相変わらずメガレンジャーは泣かしにかかってくるから困るw
ここから怒涛の新アイテム販促開始!
バトルライザー、デルタメガの登場に、きちんと意味づけさせるのが上手だなと思う。
そして久保田博士の意外な特技に驚いたw

<続く>
・第19話「打ちこめ!不屈の必殺パンチ」
ジャビウス1世からの使者、ギレール登場!
笑い方自重www
にしても中盤本拠地から送られてくる追加的幹部はたいていロクでもない奴が多いなw
今回の作戦の大っぴらさは尋常じゃなかった。あれ何人死んでるんだろう…ガクブル

敵の姦計とはいえ、自らの手で友人であるタケシを傷つけてしまったことで落ち込む健太が可哀想だった。
敵も味方も使う力はいわば暴力。
使い方を間違えば、大事な人を傷つけてしまうのだ…ということを教えてくれる一話だったと思う。

健太っていい加減に見えてめちゃくちゃ責任を感じるタイプだよな。
以前メガブラックが自分のせいで傷ついた時にもその様子は見て取れていたのだが…
そんな様子の健太に同情を寄せる瞬たち。でも、「今の健太に必要なのは同情だけじゃない」と健太を奮い立たせようとする耕一郎は、まさに以前健太と友情を確認した時に健太の性質を理解していたからこその行動なんだろう。
慰めて逃げることを許すだけじゃなく、時には尻を叩いて本当にしなければならないことに直面させる。
そんな友人を持った健太は、正直幸せ者だと思う。
特訓が動体視力の強化…というのを見て、どうしても「3!」が思いついてしまってちょっと笑ってしまったw
ダディーヤナザーン!ナズェミティルンディス!

でも、今回は耕一郎じゃ素直になれない健太に、久保田博士が助言してやるという展開が良かったな!
同じような境遇のボクサーを例にして、「第二、第三の猛士君を生み出さないために、お前にはやることがある」と諭す久保田博士はカッコいい。
でもどう見てもボクシングをやっていたようには見えなかったけどw

気持ちに整理はつかないものの、久保田博士の助言で戦いの場に赴いた健太。
子供を盾にされ力の出せない健太を追い詰めるギレールの様子に、ギレールの卑怯さがすごく出ていてよかったと思う。
もう登場した時点でギレールのキャラ立ち半端ねぇw
でも、元気になった健太の応援でバトルライザーの力を引き出し、ギレール、サソリネジレを撃退する姿はオーソドックスながら感動を覚える。
健太の気合いの表れか、ギャラクシーメガの動きが尋常じゃなくてワロタw
もうあれロボの動きじゃねえよwww

ラストの、メガレッドが健太に謝るシーンで涙腺決壊したw
無垢で純粋な応援で、メガレンジャーはもっともっと強くなれる。
正義のヒーローって、そういうもんだろ?っていうメッセージが伝わってくるようで、すごく良かったなぁ。


・第20話「たのむぜ!新ロボ デルタメガ」
省吾君が高校卒業したてに見えないんですが、それはw
ぶっちゃけ猿顔の一般市民ネタはどっちもどっちだよなーと思ってしまい、面白かったですw

ワニネジレに対するシボレナのセリフで、一応生み出したネジレ獣を「戦力」だけでなく大事に思っている風な感じが読み取れる。
しかしギレール…女を口説く前に、きっと歯医者にホワイトニングをしてもらいに行った方がいいと思うんだよなw

新ロボ、デルタメガの登場…だけど、そこに親子の情が絡んでくるところが上手いな。
ボディは出来ても頭脳がないと動けないロボット、その頭脳は子を思う父の力で完成されている…ってところが。
しかし省吾の能力は尋常じゃなく高いんだなwあの年でチーフって凄い。

デルタメガのプログラムを渡さないのは父が子を思うが故、というのは何とも切ない。
たしかにギャラクシーメガはいわば最前線に立たされてるわけで、これまで何度も危険にさらされてきた。
そんな場所にわが子を置いておきたくないという父親の気持ちはよくわかる。
一方で親に自分の人生を決められたくないという省吾の気持ちもよくわかる。
そんな二人の気持ちを一つにしたという意味で、健太の働きは評価されるべきだな。
何物をも恐れない健太たちの姿は、川崎博士の恐れる心をほだしたに違いない。

自爆パネルの隣に起動パネルwwwなぜそこに自爆機能を付けたwww
無茶苦茶やないか!とツッコみつつも面白かったw
健太がハズレを引くタイプじゃなくてよかったわw

ワニネジレが二つに分裂したシーンは何となく夏響鬼w
これはやっぱり1対2だと卑怯だから2対2にするために分裂させたのかな?
しかしメガレンジャーのロボ操演はカッコいい。宇宙から見る地球の青さと、メガボイジャー、デルタメガ等のロボの輝きが実に絶妙だ。
デルタメガをみて、ついついジャイアントロボとか鉄人28号を思い出してしまったw
音声認識で動けるロボってすげぇ!

省吾の「ロボの正面に傷がついているのは敵を恐れずに真っ向から向かって言っているから」というシーンは、メカニックとパイロットの絆を感じる一言。
直接戦いには影響していないように見えても、やっぱりメカニックがいないとパイロットも戦えないわけで…
そういう部分でお互いに理解しあえてるっていいよなって思います。
ゴーバスでもメカニックの話があったけど、こういうのいいよね。


ラストの久保田博士のトランペット、イケてたなぁ。
なんであそこでトランペット?!と思ったけどw
販促回とはいえ、感動をぶっこんでくるメガレンジャーって、いいですねぇ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク