第41話「捕獲開始」
第42話「折れた翼」

久々に鶴。つーか鶴と蛇の関係性が朝やっちゃいけない系なんだけど…
まるでDV夫と内縁の依存症妻を見ているようだ…
海堂はいい奴(でも保身に走る)なんだけど、関係がそんなふうに見えてヤバいw


・【速報】たっくん立ち直る
たっくん立ち直ったー!!
今度はさすがに草加さんの嫌味にも揺るがないたっくん。
草加さんの揺るがなさがスゴイwww
木場さんへの電話で「俺がタダで洗ってやるよ」っていう比喩で立ち直ったことを表現するのが良かったです。木場の答えも「お願いするよ」っていう。
なんというか二人とも「らしい」台詞で、ほっとしました。

・最終話も近いのでボーナス回です。
遊園地でみんな楽しそうだなあ。富士急だよね?たぶん…←自信がない
作中では一応来てる、っていう体裁の草加さんですが、オフではみんなで楽しんでいたのだろうと思うと心が安らぐ。
たっくんが高いヤツに乗ってなかった気がするけど、高所恐怖症…という設定はきっとない。
しかし草加が帽子…だと…?!
なんか似合わない気がするー!でも村上さんモデルだし、被れば似合うのかも。
放送当時は草加のイメージが強すぎて素直に見れなかったけど、今見るとイケメンだな…(今更

・刑事二人
ちょこちょこ登場しつつ、最後になってやっと核心にたどり着くという地味においしい役柄。
でも実際はほとんど役に立っていないことを視聴者は気付いているはず…
国家権力VSオルフェノクっていう構図は実にエグ味の強い内容だと思う。
オルフェノクが人間だと罪悪感が増すから、どうせなら怪物のまま処理しようっていう考え方はある意味正しい。「人間側」に立っていうならば。
歴史上排斥を受けてきた数々のものは、あとづけされた観念によって絶望的な状況に陥ってきたんだろう…ってそういえばカブトでも似たような話が後半にあったな…
やってることは「驚異の排斥」で人間の本能として正しいと思うのですが、やっぱりオルフェノク側の事情も知っちゃうとすげえ悪く見えるよね。
でもきっと実際に起こったら大多数の人が南の行動に賛成する気がする。
そういうもんじゃないのかな…マジョリティってやつは。

・海老×鶴
百合キター!ハァハァ…とか言ってる場合じゃない件。
海老さんも遊園地に出張っすかwwwとちょっと笑ってしまった。
いや、場面は緊迫してて全然笑えなかったけども。

・鶴受難…
神(敏鬼)は罪に平等に罰を与える…そういう意味では公平だと思う。
今まで殺してきた人間の数が今の状況を生み出したとしたなら、何と過酷な状況なことか…
しかしあれって警官は死んでるんだろうか。明言されなかったけど多分殺ってるんだろうな…
拷問シーンは今のニチアサキッズタイムでは放送できないと思う。
CSはOK。CSは寛容であり続けてほしいものだ。

・保身に走る蛇、取引する馬と狼
海堂酷過ぎるwww
なんで海東はここまで結花に厳しいんだろうなー。基本的に暗くて自分べったりな女の人が好きじゃないからだと思うけど、それにしたって同族なんだからもうちょっとこう…
しかしこれが井上ワールドの平常運行なのだから仕方ない。
こんな状況下でも木場と巧はいつもの木場と巧。なんていい奴なんだお前たちは…!
ちなみに、警察に行ってもお縄に掛けられないであろう巧と、過去の罪状でお縄を食らうのが木場。
この二人の立ち位置には大きな隔たりがある。忘れかけるけど。
そういうところで、小さな歪みがあることにまだ二人は気付いてないのだろう。
気付いたときが、二人が対峙するときなんだろうけど…

・三原の処理
テキトー!!!ガーン
ここ最近で一番適当なポジション処理でワロタw<施設で働こうと思う→いいんじゃないか
しかしウィザードだと瞬平がこんなポジションに収まりそうで怖い。悪くすれば三原より悪いポジションになりそう…初期レギュラーなのに。
本来なら啓太郎ポジなんだけどなあ。
三原はこんな扱いもあって、なんかぼんやりした印象しかないのかもしれない…
でも、当時は結構好きでしたけどね。「頑張れよ!」って応援してました。ゴーグリーンだったし。

・クラブオルフェノク
蓮…変わり果てた姿に…!
カッコいいポジションすぎるwww美味しいなあゲスト。
しかしこういう人間に友好的と思われるオルフェノクを連れ込んで実験してるっていうのが、実に人間のゲスさを表現してると思う。
敵に立ち向かうためには多少の犠牲は必要だっていう主張だろうけど、倫理的にな…
でも当事者じゃなかったらきっとそんなこと思わない。多分そう。

・久しぶりのメール
久しぶり杉wwwメル友ってこんなのでいいのかよwww
しかしまあ、このメールが後ほど結構効いてくるんだよな。
目の前の惨状をそのまま伝えるわけじゃないからこその美しさを演出できるツールだと思う。ちゃんとファイズの変身ツールの携帯ともリンクしてるし。作品にマッチした設定だよね。
正伝だと結花と啓太郎は結ばれたわけですが、本編を見直すとあっちに行ったりこっちにいったりと恋多き啓太郎を見るとなんかどうだろうと思ってしまう…いいけど複雑な気分。
正伝でもメル友長田さんと会ってる結花が同一人物とは気付いてなかったしな。そういうもんなのかも知れんが。

・またややこしくなるライダー3人と怒る馬
あーもうまたこじれるー!!
なんか定期的にこじれるなw草加さんの不満爆発www
たっくんに説明する機会も与えてやってくれwww
でも、多分草加さんは説明されたところで「やっぱり貴様はオルフェノク側なんだな」って殴りかかってきそう。三原はおろおろしてそう。
木場さんは定期的に人間不信に陥るからな…また一段階ダークサイドに落ちてしまったか…
木場さんは平常時は表面的に安定してるくせに、一度ダークサイドに落ちると豹変するから手に負えない。メンタルが不安定だから観ててハラハラする。
たっくんはどう考えても非常時の木場さんの狂いっぷりを見逃してるだろwww
そういう意味では、海東と草加と巧のメンタルは非常に安定感があるな。


絶望の最終回へと「人切り」の舵が切られた今回。
「えっこれってガンダム?」と思うぐらいのレギュラーキャストの死亡率に、君は刻を見るか!
本当にどんどん死んでいくからな…平成二期では考えられない。
まあ平成二期のライダーたちは異常に体が頑丈だからNE☆<代表:アクセル・メテオ・バース
いや、正直平成二期でも死んでかまわんと思うのですが、映画の都合上死んだら困るんだろうな…死んだら出てこれないし。
死亡率の低さは、ある意味映画がパラレルでなくなった弊害なのかもしれません。
でも死ねばいいってもんでもないし、難しいところ。

とりあえず次回、さあ向かえ!絶望と希望の最終回へ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク