面白かった!!
トッキュウジャーの良さが前面に出てた作品になってたと思う。
キョウリュウジャーも久々だったけど、いろんな意味で相変わらずでちょっとワロタw
ツッコミどころも笑いどころもたくさんあって、テレビではやれないこともやれてたのは良かったな
声だけとはいえメンバーも総出演で、VSの名に恥じない作品になってた!

明ファンとウッチーファンとネロファンは見に行くと幸せになれるような気がするw
ニンニンジャーも活躍してたしね!


※ネタバレです
※素面名乗りの件追記しました。


<続く>




・小ネタ集
キョウリュウジャーの名乗りの爆発に巻き込まれるトッキュウジャーw
ギャラクシーラインのまいんちゃんキタキタキター!
ライトと車掌の謎の殺陣。意外とクオリティ高いw
まさかのプクプトール登場。VSでまさかお前が使われるだなんて…!w
「戦いたい…が、今はこの子の子守が先決だ」←良いパパな明
コインシャドー…シオン!!アレ本人だったのかな?っぽかったけどわからんかった。
キャンデリラにラッキューロだけじゃなくトリンもキター!総裁が肩をたたこうとしてスカっててワロタw
クロックシャドーのキャラが「うたのおにいさん」過ぎて笑うwいいキャラしてるなw

他にもいろいろあったはずなんだけど思い出せない…もう一回メモりながら見たいなぁ。

・敵に力が通じない件
デーボスはトッキュウジャー(イマジネーション)では倒せない。
シャドーはキョウリュウジャー(ブレイブ)では倒せない。
だからこそ二組の力を合わせなくてはならない、っていう展開にもっていってたのはなるほど納得。
どっちかっていうと戦闘のプロのキョウリュウジャーたちと、素人ながら頑張っているトッキュウジャーという構図が、最終的に逆転の様子を見せるところもなかなか味わい深かった。
良いコラボレーションだったと思います。

・子供トッキュウジャー
今回の敵・クロックシャドーの子守歌によって幼くなってしまったライトたち。
本来の姿ではあるのだが、やっぱこの格好で戦ってると凄い違和感がw
変身したときの身長差が可愛かったw
実際にアクションしていたのは小さめの女性だと思うんですが、一番最初の変身したシーンは子役が入ってたのかな?
子供だけど、決して気持ちの上でダイゴ達にひけは取ってなかった。
純粋な心の強さを感じるシーンも多くてよかったです。

・久々キョウリュウジャー
相変わらず「ダイゴとゆかいな仲間たち」だなぁ、って印象。
赤偏重はさすがに小林脚本でも改善無しだった。というか、改善したら逆にキョウリュウジャーではない気もするしな…
ライトたちを「頼りない」と戦線から遠ざけようとするあたりは、キングらしいワンマンさだったけど、それに対して対抗するライトの負けん気も相当強かったな。
でも、「無事に帰るまでが遠足なら、生きて帰るまでが戦いなんだ」っていうライトの言葉には、流石のキングも感じるものがあったみたい。
いつの間にか無茶することが普通になってた感のあるキョウリュウジャーに、真っ当なストップをかけられたっていうのは、キングたちとはちょっと違ってフツーな感覚のトッキュウジャーだからこそって感じだったかもね。

赤以外のキャラ立ちについては膨らませられるほど無い(実際本編で描かれてないから)って言う、靖子ニャンの素直な反応を感じる展開でもあったように思う。
でも、ちょいちょいトッキュウジャーとの絡みがおいしいところがあってよかった。
緑の絡み良かったなー。「君、人見知りでしょ」「あんたもね」的なやり取りはソウジとヒカリらしいやり取りだったし。
青コンビの「君老けて見られるでしょ」「えっ僕若いんですけどー!」なやり取りも良かった。
女子力に負けたイアンだけは可哀想だったがw色ハブられてるからね仕方ないねw
(イアンは黄色のミオと対比されてたのに、最終的に女性陣3人で固まって戦う=結果イアンがハブられるという悲劇が起こっていた)

本編から主にハブられてるウッチーが物悲しいwww初登場シーンが電車待ちとかマジクレイジーw
でも相変わらずウッチーかわいいよウッチー!
明とウッチーの6号コンビはいい味わいだったなぁ。
かわいい系天然×思い込み系天然の天然コンビ、たまらんかったw
赤ちゃんになったウッチーをあやす明、もうほぼほぼパパですな。あの抱っこひもはどこから…!
でも、でっかくなったウッチーと明のシーンはアレ完全に(以下自主規制
「これ完全に入ってるよね」と劇場で思ってしまった私はきっと穢れているwホモはおススメしてないけど!!w
「俺の死に場所はこっち!お前の死に場所はあっちだ!」「心得た!」の流れは天然らしいやり取りだった。死に場所については否定しない明w相変わらずw

・サラマズ進化
カオスな電車ごっこwww
もうVSならではの何でもあり感は凄いよな…まさかクローズがトッキュウオーと戦う日が来るとは思わなかったわw
というか、声が自然すぎて天野君だなんて気づかなかった…ゴージとダツジ(フックブックロー)のどっちだったっけ?
捨て駒と言えばそうなんだけど、進化したサラマズが楽しそうでなによりだったわw

・素面名乗り
スーツを着て面を付けずに名乗り!
動きが比較的簡単なトッキュウジャーはもちろんだけど、キョウリュウジャーも顔出しで名乗っていたのは結構すごかった。
ちゃんと一番オーソドックスな名乗りだったし。
一番熱いシーンでの顔出し名乗り、VSにしては珍しい演出な気もする(うっかり忘れてるだけかもしれんが)
ここでやったのは、キョウリュウの本編での顔出し名乗りがギャグ回だったから?w

・20人そろって!ダブル10レンジャー!!
※なおトッキュウジャーはうち4人敵の模様。
ネロの名乗りクソワロタw続かねえwwww
「えっワシだけ?えっ?えっ?!」なネロ萌えwww
ノリがいいんだなネロ男爵って…なんか当初の嫌な奴から地味~にランクアップしてるw
今回なぜノア夫人が生きてる時系列だったのかなって思ってたけど、これをやるためだったんだね。確かにグリッタちゃんじゃ無理か…(ポジション的に)
今年の戦隊とライダーは敵との共闘が熱い!映画では本編の敵が放置スタイルから共闘スタイルに変わったのはいいことだ。
トッキュウ、シャドー、キョウリュウジャーの力でゼビウスを人間大で倒すって、凄い変則的な感じもするけど、「らしい」と言えばらしいような気もする。
キョウリュウがいるからこそできる展開だったな。

・トッキュウジャーの戦う理由
夜のターミナルでの6人のやり取りのシーンがすごく良かった。
戦いが世界規模だったキョウリュウジャーと違い、トッキュウジャーはひとつの街を救う、それが最大の目的。
そこには地球ってものが脅かされるほどの脅威はないし、スケールは格段に小さい。
だからこそ、想像もできない強大な力に怯える気持ちもわかるし、自分たちの小ささに足踏みしてしまう気持ちもわかる。
でも、ひとつの街を救って、その次の街を救って…それを続けていけばいつか地球を救えるんじゃないか。
そんな自分たちの可能性に賭けようと笑顔を見せるライトたちの姿は、一年間見てきたトッキュウジャーなんだなぁという気がした。
このシーンが映画の一番のハイライトだったと思う。
どんなに舞台が大きくなっても、ライトたちは「自分たちの街に戻る」っていう想いを失わない。
子供だからこそもてる純粋な動機の前には、どんな障害も折れざるを得ないな…


・ニンニンジャー
玩具うっるさ!!が第一印象。マジでうるせえなアレw
あと赤の滑舌からただようギリギリ感w
「シノビなれども忍ばない!」はただのキャッチフレーズだと思っていたのに、名乗りで堂々と言っててちょっとワロタwマジかー!
「人に隠れて悪を斬る」「人も知らず、世も知らず、影となりて悪を討つ」と比べるとちょっとセンスが悪いような気もする。
忍びなんだけど忍んでないコンセプトはカクレンジャーでもやってる(あえて言ってはいないが完全に忍んでいない)から、そこをあえて前面に出すというのがちょっとな…
新鮮味にもかけるし、そもそも「隠れないで何をするのか」のアンサーをセリフで出していないといいうのがマイナスだ。
前二作品は「人に隠れて」=「悪を斬る」、「人も知らず、世も知らず、影となりて」=「悪を討つ」と、自分たちの行動に対してアンサーを出しているのに対し、今回のニンニンジャーは「シノビなれども忍ばない!」という行為のみを標榜し、そこから導き出されるアンサーがない。
それはキャッチフレーズとしては個人的にマイナスかな…
映画限りの台詞の可能性もあるけど、やっぱり『悪を倒す』的な台詞は決めに入れてほしいところ。
「忍ばず、退かず、悪を断つ!」みたいな感じでも良かったのにと思ったり。

カクレンジャーで忍者戦隊は一番シンプルな形で完成された感があるので、どうしてものちの忍者戦隊は装飾が多くなりすぎるような感じもする…(ハリケンは敵もぶっ飛んでて好きだけど)
ハリケンは歌舞伎方向に走ったので差別化が出来てたけど、今回はどの方面に行くのだろうか?純粋に和風かな?でも「ラストニンジャ」とか言っちゃってるし、どっちかってーと忍殺系なのかもしれん…カワバンガ
各人に単純な色名を付けたところは気に入っているのと、個別名乗りの演出がなかなか洒落てたから期待はしたい。
でもどうしてもカクレンジャーのイメージが強い分、厳しめの視線になるのはやや仕方ないかもしれないな。
ともかく刀のデザインというかフォントがダサすぎてもう…!w
ちなみに「世界忍者戦ジライヤ」はトンでも忍者方向に振り切れすぎてて逆に好印象。
あれぐらいやらないと駄目だって、逆にw
ニンニンジャーには、あの位弾けることを期待したいね!


なんかあんまりまとまらなかった…
色んなものがフォローされてていたので、その後のキョウリュウジャーを知りたい人にもいいかも。
獣電池を入れるところに烈車が入るのかっていう疑問は実に感じたがw
でも小ネタもしっかりあって、盛り上がりも十分で内容も結構すんなりでいい作品だったと思う。
テレビシリーズを一層楽しめるんじゃないかなーっという雰囲気だったので、おススメです!


【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。