モークにブクラテス、ビズネラと、ストーリーを彩った名わき役たちがどんどんいなくなっていく終盤は盛り上げるけど物悲しい。
司令官ポジションだったモークの熱い想いは、前線に立たなかったとしても確実にギンガマンと同じ思いだったと思う。

また、この感想を書く前にモークを演じられていた納谷六郎さんの訃報を聞き驚きました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

<続く>
・第47話「悪魔の策略」
今思えば、次のストーリーのために獣撃棒を強化したのだろうか…
とはいえ、当時販促にもならない獣撃棒強化というストーリーをGOした高寺Pは凄いのかもしれない。別の方法でもよかったと思うし。
当時は「今から新武器?!」とお父さんお母さんはハラハラしたかもしれないがw

ブクラテスの「勘違いするな」がツンデレすぎるwなんてテンプレ通りな…!
ヒュウガもヒュウガで、ブクラテスの目的をわかっているけど、時折見せる優しさのようなものに共感を覚えている面もある。
実際問題駒として扱ってるだけなんだけど、目的が同じ者同士の奇妙な連帯感が存在してるのが絶妙だよね。
このコンビ、毎回ちょっとずつしか出てこないのにいい味出してる。
これはこれで悪くないと思わせる関係なのが憎いねェ。

モークの提案で獣撃棒を強化することになったけど、モークが弱りすぎててヤバいw
よくよく考えれば獣撃棒を産み出す時も死にそうになってたし、これさえなければ地球の汚れを吸い取っても大丈夫だったんじゃないかなーと思ってみたりもする。
ヒカルの一言でこうなったってヒカルは後悔してたけど、モーク的にはリョウマ達の厳しい戦いを少しでも助けたいという思いからやったことだし、誰も責める相手はいないんだよなあ…

とうとう船長から「お前が行け」と指示されてしまうビズネラ。
「どうしたビズネラ…怖いのか?」って煽るシェリンダが厭味ったらしくていいね。
ビズネラの最初の行動はあまりにもお粗末で、机上と現場は違うのかなーと思ってたらそんなことはなかった。
ギンガマンの素直さを逆手にとって、二手も三手も上を行くのはさすが三千年以上生きてる(ハズ)闇商人だな。
爆薬でギンガマンを一掃しようとするところは巧妙だし、実際成功してるから凄い(ギンガマンが丈夫すぎて失敗はしたけど)
一つ問題があるとしたら、生来の加虐趣味のせいか、とらえたヒカルにすぐに止めを刺さなかったところだな。
たった一人になったとはいえ、ギンガマンをなめてかかってた。それがビズネラの敗因なんだろうなぁ。

ビズネラにとらえられたヒカル、アクション滅茶苦茶頑張ってる!
吹き替えはもちろんだけど、役者本人も結構体当たりでアクションに挑んでた。
最終回前だからな…がんばってるなあ。
しかし引きずられる距離長過ぎワロタw
蜂須賀さんの吹き替えなんだろうけど、尋常じゃない引きずられっぷりだ…大変だったろうな。

ヒカルがビズネラの本当の作戦を知って、5人のために必死に走るシーンはヒカルの成長を思わせたな。
最初のころは戦士の自覚が足りなくてアースを乱用したり、練習をサボったりしていたヒカルが、責任感と自責の念を感じながらも立ち止まらずに走り続けてた。
一人になっても諦めず、絶望的な状況下でもギンガマンであることを忘れない心は、「ギンガマン」が描き続けた戦士の姿の集大成だったと思う。
戦士として、立派な成長を遂げたんだなぁ…

4人の復活が「俺たちは絶対に死ねない!バルバンを倒すまでは!」という根性論で押し切られてたのがちょっと面白かったw
別に問題はないけど、あまりにも説明が無さすぎるw
でもカッコいいから許した。これを褒められるご都合主義というのだろう。

成長促進剤に浸かって異形に変形したビズネラが怖すぎィ!!子供泣いちゃう!!
マッドギレールみたいなもの?!
でもギレールよりは自我が残ってる分マシかな…逆に悲惨かもしれんが。
結果、バットバスに捨てられて戦うしかなくなったビズネラだけど、泣かせた人の数を思えば妥当な最期だったのかもしれない。
獣撃棒の強化版は今回が最後の出番なのだろうか…

今回ばかりはギガバイタスも出張w
ギガライノス、ギガフェニックスも積年の恨みを晴らせて、すごくすっきりした終わり方だった。
久しぶりのギンガ大獣王斬で〆るのもいい演出だったね。
ヒカルとビズネラ、ビズネラとギガシリーズ星獣の因縁をスパッと終わらせたな。
ビズネラ…お勤め、ご苦労であった(ブドー感)


