すべてのものは、豆腐に始まり、豆腐に終わる…と…


○カブト~最終話まで!
流石俺たちのゴローちゃんだぁ!最終話では毎回無双してんじゃねーかwww
と、某龍騎の記憶がよみがえった最終回。
もう三島さん天下取っちゃえYO!といわんばかりのカオスっぷり。
いや、とりあえず言えることは、もっと最終回までに話をしておくべきところがいっぱいあったんじゃないかな?!!!

・駆け込み需要
伏線のデパートキター!!つーか駆け足すぎるからwww駄目だからこういうのwwww
もはやツッコミが追いつかないなーと思いながら見てました。
いいんだ…もう加賀美と天童がカッコよかったらそれでいいってことにしようぜ…
坊ちゃまの最期は良かったし。
ドレイクとザビーが最終戦に参加すらしないっていうね。
いやとりあえず素面の役者の都合はつけとけよ…戦え…戦え…!

とりあえず思うことは、学校回はいらなかったと思う。
それよりもっとやることはほかにあっただろう…あんな回は夏場のギャグ回のあとにホラー回でやっとけや!おせーよ!!

・ひよりの立ち場
擬態天童がヒロインポジションなおかげで存在感がナッシング。
本当に存在感があったのは一番最初に消えるまでっていう時効ヒロイン…
役者の都合があるのかもしれないけど、せめて「地球生まれのネイティブ」っていう特色をどこかで活かしてほしかった…
つーかどう考えても擬態天童が寝てる台にはひよりが寝てるのが正しいと思います。
ヒロインってそういうもんだろう。
いや…でもそれ以前に矛盾だらけな設定もあるんだけどああもういいかもう!!

・天の道を行き総てを司る人
とりあえずひよりと樹花と豆腐があったら満足する人。
なんでフランスに行ってるのか謎すぎる…まあその辺は脚本のお遊びだからどうでもいいか…
坊ちゃまとは何時の間にか高次元の世界で相互理解を交わしていた。
最終話付近になって、やっとこさ友情を感じていた加賀美にぶっ倒されるという不幸を背負う。加賀美も信じてやれよ…
ネイティブのネックレスの存在理由を理解したり、元人間(たぶん)のネイティブをヌッ殺したり、あのがれきの中から無傷で復活したりともうやりたい放題。
最終回の一歩手前であんな状態になってるのってOREジャーナルの真j(ry
視聴者が「確かに天童のために世界は回っている」と感じざるを得ない展開だったが、とりあえず水嶋ヒロがカッコいいので許される。
理不尽だとお思いでしょうが、これが現実です。

・戦いの神(笑)
ぽっと出の根岸にあっさりころがされる加賀美。
アホ?と思ったのもつかの間、「やっぱりアホだった」と1話後に思い知らされる。
一応、田所さんやひよりの件で下積みはあるものの簡単に転がされすぎだろう…お前は一体何を学んできたんだ…とちょっとがっかり。
でもなんだかんだいって最終話のラストの雰囲気は嫌いじゃなかった。
だけど、坊ちゃまはアレだけ監視しといて「信じてる」っていうのもどうかと思う。
せめて「人間として」じゃなく、「お前は神代剣として生きていけ」ならまた違ったのかも…
所々の葛藤をもっとまともに描いてれば全然違うラストだと思う。
あとは「もうワームの数もだいぶ減ってきたな」のセリフの後に、「剣のおかげ…だな…」とでもつけておけば全然違うのになぜそうしなかったのか。
結局最初から最後まで、他人の微妙な心の機微に気付けない直情家だったなぁ。
本心が見えにくい天童との意思疎通はあんまりうまくいってないってのが面白かった。戦闘ではいいコンビなのに…

・田所さん
この人がネイティブなおかげで話が進んだようで実は混乱した。
でも最終的に天童が目指す世界には必要な人だったんだし、まあいいか。

・ミサキーヌ
結局、優秀なのかそうでないのかさっぱり分からなかった…
なんかもうちょっと活用の仕方があったんじゃないかと思うんですけど…

・根岸さん
ぽっと出過ぎるうえに虚弱。切ない…
もはや根岸の存在を無くして三島が真の黒幕でも別に良かった気もする。
今更どうでもいいけどさ…

・坊ちゃま
井上のおかげで救われたとしか言いようがない。
いい最期をもらえたと思う。お約束だけど、こういうのでいいんだよこういうので。
ちょっとグッときたわ…
途中の無駄なギャグ要素がなかったら、もっと良かったのに…
でも、爆死したはずなのに屋敷に戻ってるっていうのは、すみません井上のご都合設定です。アレは夢だったとでも補完しておきましょう。(多分)
あとフツ~~~にワームとしても強かった。それには何か理由がほしかったところ。

・地獄兄弟
弟が可愛すぎる。「お兄ちゃんのももらってきたよ!」って可愛いな弟!
二人で縛りプレイ中に天童と加賀美(デート中)が遭遇してビックリして帰る、と書くとほら薄い本の出来上がり!とか思ったけどそんなこともなかったぜ。
だけどそのあとの戒めを解いた地獄兄弟がカッコよかった。
もっと活躍の場があっても良かったよね…
結局、影山の生死不明と公式発表?みたいなんだけど死んでそう。
白夜を見に行くってことは相当緯度の高い場所に行くつもりだったんだろう。
あの露出では遅かれ早かれ凍死しないかどうかのほうが心配。

・全体的に
「矛盾」って言葉を存在させてはいけない。
設定を考えてはいけない。こまけぇこたぁいいんだよ!って作品。
とりあえず、最終戦でクロックアップを使え、ということは言いたい。

ラストの雰囲気だけは好きだった。丸めこまれてしまうw
作品としていいかどうか、それはまた別のお話。

スーツはカッコいいんだけどねぇ…