響鬼・完走!

※諸事情で40話~の感想はのちほど


○響鬼最終話
結論:明日夢はいらない子

明日夢…なんか結局最初から最後までいらない子だったな…
いや、まァ細かく見たら存在理由はあったのかも、とは思うのですが、最後の桐矢の巻き返しがすごすぎて明日夢いらねえよ、ってばっかり思ってしまいました。
桐矢…成長したな…!!おねーさんはうれしかったよ…!
あと、正直トドロキさんが一番主人公らしい成長をしたと思う。

結局、明日夢は自分で自分の道を選んだってことでしたが、なんか釈然としないままでしたね。
「もっとたくさんの人を救いたい」とかってセリフは鬼ディスってんのかテメェとか思ってしまうからやめてほしかった…正直あのセリフがなかったらもっとましだったのに。
あと『思い出かな』とかマジでふざけないでほしい。あれだけひっかきまわしといて。
まあもともと『鬼になりたい』って動機付けが弱過ぎたんですよね。明日夢は。
桐矢に焚きつけられてやっと鬼になるとか言っちゃう流されやすいタイプですから。
桐矢の激怒は私も納得がいった。
あれだけムリ言って弟子になって自分の都合で辞めるとかふざけんなゆとり、としか思えん。
結局、明日夢は最初から最後まで自分がなかった…というよりは「キャラを作り込んでもらえなかった」唯一のキャラクターでした。
主要人物でありながら主体性と魅力がなく、視聴者の期待する立ち回りを一切行わせてもらえなかった、響鬼の中で最も不幸だったキャラクターだったと言えるでしょう。
もはや「明日夢がいなければ」とすら思えてくるわ…なんて不幸。
だから絶対、高寺Pがパイロット見て方針転換しなかったらまだマシだったって。
まず「響鬼の弟子になる」って骨子が抜けた時点で明日夢はいらん子やったんや!なんでそんなことしたのか分かんない。理解に苦しむな…

でもヒビキさんは終始カッコよかった。
「鍛えてます!シュッ」真似したい。
本当にカッコいい。それだけが救い。

あと、桐矢は頭もいいし最短で鬼になったとかチートすぎる。アイツ最強じゃね?
まあいつもの井上キャラか!


しょうがないからディケイドの響鬼回でも見て慰められます。
あれは(米村だけど)マジでいい回。
ちゃんと明日夢とヒビキが師弟してるし。
ファイナルアタックライドの響鬼バージョンのセッションは本当に私が見たかった響鬼の姿だわ…
あれを期待してたんだよ私は!!いろんな意味でな!!!
あんなふうに本編でもセッションできる仕様で玩具出しとけよ…
そうすれば大型の魔化魍にはセッション対応で激アツだったのに…
音楽なんだから、最低限メロディは奏でられないとだめだろ、って企画会議で出なかったのが不思議でならない。


正直、一番感想がアツくなったのが響鬼かもしれない。
でも何度言っても、いくら言っても、言い足りないくらいもったいないし悔しいし、もっとこうなるべきだったんじゃないかっていうモヤモヤが消えない。
エピソード毎はいいのもあるんだけど…

もっと冷静になれよ、ってなれたらなっとるわ!!ってセルフツッコミしつつ、私が見たかった響鬼を思い出してみます。
多少まともな感想はまた後ほど。