・第48話「モークの最期」
地球魔獣発見装置が便利w
ビズネラがいなくなってもこれがあればストーリーがスムーズに進むな。よく考えられてる。
バットバスの作戦、ただのごり押しじゃねえかw
しかし、ビズネラって冷静に考えると結構優秀だったな。
もしかして、バットバスの下じゃなかったらもっと活躍できたのかも…あのコンビは好きだったけどね。

地球魔獣によって地球が汚され、アースまでもが汚されてしまう…
倒してもその星を汚し、その星で生まれ無限に生き続ける魔獣の恐ろしさがここにきて明確になった感じだ。
魔獣を倒せなければ、地球は芯から腐って汚染された星になる。
でも、ギンガマンという星の力を使う戦士は汚染されたアースでは転生できない。
最終回手前で王手飛車角のような詰み具合…!
毒を受けて傷ついても、魔獣を倒すために前に進むギンガマンたちの姿は観ていてつらい。心の底から応援したくなる。
ジュウレンジャー然りギンガマン然り、生来の戦士の精神ってファンタジー戦隊ならではのものだと思う。
多作品は経験を経てその域まで達する成長が面白さだけど、もともと戦士として成長している彼らは、特にその精神を描く機会が多いからより一層苦難を描写しやすい気がするんだよね。
どんな状況下でも「星のために」と、身近な人たちだけじゃなくもっと大きいもののために戦えるのってすごいな。

リョウマ達の状況に、ヒュウガに助けを求めるモーク。
モークの行為は傍から見ても正しいと思うし、そうするべき状況だと思う。
でもリョウマたちやヒュウガはそういう次元を超えて、互いを信頼しているからこそ別々に戦う。
それはとてつもない強さなんだと思うな…
記憶の中で、リョウマとヒュウガはもっと一緒にいたように思ってた。
こんなに離れてる期間が長いなんて思ってなかったけど、それは物理的な距離じゃなくて、精神的な距離の短さがそう思わせたのかもしれないね。

リョウマ達の心に打たれ、モークが最後の力を振り絞る…!
動けない存在ながら、ギンガマンを助け、彼らを見守ってきたモーク。
司令官のポジションでありながら、ギンガマンたちと出会ったのは戦いが始まってから。
それでも、時間の短さを感じさせない絆を深めていたと思う。
一番近くで彼らの戦いを見てきたからこそ、モークは死力を振り絞って彼らを救おうと思ったんだろうな…
どんどん毒に侵されていく姿は痛々しかった…
まとわりつくボックは、あれはあれでモークの救いになってたんだよね。
「僕にもアースがあれば」という勇太の言葉もうれしかっただろうな…
東映スタッフによるとあれは直接色を塗ったそうで、地味に終盤名物基地破壊がなされていたんだなと納得したw
でもギンガVS55Vでは復活してたから、多分また塗り直したんだろうな。

地球魔獣マジキメェヤベェ!!(頭悪感)
あのトンネルは浅倉猛が弟をベノスネーカーに食べさせたトンネルかな?
あれがまたダイタニクスみたいになるのか…
いつものことだけど、もう少しみためがかわいい怪物を作り出せれば、その悪の組織は勝てる気がするんだよNE!

ガレオパルサーキター!久しぶりすぎるw
何度見てもBLACKのロードセクターにしか見えない。
OPだけで活躍するガレオパルサーとEDだけで活躍する機動馬の印象があるけど、ガタキリバとオールドラゴンと肩を並べられる存在かな…(酷)

モークゥゥゥゥゥ!!!
そういえば第一話で種の状態だったから、元に戻ったといえばそれまでなのだが…
死に目(?)に立ち会えなかったリョウマ達のリアクションが、泣きわめくよりも生々しい。
茫然自失として、徐々に哀しみがこみあげてくるという…
すっかり広くなった基地が寒々しい…

ブクラテスー!!!樽が!!!
自力で落石から復活したにもかかわらず、シェリンダにぶっ刺されてしまうとは…
必死に「死ぬな、ブクラテス!」と駆けていくヒュウガの姿と相まって悲壮感が半端ない。
悪い奴だったし、同情の余地はないんだけど、なぜかショックを受けてしまうな。
やっぱ、ヒュウガとのコンビが結構好きだったからかもしれないね。


次週、堂々の最終回!!
最終回に向けてこれ以上なく盛り上がってるギンガマン。
最後の最後は、今まで流した涙を拭いて、笑顔で迎えられると信じています。
最終回、楽しみだな!

【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク