年賀状を書くとはなんとまめなヨロイ元帥!!
あのハガキを誰が買いに行ったのかが気になってしょうがないw

しかし、そろそろV3も佳境だなぁ…
志郎と結城の複雑な関係も結構見ごたえあるね!

<続く>

・第47話「待ち伏せ!デストロン首領!!」
冒頭整形手術。結城を陥れることに余念がないな、ヨロイ元帥はwホント嫌がらせの域になってるw
偽ライダーは初代からの伝統とはいえ、こんなことまでやってたんですね。
それにしても、ヨロイ元帥のしゃべり方が妙に特徴出てきたなw

結城さん、ライダー少年隊の基地に!
ちょっと滝っぽいポジションになってるのね。
年賀状(差出人・デストロン)wwwwwwwww
ちょwヨロイ元帥ご丁寧すぎるwwwww
おびき出すためなんだろうが、あまりにも季節感出し過ぎだろw
「あけましておめでとう 今年こそは殺す」www
そのあとの屋敷にはいるシーンもあからさますぎて笑えるのだが、ここまで堂々と罠を張られると、逆にはまってみたくなるわねw

デストロンの正月パーティーwwwクッソ楽しそうwww
なんだあのデストロン連呼のぐるぐる回転してる動きはw
お年玉までくれるとか…ヤダ、悪の鏡www
いちいちセリフが洒落てていいよね「デストロンパーティーのパートナーは俺だ」とか。
一気にバトルに転じるあたりもメリハリあって良かった。
正月だけあって意外と強い敵をぶつけてきたな。

結城を煽ることにも余念のないヨロイ元帥、流石嫌味な奴w
偽物を上手くV3と合流させるあたりは上手だった。しかし、偽結城がシーラカンスキッドなんだよね。別の人かと思ってたのに。
結城と志郎の信頼ができたと知るや否や、それをぶち壊しにかかってくるヨロイ元帥のいやらしさ、これは憎まざるを得ない。
V3を倒し、結城の信頼も、そして勇気の人生までをもつぶしにかかるあたりが悪の鏡のような作戦だわ!(描写のガバガバ感はあっても)

偽結城丈二、棒だなwww本人なのにw
油断したところを容赦なくぶちのめす偽結城。
あの崖落ちではさしもの志郎も死ぬだろ!!!と思ったけど死なないんですけどね!!!
やっぱ改造人間ってスゲェw
そして死亡確認をしないデストロンのガバガバさは平常運行だNE☆

結城に対しては「ヨロイ元帥と仲直り」をお勧めしてくる首領の甘言。
なwかwなwおwりwww子供の喧嘩じゃねえんだからwwwww
うーむ、囲い込みに余念がないなぁ。
結城の揺れる心を読み取るかのような甘言は、首領のカリスマを考えると無理のないことなのかも。
でも、実際には自分を救ってくれた恩人の優しい言葉に、恩義を思い出していたんだろうなぁ…と思うと、ちょっと複雑な気分になるシーンだ。

結城がついこの間までデストロンだったことを鑑みると、志郎の懸念は妥当かもしれない。
まぁな…風見を油断させるために寝返ったって、筋が通るといえば筋が通る行動だしな。
しかし、あまりにもダイナミックな少年ライダー隊基地での振る舞いには笑わざるを得ないw
せっかくあれだけ成功に偽物になったんだから、もっとどうにかなったやろw
もうちょっと工夫すれば絶対作戦A(ましな方)で行けたってw

志郎の信頼が無くなったところでライダーマンを自由にさせるとか…なんて作戦だ!!すげぇ!!
と思ったら盗み聞ぎされてたwww駄目だこりゃwwwww
この辺でライダーバトルにならないあたりは安心の展開かもしんないw
ライダーマンとV3で偽結城=シーラカンスキッドをボコるところは、きちんと二人の信頼が消えていないのがうかがえていいな。

シーラカンスキッドの風船は、浮き袋なんだろうか…
深海から陸上になんてあがってくるから…w
死ぬときは海で大爆破かと思ったら、予想外にミニチュア爆破だったね。

デストロンの首領が日本初上陸!
デストロンライダーのネタを上手く使って前衛突破ってのが、ちゃんと話の流れをくんでて良かった。
それにしても、すごいところで会合するよねw体育館ってw

