映画『仮面ライダー3号』のスピンオフである『仮面ライダー4号』見ました!
映画ではあまりピックアップされなかった巧に焦点を当てた物語になっていて、555のその後の物語のような位置づけの展開に、思わず涙が…
今でも平成ライダーの中で一番生々しい「生と死」を描いていたのは555だと思っているので、今回の展開は残酷でもあり、またある種の救いになったのかなぁと複雑な気持ちになりました。
面白かったです。本編でやれ。いや、やってくださいお願いします!!

<続く>


・繰り返す時間
エンドレスエイt…いやなんでもない。
映画の続きなのに剛生きてるじゃん!と思ってたら、まさかの『仮面ライダー二号は二度死ぬ(実際は二度どころじゃない)』パターン。
何度も何度も繰り返す悲劇というのはシュールだった…
明確に死が描写されたのは剛や進ノ介、霧子が中心だったけど、侑斗や巧も死んでたんだろうか?(4号初登場時の侑斗はやや怪しかった)
描写されてないから死んでないっぽいけど。
仮に巧が死んでたとしても、歴史改変マシンは動いてそうだけどな…首領がアレだし。
時間を繰り返すたびにショッカーが強くなっていくというのが恐ろしかったな。
ネズミ算式に増えていくショッカーw最終的には映画の映像流用しててんじゃねーかw
作中では4/4がずっと繰り返されてたらしいけど、後半になってくると「ホント一日で?」っていうぐらい対応策が練られててワロタw
この辺のライダー側の対応については、時間の影響を考えると頭が痛くなる内容だけど、理屈づけるより何となく感じたほうが面白いな。
イメージ的には円形の時間(4/4)で、同じ人物が同じ起点を必ず通ることになっているという感じかな。記憶の蓄積もあるし。

・コスパ最高
今回は撮影自体も「繰り返し」がメインだったせいか、割と省エネで済みそうだったね。
スピンオフとしては面白い部類だったのに、コストパフォーマンスいいなって思って観てたわ。
最近の大戦系は、「ゲストキャラに重点を置くと話が締まる」ということに気付いたからだいぶ面白くなったと思う。
今回も話の中心は巧だったし、侑斗を上手く使ってた。
初期のころの大戦系は本当に話のメイン筋が無くてぼんやりした話が多かったけど、最近はストーリーも頑張ってるし面白くなってる。
白倉&米村で作り方を見出したのか…まだまだやる気だなこれは…
不安半分期待半分だけど、今後もオリキャスを呼んで是非やってほしいな!
意外と米村の最近の脚本嫌いじゃないぜ!!

・映画以上の活躍を見せるデネブ
デネブwwwww
侑斗&デネブファンにはたまらないやり取りも健在だった。やっぱいいなデネブw
最終的には電車を駆って敵の軍勢を打ち倒すといういい役ももらってたし、決め台詞もちゃんと言ってて良かった。
侑斗との掛け合いは、このストーリーの中での唯一の救いだったかも?

・敵の軍勢
そろそろ生物×生物の敵キャラが復活してもいいんじゃないかな、と思わせてくれるデザインと質感。
アリマンモスのキャラ濃いwwwなんだよお前www
無駄に幹部のキャラが濃かったオリジナル敵だけど、今後もきっと映画に出てくるんだろうな。
それにしても、敵役ライダーにいるぼっちゃま(サソード)とバロン…
ダキバ(キング版)と王蛇はわかるにしても、なぜこの二人を選んだしw
バロンさんは夏映画でちゃんとヒーローっぽかったやろ!!
冷静に考えたら「死人縛り」だったかもしんないけどNE☆

・仮面ライダー4号
エターナルやんけ!!<声
エンディングが地味にいい曲だから困るw
スカイサイクロンはカッコよかったけど、思ったよりは活躍しなかったかも?
でも4号のデザインは無骨な空の覇者って感じで結構好き。マッシヴ。
3号とは違って、純粋な悪だったんだよね。素体は誰だったかは知らんが…
結局、正義でも悪でも、絆がなければポテンシャル以上の力を引き出せないんだよということを教えてくれる敵キャラだったかもしれない。
ただ倒されるためだけに生まれてきた存在というのは、やはりライダーという名を冠する以上、気の毒だった。

・巧と海堂
相変わらずのお調子者っちゅーか飄々としてるっちゅーか、ふらふらした動きで巧を邪魔する海堂。
斬新な土下座はちょっと笑ってしまったw
仲間を失い、たった一人で生きていかざるを得ない運命を背負わされた彼にとって、巧は世界を変えてでも守りたい存在だったのかもしれない。
結局、最終的にその想いは巧に受け入れられなかった。
でも、最後のシーンを見るに、海堂は巧の決断を受け入れたんだと思うんだよな。マイナスじゃなくてプラスとして。
だから「この空を守ったのは…」って笑顔を見せたんじゃないかな、と。

・首領の正体
たっくんんだあああああああ!!!そうなの?!
巧の「生きたい」という想いが首領の生への執着と重なって、ああいう形で姿を現したのかな…
巧のラストシーンは、自分自身との決着、生への決別という意味でああいう形だったのだろうか。
自分自身を射抜く巧のハートの強さは、やっぱり昔から変わってないな…
たっくんは本当にすごい男だよ…どんなに時間がたっても、仮面ライダーの歴史が紡がれても、巧の心の強さは鮮明に心に刻まれるだろう。
また演ってくれてありがとう半田君。本当に感謝感激雨嵐だよ!!

・記念写真
巧と撮った写真からは巧だけ消えている。
結局、4号の時の記憶は進ノ介たちからは消えてるんだろうなぁ…切ない。
4/4の記憶というもの自体があやふやになって、4/5にスライドされたって感じなのかな?
映画3号の時もそうだったけど、侑斗がいることで「消えていく人々」へのフォローになっているっていうのが、全編通してよかったと思う。
侑斗は死なないけど忘れ去られていく運命を背負ってて、改変された歴史の中で消えゆく人々を覚えていられる。
だから、今回消えていった巧の想いを受け継ぐことができるっていいなと。
もちろん演者の中村君が復帰したっていうのもあるけど、それ以上に物語に必須なキャラクターで良かったです。

映画の内容もフォローしつつ、ちゃんと客演の俳優を立てる内容で、『仮面ライダー4号』はなかなかの面白味がありました。
555ファンは見ても損はないんじゃないかな。
ツッコミどころもあるのかもしれないけど、555ファンとしては面白かったです。


ついでに今ならdビデオからdTVになったおかげで1か月無料で観れる。ちょっと得した気分。(H27.5/12現在)
他にもいろいろ映画なんかが見れるのは嬉しい。
ということで、戦隊モノの映画なんかを続けてみていこうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク