俺は天の道をゆき、総てを司る男…
時を超え甦ることもまた、可能なのだ、と…

カブトを見終わると水嶋ヒロが引退したのが惜しまれるな…(※してないらしいけど)
いいじゃない、ライダージェネレーション2でアテレコしてくれよ暇だろ。
それかシシーラワーム2書いてくれよ。
ついでに先日「鍵のかかった部屋」にカガーミンは出てたけど、見直すと予想以上にカガーミンだった…
警察から(おもな仕事で)ヤクザに転向してておねーさん悲しい!w
でも考えたらめっちゃ同年代www
ああ…時とは確も果敢無きものか…!


〇カブトの総評・改
やっぱり全体像をを作り上げていくうえで、設定と細かなストーリーがかみ合っていないとダメ、っていう例みたいなもの。
その場その場で設定を変えたり、キャラをいい加減に使ったり、ギャグに走りすぎるとやっぱりしわ寄せはストーリーに行くなという…
加賀美弟のエピソードとか、坊ちゃまやひよりの存在とか、CU/HCUとか、いいところも結構あったのに、料理の仕方を間違えたな…あんなに料理してたのに。
あとは緊迫感の無さ。これは本当にダメ。
一つ一つのエピソードが点になってて、線でつながらなくなってる。
重大事項(ひより消失)からのぐだぐだな流れはちょっとひどすぎるんじゃないか…
復活したらしたであの存在感の無さ。そのフォローもいまいち。
前半はまだよくても後半が今一つだった。

あと加賀美がZECT付きなのにバイトっていうのもよくわからん。
NEET(天童)が食っていける理由とか、樹花とだけ暮らしてる理由とか、サルのマスターがほとんど出てこないとか。むしろおばあちゃんは亡くなってるのが妥当じゃない?
このあたりはもっとどーにかしてほしかった…。
細かいことを言うと死にそうになるが。
※大介・坊ちゃま他設定いろいろ

あと酷いのはZECT。駄目だろうあの組織。アホしかいなーい!!ガーン
三嶋さんと加賀美父はカッコいいんだけど、それだけっていう…
肝心のゼクター制御装置を開発しても使えないって、無能にもほどがあるwww
本当に「本日の犠牲者」量産組織だったな…
何が酷いって、ハイパーゼクターは開発したのに武器は開発してないっていう。
いやそこは脚本でどうにかしろよ。

暴走スイッチの設定も酷い。久しぶりにこんなひどい設定を見た。
一応最終回で言及されるけど、あまりに死に体の設定だわ…
これは本当にひよりと絡めるべきだった設定。
・ハイパーゼクター実験で暴走→擬態天道逃亡
→ハイパーゼクターは本物の天道のところへ
→暴走してひよりを殺そうとする天童、止める加賀美
→ひより、天道擬態と遭遇→時空の間へ
→暴走スイッチの真相云々
とかね…まあひよりを一度くらいは本気で殺そうとしてこそ活きる設定だったと思うが…
合間にHCUで未来から来た天道が「ハイパーゼクターを手にしてはいけない」とか思わせぶりに口走ってるとなお良い気がする。
そう、未来は暴走した天童がすべてのワームを倒した世界とかにすれば映画から2週目(3回目のチャレンジ)の世界に(以下省略
TV版ではその運命を乗り越えていく天道の物語にすればよかったのに…
そうすれば無駄なハイパーカブトの覗き行為にも理由がつくし、ハイパーカブトが消えた理由が『運命が変わった』と解釈できるからな。
本編の説明だとマジでテンドゥザーン!ナズェミティルンディス!だろ!!観光か!
「ハイパーカブトが出てきたから、カブトはハイパーゼクターを手にするだろう」じゃなくて、「ハイパーカブトが出てきたが、カブトはハイパーゼクターを手にできない/しない方がいいだろう」って話にしないと、一番キモが面白くならなくね?やってたけどさ…解決の仕方がいかがなものか。
…ド素人が考えてももうちょっとましにはなりそうなんだから、どうにかすべきだったな。
あとから言うなら何とでも言える、と言われればそれまでだけどね…
制作側の都合(製作期間が押しまくり ※響鬼のせい)もあるし。
そんな都合聞いてたら始まらないけどさ!

あとは敵。敵キャラの配置むちゃくちゃすぎて笑えるw
いかん、HCUはそこじゃないだろ!的なね。
時を止めるワームに対抗して、なぜ時を戻さないのか?理解に苦しむ。
おかげでカッシスワームがただの能力を活かしきれないアホの子扱い。
いや、駄目だろ…しかも最初の能力からバージョンが上がるごとにグレード下がっていくとかどんだけー!!
うわー!敵キャラとして最悪だー!!
わりとカッシスワームは重要だった気がしたのですが、所詮量産。
ウカワームのストーリーへのくい込みっぷりには到底及ばないのでありました。
いや、だからその辺も事前に存在をちらつかせるとかでだいぶ違うでしょっていう…

あとクロックアップ。カッコいい設定なのに使われなさ過ぎて泣ける。
使用制限とか明確にあればねぇ…オーズのコンボみたいに。
使った後は強制変身解除とか身体へのダメージが強いとかさ。
それだったらまだ緊迫感出たかも。

そういいながらも、天童カッコいい!とか戦いの神(笑)とか白包丁黒包丁で盛り上がったので、よかったのかもなあ…って感じ。
その時々の盛り上がりはあったかな。
加賀美はアホの子だけど私は好きだよ。坊ちゃんも大介も然り。
地獄兄弟はわけわからんけど好きだった。ライダー史に残るネタキャラw
脚本・構成はまるで駄目だと思うけど、スーツとギミックはカッコよかった。
ワームのデザインも割と好き。
あと、天道がマジでカッコよかった(おもに顔と雰囲気が)。
加賀美が水嶋ヒロで、佐藤祐基が天道役に抜擢されてたら、それはそれで面白いカブトだったろうなぁw

だけど、剣のあのエピローグから響鬼とカブトを2年続けて見せられたら、私だったら発狂するな!
…っていう感想がすべてを物語ってるかもしれないw


スポンサードリンク
スポンサードリンク