・第48話「見た!デストロン首領の顔!!」
二手に分かれて首領の正体を見極めようとする志郎と結城。
でも結局罠だったのね。しかし実際に首領は来ていたわけで、嘘に真実を織り込むところが作戦が成功する秘訣かもしれん。
ちゃんと自分の偽物(人形?)を用意して、志郎も結城ちゃっかり罠にはめてるし、V3とライダーマンをどちらも殺すために設備を整えているのも立派だった。
こればかりはデストロンもよくやったといえよう。
自分の知った事実が罠だったと知り、志郎に謝る結城。そんな結城を励ますV3。
こういう信頼関係良いよね。

デカいヒトデ!!いやいやいやいや飼ってみるってそういうレベル超えてるだろあのデカさ!!!w
まだネコか犬の方がマシだわ!!
病院がヒトデまみれは恐怖以外感じねぇw
ヒトデが暴れるっていう図がすでにカオスな気がするんだけど、なんだろうこの違和感を伝えるすべがないw

おやっさんが作業員に変装!ホントこの人何でもやるなぁ。
しかもあの謎モールスを聞きわける立花さんマジスゲェwww
脱出しようとパワーアームを装備→腕のドリルのバッテリー切れwwwなんてリアルなwww
今思えば、腕にドリルとか足にドリルとか、そういうのの先駆けはライダーマンだったんですね。
今のライダーって、結構ライダーマンスタイル(脱着可能パーツで強化)って多いし。
内と外の協力で何とか空気を取り込み、危機を脱したV3とライダーマン。
今回の一番の功労者は立花さんで間違いないw
戦闘員と戦っても引けを取らないし、なんなんだ、この優秀なサポーターはwww

恐怖!人食いヒトデに占領された病院!!
B級ホラーでありそうな展開になってる。
マサト君「病院がこんなことになったのも、全部乾巧って奴のせいなんだ」
V3「なんだって!それは本当かい?」
ついつい仮面ライダーに出てくるマサトは問題児だなと思ってしまうw
いや、木野さんの弟は風評被害かもしれんけど。
今回、うっかりヒトデを呼び込んだマサト君のせいかと思ったが、もともと狙われるべくして狙われた場所だったのね。
この状況下でV3が来る安心感半端ないだろうなー。

ヒトデキメええええええええ!!!
上側の被り物?が取れて襲い掛かる演出が良かった。
ライダーマンもちゃんと戦力になってるね。良かったよかった。

ヒトデ被害はデストロンの首領を守るためだったのか。え?でもライダー呼び寄せたら意味なくね?とか思ったけどその辺はね?
流石に締め切り状態の特別室は怪しすぎるだろ…誰か怪しめよw
ヒトデを持ち込むより、そこを怪しんで襲われる流れの方が自然だったかもな。
それにしても、既存の建物を改造することに定評のある悪の組織なだけあるwww
病院を勝手に改造、ダメ、ゼッタイ!w

親衛隊がナチっぽい雰囲気を醸し出している。
シルエットでの戦いが何とも言えずカッコいい。
この暗闇、何処となく初期の雰囲気すら感じさせるな。
しかし、首領の顔がキンクロン@スピルバンみたいだった。
ホントの顔じゃないにせよ、他の雑魚的と似たような顔っていうのは複雑な気分w

ライダーマン、ここにきて裏切り!!オイィ!!
まだ首領に対する思いは消えてなかったのか…
まあ前回心揺れてたからなぁ…一度信じたものから、優しい言葉を掛けられてしまうと、どうしても決めかねてしまうというところか…
あとからちゃんと自分の気持ちを告白して、謝っていたけど、脊髄反射でやっちまったことなんだろうね。
この辺が結城の純粋さを感じるな。

ヒトデとの濃厚なキスwwwなんだあのシーンw
ヒトデが意外と強い!流石終盤ともなれば敵意もヤル気を出してくるな。
ライダーマンとの協力で戦いには勝利したものの、結局首領は逃げてしまった…
結城自身も首領を助けた理由が分からないあたりがなんか複雑。
結城がデストロンに恩義を感じていたのは、自分の生き方を示してくれたからってのがあるのね。
自分を救った恩人を見殺しにはできないという結城の気持ちも分かるけど、志郎の怒りもわかる…
そのあたりが、ライダーマンとV3の生まれの違いかな…
この行動を受け入れて、結城を許す志郎の懐の深さ半端ねぇ…半端ねぇよ…


次週、伊達さんかな?<頭に弾丸
そんな無茶苦茶な状況下でも、何とかしてくれそうなのが風見志郎。
一体どうやってその状況を打開するのか、見ものだね!