放送中の2話が終わったらうっかり1話が流れたりするけど、そのころと比べるとものすごくジェットマンって成長したんだなぁ…といつもしみじみとしてしまう。
成長が感じられる作品というのはやはりいい。
成長というのが、物理的なものではなく、精神的なものであればなおいい。
ジェットマンはそれが感じられるから好きだな。

<続く>

・第35話「鳩がくれた戦う勇気」
ただの伝書鳩vsバイラムトップ・ラディゲ→『鳩』WIN!!!w
鳩にwwwwwリアルジェットマンwwwwwww
つくづくラディゲが飛ぶもの(ジェットマン)に弱いだけなのか、それとも本当にヘタレなだけなのか、それが判別つかないのが凄いところだよなw
鳩につつきまわされるラディゲクッソワロタw鳩マジで強いw
今回は自然破壊批判ネタと見せかけて、手術のために恐怖を乗り越える少女の物語という、心温まる話だった。
自然を破壊する人間を助けてくれた自然(鳥たち)への感謝を忘れてはならないという教訓にもなっていたように思う。

冒頭から「歩くゴミ」回を思わせる不法投棄。
そしてそれを批判するバイラム…ごめん、今回ばかりはバイラムが正論だわ…
何となく申し訳なさを感じてしまう。
今回被害を受けた人たちは毒ガスを不法投棄した業者とは関係がないけど、広く見れば人間そのものがそういった毒を生み出しているわけで。
あまり深くは触れられなかったが、複雑な気分になる怪人だった。

少女と鳩の精神感応!
地獄に行ったジェットマンならこういうのあっても説得力あるよなw
エクシードラフトも隊長が幻覚(ミカ)見過ぎてやばいことになってるけど、冷静に考えればジェットマンも結構キテいるものがある。流れが自然だからいいけど。
あと病室にぎょぴちゃんがいた。時代だなぁ。<きんぎょ注意報

アコって結構面倒見いいよね。
ジェットマンの中だと、正直一番他人に配慮ができるタイプかも?
偶然出会った少女が手術を恐れて元気になれないことを知り、わざわざ外に連れ出して勇気づけようとするあたりは、すごく優しいんだなぁと思う。
友達との交流もそうだけど、アコちゃんはいい子だよね。普段がめつい印象がピックアップされがちだけど。

鳩がアコたちを助けるために奮闘する姿は非常に印象的でよかったのだが、ラディゲが面白いせいで素直に感動できないw
ラディゲの水落ワロタwこれはwww

少女はアコの雄姿を見て戦う勇気を得る…いい話だなぁ。
まさか一般人の、しかも子供をコックピットに入れるなんて!と驚いたけど、こうやって戦うことが少女が勇気を得るきっかけ、また鳩の勇気に応えることにもなったわけで、いい展開だなあと感心した。
ラストは手術に前向きになって終わりっていういいオチだった。さわやかだー!
「ジェットマンになれるかな?」という問いかけに対して「待ってるぜ、相棒!」って答える凱がいい奴すぎる。
ジェットマンって個性派ぞろいだけど、こういう対応を見ると世界を守るヒーローがこの5人でよかったって思うよね。

・第36話「歩く食欲!アリ人間」
すっげえ楽しそうなタイアップw裏山www
長官がくだけた感じというのは珍しい。
やっとジェットマンが仲間としてまとまって、長官も肩の荷が下りたのかもね。
超楽しそうなみんながすごく微笑ましいw年齢から考えたらこんな感じがフツーなんだよなぁ。
しかしペンションとのタイアップって珍しい。当時のバブリーな雰囲気を感じさせるな。
私の記憶ではホテルではないこういうタイアップは今までなかったように思うが。

「露天風呂に女が入ってるってことはなぁ、覗いてくれってことなんだよ!!」(名言)
凱さんマジ修学旅行生www中坊かwwww
雷太も鼻血出しながらノリノリで覗こうとしているんじゃないw
基本的に温泉→露天風呂→覗き待ったなしのコンボはお約束で好きなんだけど、まさかジェットマンでやるとは思ってなかったから笑ってしまったw
竜役得やなwあの状態で頭から落とされるの危なすぎるけどw
その後の川釣り&バーベキューでは、竜が「肉忘れた」とちょっと抜けてるところを見せてたり、雷太が凱に「女の子は釣れても魚は釣れないのかい?」と気のきいたセリフで揶揄ってたり、草原では香と凱のバカップルぶりがいい具合に描写されててよかった!
アコの「不純異性交遊は禁止だゾっ☆」がバブルすぎるw
みんなが普段見せない笑顔で写真に写ってる姿は、今までの経緯を見守っていた視聴者からするとものすごく癒しになるよねえ。
竜の一件以来、すごく人間関係が安定しているのだということが伝わってくる。
香の想いも凱に向けられてて安定してるし、凱も香に対する思いが成就して柔らかくなってるし、竜は仲間を思いやる気持ちが見えるし。
え?雷太とアコ?普段道理ですがそれが何か?w
あの二人はああだからいいよなw

パジャマ姿の女性陣、男性陣はサービスショットなんだな、多分w
長官のパジャマがちょっと年齢を感じゲフンゲフン
しかし、邪魔は入ったものの休暇を楽しめているジェットマン達の姿は良かった。
ただのグループ交際にも見えるバブル感。チクショウ、リア充め!!
でもあの非常時にバッチリ制服を着こんでいる長官他メンバーパネェw

アリバズーカの攻撃、地味に恐ろしい!!
笛の根に操られ、異常な食欲でさまざまなものを食い尽くしていく人々。
犬の描写がのちの牛の描写にもつながってるんだけど、冷静に考えると怖すぎるだろこれ…
香も川魚を生でペロリしてたし、こういうのって食べた後に人々に異常が起こらないのかどうかが心配。寄生虫とかね。
アリ化するので全栄養を使ってて影響ないのかもしれないけど。
しかし香は普段よりも何かに取りつかれている方が演技に見ごたえがあるwなぜなのかw
にしても朝からそば?というのはちょっと変わってるな。名物だったのか?

アリ人間の恐ろしさの演出が凄かった。色塗ってるのもそうだけど、動きもキモイし香の特殊メイクも怖い!
牛いっぱい→牛の骨いっぱいの演出がなかなか良かったな。マジキチ感がよく出てる。
砂はいったい何故あったのかと思っていたら、その中に人が潜っていたとはw
ちゃんとアリっぽい演出にこだわってたのが見ごたえあったな。
エキストラも多かったけど、あれはある意味これが慰安旅行だから?!w
随所に雨宮監督のこだわりが見られる回だったような気がする。

香に危害が及んだことで怒る凱!ヤダ男前。
惚れ直してしまうやろー!
トランクッソ強いやんけ!しかしドラム缶でやられてしまうあたりはやっぱ子供という体格の不利を感じる。
「罪を償え!」の応酬は井上らしいやり取りかもしれん。
それにしても、巨大戦の短さは井上ならではだなw販促のヤル気無さに笑ってしまうわw

ジェットマンには子供だと情けをかけられ、バイラムメンバーにはわざわざプギャーされに出てこられ、そりゃあトランだってキレますわな…
冒頭でもグレイとマリアが音楽を楽しんでいたのに、笛の音で邪魔をして「子供だから芸術がわからない」とか「ママのおっぱい吸ってろ」とか揶揄されてたし。
そもそもなぜトランは子供だったのか?という疑問はあるんだが、まあトランだって誰かからは生まれたんだろうし、優秀だったから幹部になってる経緯はあるんだろう。
でもそんな優秀な人材なのに、年齢を重ねてないってだけでバカにされる大人の世界…
ある意味、ちょっとトランはかわいそうだよね。
無邪気な悪意っていう、かなり狂気をはらんだポジションだったが故に、その狂気に飲まれてしまうという未来が…

ラストの野球ワロタw長官と雷太だけヤル気w
のんびりしてるなぁw

トラン「俺の怒りは爆発寸前!!」
トラン(ロバート秋山似)が怒りで超イケメンのムキムキボディに!!!ヤダフルヌード///
これは青田買い待ったなしですなぁ…
次週からは的場じ…じゃなくてトランザの登場で変化を見せるジェットマンの人間模様。
語り継がれている伝説の最期も含め、トランザの活躍が今から楽しみー!


来週のトランザVSジェットマンが楽しみでならんw
広瀬さんはいつみてもカッコいいな!まさにたたずまいも含めて男前!って感じ。
来週はアクションも凄そうだ!電流爆破デスマッチもあるぞ!ヘリもだ!!

【お知らせ】
現在、管理人多忙によりコメント返信は休止中です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク