戦いのために、青春を、自分の命を犠牲になんてしない。
だけど、必ず勝利して人々を救ってみせる。

最前線に立ち、傷つきながらもその信念を貫くメガレンジャー…
カッコ良すぎて、チクショウ、目から汗が溢れてきがやるぜ!

<続く>
・第47話「とびこめ!恐怖のヒネラーシティ」
ヒネラーシティにとらわれた人々のことを思い、焦る健太たち。
ヒーローものだし、当然といえばそうなのかもしれないけど、一介の高校生が見ず知らずの人のためにここまで体を張れるってやっぱり凄いなと思ってしまう。
一方で学生ならではの「受験」という大一番を前に、耕一郎と千里を思いやるみんなの心が温かいなぁ。
久保田博士が言ってたけど、耕一郎たちはあまりにも青春を犠牲にしすぎてるんだよな。
振り返ればきっと青春なんだろうけど、でも普通の学生とは違う。
だからこそ、戦いが終わったときのために大学受験を優先にすべきというのは優しい配慮だと思う。
いい大人たちに囲まれてるねえ、メガレンジャーは。

まさかのネジレンジャー怨念化!こえー!!
ネジレンジャーは幽霊というより思念体という感じだが、みくだけが存在を感じるあたりが幽霊っぽかったな。
このヒキが今回じゃなく、次回に続くとは…
耕一郎と千里、二人の受験前日。名古屋のおばあちゃんネタが芸が細かい。
こういう小ネタは話の深みにもなっていいねえ。

テンソウネジラーによってヒネラーシティに飛ばされてしまった3人。
必死の抵抗も多勢に無勢なのが悲しい…見ていた人は「なんて無謀な高校生だ!」と思っていたのかもしれんw
レーダーにも引っかからないシールドがあるから変身できないという流れは説得力があってよかった。
そのあとにメガブラックたちが変身しているから転送されないというのも詰めの甘さが無くていい感じ!
にしても最初の招集が無駄足に終わった時の徒労感、半端じゃ無かったろうな…
憧れのキャンパスのために積み重ねてきた3年間。
それが無駄になる瞬間。
二人の背中があまりにも切ない…でも、それを振り切ってでも行くべき場所に向かう二人の姿には涙が止まらないな…

変身できないことが分かっていても、仲間を助けるためにヒネラーシティーに乗り込む耕一郎と千里。
ここでの久保田博士と二人の会話から見送りの流れには涙せずにはいられない。
どんなに絶望的な状況でも、決してあきらめずに立ち向かう高校生たち。
そしてそれを応援する大人たち。
総てはただ「勝つために」!
それに応えようとする、健太達の姿も立派だよね。
「助けに来た」→「バカ野郎!」の流れ、二人の受験の成功を願っているからこそ出てくる言葉でよかった。
ホント、メガレンジャーの5人は仲間を大事にしてるってのが伝わってくるな。

プラスチック爆弾を操る高校生wちょっと恐ろしすぎんよー!
潜入時のハラハラ感とかスピード感はBGMと相まっていい感じだった。
もはやこれまで!というところで健太たちが助けに入る安心感w
ベタだけどいいねえ。
でも「浪人決定コンビ」は酷いぞ健太w
テンソウネジラーはなかなかの強さだったけど、バトルライザー二本立ては流石に耐えきれなかったか…
ヒネラータワー優先という意味では、いい仕事してたよな。

午後の入試がまさかの振替!!耕一郎の華麗な健太スルーワロタw
誰も傷つかない良いオチだなぁ。
これまでのメガレンジャー、視聴者の心情もフォローする、いい落としどころでした。

そういえば数話前にヒネラーシティでメガボイジャーがドンパチしてた気がするけど気のせいだったのか?!
もう記憶が曖昧だけど、アレは設定ミスだったのだろうか…それか私の見落としかな。

・第48話「つぶすぜ! ヒネラーの黒い野望」
大岩先生が生徒を思いやるシーンを入れることで、ネジレジアの被害を受けているのはメガレンジャーたちだけじゃないということを見せるのは上手いと思う。
大岩先生、いいキャラだなぁ…あんな先生が理想だ。

ヒネラーシティの真の狙いは、全人類の人工的管理。
データ化した人間を画一化して、その頂点にヒネラーが立つという、かなりアブナイけどやけにリアリティある恐ろしい計画だ。
「みんな違ってみんないい」ならぬ「みな同じだからこそよい」という発想は、人間の尊厳を踏みにじっててわかりやすく「悪」でいいね!
しかし海底ならタンクで行くの無理じゃね?!と思ったら海底トンネルだった件w
まあその辺は許そうw

メガピンクがスキャンされているとき、先にスキャナー壊したら?と思ったけど、壊したらもう二度とカードにされた人々は戻らないのか…
先走って機械を壊さなかったのは正解だったんだな。
どうにもできない感じのメガレッドがちょっと手持無沙汰だったw
4人であの部屋にいた時にはさすがに逃げろよとは思ったがw
仲間想いが裏目に出ちゃったんだな…

ネジレンジャーがスキャナを操作して実体化する…というのは、もともとジャビウスというデータの塊(?)から生まれた存在だからというのもあるんだろうか?
しかし、メガレンジャーに固執するよう作り上げた捨て駒が、逆にチャンスをピンチにしてしまうという皮肉。
生きているときに、ネジレンジャーの自己を潰したことがこれにつながってくるわけで、因果応報ともいえるのかもしれん。
しかし、ユガンデさんは本当にボコられるだけのお仕事でかわいそうだ…
ネジレンジャーの次は裕作さんって…ストロング()

裕作さん地味に大活躍wINETの特別開発班チーフの面目躍如だね!!
一体何人ぐらいの人がカードにされていたのだろう?
あの地下(海底?)トンネルで脱出したのかな、みなさん。

というかネジレンジャーが再生怪人なのに強すぎるだろうがw
ここまで手こずる再生怪人ってなかなかいない。結局倒したわけじゃなく、封印だしね。
しかし裕作さんの無茶ぶりっぷりwサポーターとしては優秀だけどw

これにてヒネラーシティ壊滅!!
さらわれた人々を救い、決意を新たにする6人。
やっぱり決意には海辺が良く似合う…
一方でとうとう健太たちの正体が…!!
今まで自分の計画をことごとく潰してきたのがこんな若造だと知って、ヒネラーは何を思っただろう?
あの怒りの形相、ヒネラーが考えうる最強にして最悪の一手を打ってくることは確実。
「高校生だから」という弱みを最大限に利用したヒネラーの作戦、予告だけでキツイなぁ…


とうとうヒネラーシティが壊滅し、さらわれた人たちを救うことができたっていうのは良かった!
ネジレンジャーたちもいいアクセントになってたし。
しかし、予告から漂う不穏な空気が…来週は辛そうだ…


【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。

近々にブログをお引っ越し予定です。
名称・アドレス等変更になりますため、準備ができ次第こちらにてご連絡いたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク