さよならビシュム、さよならバラオム…
印象深い敵でしたが、いなくなるとやっぱり寂しいものです。

<続く>
・第45話 「妖花ビシュムの死」
なぜか今回の予告とあらすじのテンションがおかしいw
なぜ突然に「掴めでっかいビクトリー」なのか…
今までそういうテンションじゃなかったろ!!

三大怪人自ら作戦の指揮を執るだけあって、今回の作戦は恐ろしい。
母親が子供の育児を放棄するっていうのは、子供にとって一番の恐怖だろうしなあ。
うつろな目の女性たちが何とも言えず恐ろしい演出だった。
でもあのカラオケシーンはちょっとワロタw
コメントで「ススムちゃん大ショック」の話題が出てたけど、恐ろしすぎて永井豪の凄さを再認識するな…
デビルマンも、あのストーリーをコミック5巻に詰め込んでるっていう事実に驚いたし。

元同級生に「今はどこの高校に通ってるの?」と言われて言いよどむ杏子ちゃんの姿が、冒頭の明るさと対比されてて何とも言えない。
ゴルゴムの暗い影は、普通の女子高生の平穏を確実に奪ってるんだな…
しかし、杏子も克美も着実にゴルゴムレーダーが備わってきてるな。

ダイナミック☆不法侵入(定番)
変質者呼ばわりされる可能性もぶっちぎって、女子高に潜入するてつをさんッパネェーっス!!
授業に乗り込んだてつをに刺さるJKの視線が痛い…w
女子高生たちに取り囲まれたてつをから「キングストーンを奪い取れ」な展開だったので、ついJKが光太郎の下腹部辺りをまさぐるかと心配しましたが、未然に防がれ安心しました(最低)

作戦をてつをに感づかれたことを批難するバラオムとダロムが酷いw
お前らだって今まで感づかれまくってたくせにwww
三神官の時はちょっと仲間意識ありそうだったのに、やっぱ怪人化すると駄目だなw

ビシュムの覚悟は相当なものだったんだろう…わが身を挺してBLACKを倒そうとする姿は切実だった。
まったく報われないまま死んでしまって、本当に気の毒だ。
結局、ビシュムはシャドームーンの妃になりたかったのだろうか?
それは永遠に謎のままなんだろうなあ。

作戦は良かったけど、あえて言うなら、杏子を人質にとったことが最大の失敗だったか。
シャドームーンがあの時、手心を加えず杏子達を貫いていれば全く話の流れは変わったはず。
でも、それができないところがシャドームーンの絶妙な魅力だ。
激おこの創世王に「私のせいだというのか!」って反論してたシーンは「せやな」としか言いようがなかったけどw
ああいうシーンで微妙に間抜けに見えてしまう、そこもまたシャドームーンの言い表せない魅力の一つだなw


・第46話 「壮絶バラオムの死」
ビシュムの死に怒るバラオム!
特訓シーンとはなんという正義の味方のようなことをw
前回の終わりで罪の擦り付け合いをしていたとは思えないけど、仲間意識は結構あったのかな。
まあビシュムを倒したのはBLACKじゃなくてシャドームーンだけどね(すっとぼけ)

思えばBLACK一話からはや一年…(作中時間)
戦いに次ぐ戦いの中、ほんのひと時の安息のためにはしゃぐてつをの姿が切ない…
しかし、創生王の使いはなぜバッタなのでしょうか。
本体はアレだし、マークのモチーフは蛇とリンゴなのにね。
二人を戦わせるのは、多分、こういう戦いの中で培われる負の感情が、創生王にとっては生きる糧になるからなんだろう。

大人気のクジラ怪人来たあああああ!!まさかの準レギュラーだからw
結構非道なダロムに対して反論しているバラオムが死ぬのは何か釈然としない気がしてましたが、その後のクジラ怪人への非道を見てたら納得。
クジラ怪人は結構強いよね。やる気を出せばそこいらの怪人も幹部に一矢報いることはできるのね。

BLACKを追い詰めて、今だというときにクジラ怪人を犠牲にする非道な判断!!
この判断が、めぐり巡ってゴルゴムの壊滅につながるわけで、やっぱり悪いことはできないなという。
因果応報、情けは人のためならず、とか、そういうことわざは良くできてるなと思います。
しかし、下級怪人の攻撃で動きを封じられ、BLACKの攻撃で命を落とすという流れが何とも無様で、可哀想な気がする。
割とポカをしてネタキャラ感もあったバラオムですが、造形の不気味さや非情さは恐ろしさを十分に感じさせてくれていました。
死に様はあっさりだったけどね。

バラオム死亡で東京がヤバい件。なぜ?!
バラオムもまた、地球から生まれた原始の存在だから、命のともしびが消えたときに大地が震えたのだろうか…
しかしダイナミックな死亡だ。死んだ状況のスケールの割に。

蝙蝠怪人「クジラ怪人はおそらく死にました!」←無能
だから死亡確認は慎重にしろとあれほどwww
ショッカーといい、ゴルゴムといい、なぜ悪の組織は最終確認を怠ってしまうのか。あと推測でものを判断してしまうのか。
まったく理解に苦しむぜ!!

最近創生王も寿命のせいかキレやすい正確に…
シャドームーンのふてぶてしいまでの余裕がなぜか笑いを誘うw
確かに上司の命令したミッションはクリアできてないのに、やけに自信ある態度を崩さない奴っているよな!

海岸でクジラ怪人と別れるシーン、なんだか仮面ライダーとは別の作品を見ているような感じがする…
今までもドンパチ倒してたけど、ゴルゴムの怪人にも心があるというのがちょっとだけ切ない。
下手に相手に心があるとわかってしまうと、ライダーの背負う罪が深くなる気がするのよねえ…
さよならクジラ怪人、また会おう。


思えばシャドームーン復活から三大怪人の退場まで結構早い気がする。
このあたりの怒涛の展開からの対シャドームーン戦はホント展開を詰め込んでるんだね。
もう再来週ぐらいで終わるのか…ついこないだ始まったような気がするのに…


【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。

近々にブログをお引っ越し予定です。
新ブログへの完全移行は6月中旬予定です。