やっぱりアニキはカッコいいな…
思いがけず旗降ってる姿に涙ぐんでしまったよ。
不器用なまでにまっすぐで、要領もあんまりよくないアニキだけど、家族を思う気持ちの強さが輝いてた。いい兄貴だ。

いやあ、家族っていいですねえ。

<続く>

・第31話「凄まじき魔神 ~マージ・ジルマ・ゴル・ジンガジン~」
レジェンドパワー暴走で555のデルタギアみたいになってる5人。
アニキの「マイナスイオンでまくりの爽やかボーイ」ワロタwマイナスイオンwww
全体的に生活に支障が出そうだけど(この時点ではアニキ除く)、一番嫌なのは麗ちゃんの手汗かな。手に汗握りすぎってそんなレベルじゃねえw
そのあとのパーティーでの兄貴の緊縛ワロタw
流石に影響が強くなるとどれもかしこもはた迷惑な能力だったわw

黒ヤギさんと白ヤギさんの魔法通信は白ヤギの機嫌を損ねるとアウトって、ヤギ仕事しろや(憤怒)
マジトピアの郵便業界は大変そうだなぁ。

ブルラテスが予想以上にあっさり死んで衝撃的だった。
おじーちゃん、やはりハッスルしたのが駄目だったのか…元気な青野さんは良かったけど。
結果、メーミィの思惑通りに魂をゴーレムの鍵として使われてしまうけど、メーミィ的にはどっちに転んでもおいしい状態よね(ブルラテスがマジレンジャーを倒すorに倒される)
何度も失敗した四天王を最大限利用してから殺すあたり、やはりメーミィはロクでもなく最低の策士だなぁ(べた褒め)

久々のルナジェル、いまだにリンって呼ばれてんのねw
大事なことはやっぱ書留とかで送るべきだよね。どうせならもっと早く来てくれリンw
レジェンドマジレンジャーになる=天空聖者になってしまうというものすごいハメ技。ちょw人間やめちゃうのかよwww
確かに魔法自体人間やめてる感あるし、妥当な着地点なのかもしれないが、この場合の「天空聖者になる」って、要は魔法に飲み込まれてしまうってことだよね。
人間の体では受け入れられない魔法力を、天空聖者になることによって受け入れるわけだから。
一度死んで生まれ変わると思ったほうがいいのだろうか。だから記憶とか家族のきずなもなくなるのだろう(と勝手な解釈)
スノウジェルがあっさりOKしたのはこの辺の「どうせ将来天空聖者になるんだからいっか!」みたいな部分もあったのかな。

力を使えば失われてしまう家族のきずなにショックを受けるも、街を救うために悲しい選択をする勇気、立派だった!
マジキングでは歯が立たず、壊されていく街を見ることしかできない5人の中で、蒔人が「レジェンドになる」って決断をする展開が良かったな。
魁が家族のきずなは失われないと宣言し、それに対して回答するのが長子っていう、ちゃんと兄弟の年功序列が活かされてる展開なのがいいと思う。
メンバーに年齢差設定があるなら、それをちゃんと活かす展開にしてこそだと思うんだよね。年長者をないがしろにするのはNGですよ。

マジフェニックスとマジライオンキター!!
あれーこの合体方法玩具CMで見たことある!と衝撃を受けてしまった。
自動で合体だったんだっけ?見たなあ昔。
炎を背負って立つ姿がカッコE☆
しかしマジライオンへの変形は元の4人がどうなってるかわかんないなw
ダイヤルロッドの3~5番はマジレジェンド用の番号だったんですね!
そう考えると、起源のマジレンジャーの魔法って数が少なかったんだな。でも一つ一つ外力が強いんだろう。
マージフォンは数字の組み合わせもできるし、魔法は多彩だけど、レジェンドより配力は低いってことね。上手いことできてるわ。

先生の魔法テラチートwそれでいいのかよ!!とついついツッコんでしまったw
さっきまでの悲壮感を返せwww
まあでも、制限なく魔力を使えないようにすることが解決策であるならば、タイムリミットを設けるというのが一番展開的にもいい方法よね。
己を顧みず人のために戦おうとしたマジレンジャーたちの勇気は、確かにこの魔法が産まれてしかるべき勇気だった。
ということで、ご都合ではあるが許すとしようw

・第32話「父の言葉 ~マージ・ジルマ・ゴル・ゴジカ~」
ウルザードにとうとう魔法力が戻った!!ウーザフォン、お気の毒に…
やっぱりドーザ・ウル・ザザードの万能感半端ないwマジつええwww
今週の父の面影に、勘のいい視聴者は父親の正体が分かったに違いない。
ちなみに私は勘が悪いので、リアルタイム視聴だとわからない可能性大である(予想はしてるだろうけど)
ラストの青空といい、秘められていた記憶が戻りそうな描写があるけど、マジファザーになって、マジマザーとともに「家族戦隊マジレンジャー!」をする予定なんですかね?

タイトルコール収穫www
収穫だァァッ!と書くとなんだか五星戦隊感☆
予想以上に収穫できてたので、小津家の収入が秋口は安定するんだろうということが予想できるなw
でもこの収穫と今回のストーリーにはあんまり関連性がなかったのがちょっと残念。もっと収穫が見たい←

エースの自分を交代させた監督に立腹し、サッカーなんてやめてやるという魁に「強くなれ」と父の言葉を贈る蒔人。
過去の自分と重なった魁に、父の言葉を贈る蒔人は立派な父親代わりだなぁ。伊達に一番長生きしてない。
でもその言葉を字面だけで受け取って危険を冒してしまった魁は、弟らしい自由奔放さと無鉄砲さを併せ持ってるよね。
アニキは弟、妹、誰と組んでも「兄貴」でしかいられないわけで、そのへんは凄く損してるなぁと思う半面、だからいいんだろうなって思います。
アニキ絡みのストーリーが安定してるのも、多分蒔人の立ち位置がしっかりしてるからじゃないかな。
先生とルナジェルは前回今回とサポートに回っていたせいであまり存在感はなかったけど、「家族」というキーワードを引き立たせるいい仕事をしてましたね。

魁をかばって殺人カビに侵される蒔人。かなりグロい。
マジレンジャーは「あと○時間」が結構多い気がする。
にしても殺人カビ恐ろしいいいい!!!だけど母体(?)を倒すと全部死ぬっていうのはなんか納得いかないw
カビって単体で生きてると思うんだけど…まあその辺はお約束だからいっか。

アニキのために必死に戦うも、ウルザードの強さになすすべもない4人。
レジェンドマジレンジャーですら歯が立たないって、ウルザードどんだけ強いんだよw
まあ存在自体がレジェンドだからかな?←ネタバレ
4人でも合体技ができるっていうのが意外だった。

蒔人はカビに侵されて何もできない→まさかの旗で応援という流れが衝撃だった。
ええっ?!そうなの?!みたいなw
でも親父と蒔人のエピソードを見て、必死に弟と妹を応援する姿に感動してしまった。
本当に必要なのは心の強さ…その心の強さが勇気を産み出す。
アニキは父親の言葉を胸にずっと成長してきたんだろうな…
兄の必死の応援で再び立ち上がる兄弟の姿は感動的だった。
これぞ兄弟のきずな!って感じだったね!

久しぶりにウルザード巨大化w
個人的に、巨大化するときの片手を伸ばして足を曲げてるポーズが可愛くて好きだ。
メーミィによって撃ち込まれたハイモールドを除去するウルザード。
もはやこの行為には武士道云々ではない裏切りがあると思うのだがw
でもそういう固い雰囲気がウルザードの魅力なのよね。
去り際の「五色の魔法使いよ、強くなれ」はもう完全なるフラグw
これでそうじゃなかったら視聴者が暴動を起こるレベルじゃないですかー!
メーミィはメーミィでウルザードの異変に気付いたみたいだし…こりゃひと波乱あるな。

オチのアニキクソワロタwバイオハザードwww
いい話だったのに、こんなところでもオチ要員に使われるアニキw顔芸がwww
スタッフが現場で面白がっているのが目に見えるようだよ!!w


来週、とうとう敵の本拠地へ!
ブレイジェルが想像してなかった造形なんですけどー!
ヒカル先生だってあの姿が本体なわけだし、妥当といえば妥当なんだけど、なんか衝撃だ…

【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク