じゃない…だと…?
新情報とか詰め込み過ぎw
来週は浴衣で旅館でリブラもヤバくて親父は理事長が殺したってマジ告白?
予告だけで話題が尽きないってすごいわー。
うーん、加速してるねぇ!


カウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
管理人
patora
ツイッター始めました。返事はしません。記事にするほどもない短文感想など。
カテゴリー
最新コメント
記事検索
アーカイブ