仮面ライダー555 34~35話感想

第34話「真実の姿」
第35話「復活の謎」


『巧、決意の変化…!真理を救うために!!』
と、漫画だったらアオリが入りそうな回。
巧の正体の受け止め方の違い…テレビ版の啓太郎と正伝の真理がちょっと似ている。
しかしたっくんの決意がつらすぎてヤバい。草加さんの気持ちもつらい。
そして三原、やっと大地に立つ。


・完全なるあるヒロインの死
キレイな顔してるだろ…死んでるんだぜ、これ…
こんなのニチアサでやっちゃったファイズはすごい。今となっては寛容だったなあとしか。
しかし草加が「生き返らせてみせる」っていうファイズワールドも無法地帯だわー。
死んだ人間が生き返るって恐ろしいよ!
でも、その気持ちはわかる。

・自暴自棄になる巧、そしてラキクロへと…
木場に対して生身で立ち向かっていく巧。
巧は自分が傷つくことで、自分の気持ちの行き場を探してたんだろうな…
せめて真理の10分の1の痛みでも受けなければ気が済まなかったんだと思う。木場に殴られ草加に殴られ…見ていて痛々しかった。
草加の「生き返えらせることができるかもしれない」という言葉に一縷の望みをかけて、社長に会って下した決断。
今までのすべてを捨ててでも真理の命を取り戻そうとした巧。
その気持ちを考えると、あまりの辛さと優しさに胸が痛くなります。
なんていい奴なんだ…巧…

・草加の決意
真理のために3本のベルトを渡そうとして、結局辞めた草加。
彼の中でも激しい葛藤があったんだろうな…
ベルトを叩きつけ叫ぶ姿からは、巧と同じ痛みを感じる。
真理を救いたい、でもベルトを手放してオルフェノクに対抗する手段が無くなっては意味がない…
選べない二択の中、彼は戦い続けることを選んだ。
彼が行おうとしているのは純粋な正義ではないかもしれないけれど、それでも彼の中の正当性は“正義”と冠するにふさわしいものなんだと思う。
やはり草加さんは素晴らしい。

・木場、真実を知る
やっと木場さんがホントのことを!!
啓太郎良くやったw←本人は何もやってない
木場さんは悩んでるみたいだけど、人間を見て判断してほしいところだな…
早速草加にキレてて笑ったけどw

・ウルフェノク
ウルフオルフェノクなのになぜかウルフェノク表記が馴染んでるオオカミ。
当時「乾」はここから来てるのかよ!単純すぎるだろ!!と思った私。
でも衝撃だった…作中の人物と同じぐらい視聴者も驚いたよ。しかも強すぎワロタw
どう見てもファイズギアが拘束具になってるレベルwww
でも徒手空拳だからな…ファイズのほうが武力は上なのかも。
背中のけをもふもふしたくてたまらない。オオカミカッコいいよオオカミ。

・安心の水落
澤田www
残念だったな死なねえよwwwという井上のほくそ笑いが思い浮かぶw
水落ちするのオルフェノクばっかりwwwまあだってうつぶせに浮いてたら普通死ぬしwwwww
なお、澤田をずっと沢田だと勘違いしてました。スミマセン。
何か難しくない方、と思い込んでいたら違っていた…確認しろよ自分…

・前払い
社長太っ腹すぎるwww流石の海老ねーさんもお怒りwwwww
だってどう考えたって持ち駒にはならない巧みにこんな恩を売るとは…と思いましたが、その後の琢磨君の言葉攻め(また死んでもらいますよ!)で、「ああこういう使い方をするのか」となんか納得してしまった。
ヤダ社長カッコいい!!

・復活した真理
いや、誤診どころの話じゃねえwwwwwww
わかってはいるのに『普通』を演じる菊池クリーニング店の面々…
その心のうちには様々な思いが去来しているんだろう。
巧の真実を忘れて、日常を取り戻そうとする啓太郎。
巧の真実を知り、敵か味方か決めあぐねている草加。
自分の身に起こったいまわしい出来事を忘れようと明るくふるまう真理。
おのれの立場を理解し、仲間から拒絶されることをも是とする捨て身の巧。
なんてもろい偽りの平和だというのか…
こういうドラマチックな設定、最近のライダーじゃあんま見なくなったなぁ。
分かりにくさがあるからこその面白さ。いいよね、こういうの。ハラハラできて。

・スーパー琢磨君タイム
こいつwwwマジで自重しろwww
琢磨君はやられる姿が一番似合ってる。
初期のころに復活した琢磨君なんて琢磨君じゃないやい!

・忘れかけてたけど
孤児院のガキンチョの理不尽な怒り。
でもこういう怒りってなんかすげえリアル…
まさにこの作品の理不尽をワンシーンで体現してる。マジで。

・真理の拒絶…
同窓会の記憶→ウルフェノク→いやぁぁぁぁぁ!逃亡
酷い…酷過ぎるー!!
真理からしてみれば多分恐怖の記憶に素直に従っただけなんだろうけど、視聴者からすれば酷いの一言。
むごすぎるだろ…巧がどんな気持ちでオルフェノクに変身してると思ってんだと。
こういうエグい話は心にくるな…巧に感情移入してるからなおさら痛い…
草加さんもなんとかいってやってくださいよォ!!


毎回クライマックス!なファイズ。
何だこんなのがニチアサで流れでよかったのか、とおそらく龍騎の時も私は言うだろうけどでもやっぱ凄い。
下手な民放のドラマより観れるから困るw

作風がマイルドになった平成後期に不満のある人がいるのもわかる気がする。
確かにこのインパクトは現行作にはなかなかないな…。現行作には現行作の良さがあるけど。
やっぱり、孤独で悲劇を背負ったライダーが、年を経るごとに仲間が増え、仲間たちによってハッピーエンドに導かれているところをみると、仮面ライダーという作品そのものが成長していってるんだろうな…と思う。
その姿が世の中から求められているんだろうから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク