ライダーマン登場から、無敵のヒーロー然とした風見志郎から、改造人間の悲哀を強く感じる一人の男になったような気がする。
しんみりするシーンも結構あるけど、グッと話に深みが出てきたな、と思います。

<続く>

・第49話「銃声一発!風見志郎倒る!!」
結城さんまた狙われてるw相変わらず執拗に狙われるなぁ。
結城を狙う銃弾を受けた志郎、頭の中に弾丸が…ってそれなんて伊達さん?
あの銃弾、まさかヘルメットを貫通するとは思ってなかった。
効果といい貫通力といい、そこらへんの怪人よりもよっぽど強いのでは…?!

新宿副都心キター!!
ヤバい…少女の状況に時代を感じる…
昔はこういう田舎っこが憧れて上京して、夢破れて戻っていくってのが多かったのかね。
故郷に錦はなかなか飾れんものよ。

志郎さんふらっふら!!久々のパワー未調整描写が新鮮だな。
というか、志郎さんが帰ってんのって自分の家なの?!地味に珍しい。
改造人間のための特殊な弾丸に苦しむ志郎…
パワー調整できないっていう描写が今までなかった分、自身への恐れが増大しているように見える。
しかし、髪をかき上げる姿に弾丸のせいで、志郎の頭皮から髪が抜けまくらないか心配だったw

ちょwwwそこからwwww<ヨロイ元帥
東映本社の映画館の前かな?
田舎娘、ちょっとガード甘すぎんよー!!
見知らぬオッサンに欲しいものを買ってもらえてテンションあがるって、これは遅かれ早かれ悪い奴に騙されるタイプだなw
っていうかそれでデストロンの言うとおりに動くと思ってるデストロンも甘すぎんよー!!(しかし実際は動く)

東映本社前?でのゲリラ撮影なのね!
志郎と少女、警官のやり取りに、通行人がリアルびっくり状態で笑ったw
龍騎のテレビスペシャルの時も凄かったけどな。
勘違いした通行人たちが「宮内洋がつかまった」とか噂しなかったんでしょうか。

毎度おなじみカメレオン怪人。
警察をデストロンの物にしてるのか。根回しは抜群だなw
しかし、地味に凄い発明だよね、あの銃弾。
改造人間の力自体を暴走させて自滅させるというのはいい作戦だ。
今まで外からの圧力でライダーを潰そうとしてたし、逆転の発想だな。

田舎娘即効洗脳されてるw
そんな全身タイツを着て…田舎の両親が泣くぞ!w
結城もこんな感じでデストロンに入っちゃったのかねえ…
ある意味、ジャパニーズドリームをつかむためにデストロン入りというのは、リアルな理由ではあるな。
てっとり早くお金が入って楽な暮らしができるなら、騙されても仕方ない部分はあるのかも。

結城キター!天井から脱走できるって、牢屋はどこにあったんだw
珍しく覇気のない志郎さん、心配だわ…
ギターを手にする志郎に、ついうっかり早川健を連想してしまったw
「歌うの?…歌うのか?!」とおもったら「歌わせねえよ!!!」っていうのは、ライダーの伝統芸だよね(RXでよく見た件)
しかし、狙われた結城は脳改造してないんだし、あの銃弾を受けたら死ぬんじゃないですかね、普通。
どっちに転んでもデストロン的にはおいしいという意味では一石二鳥の作戦だが。

立花さんにも触れられないなんて…悲しい…
自分をコントロールできずに悩む、というのは初代が初期に乗り越えてきたことだったけど、ここにきて志郎が悩むとはな。
今まで強いメンタルでやってきたから、こんなに弱ってる志郎を見るのは心が痛む。
しかし、結局志郎を救うにはデストロンの設備に頼らざるを得ないというあたりが、デストロンのせいで人生を狂わされた志郎の苦しみをまざまざと見せつけている。
倒さねばらならない敵と、同種の力を共有するが故の苦しみだな…

罠キター!!壁が迫ってくる仕掛けだけど、画角のせいで見づらいw
結城は変身してもあんまり強くならないんじゃないかな…?という疑問があるんだけど、すげえ頑張ってたのは好印象だった。寝そべるのは予想外だったがw
しかし田舎娘は迷惑かけ通しだな~。これだから素人は!

ドアを守り、立ったまま手術をしろという志郎。凄いな。
1%の可能性に賭ける、という彼の精神は、結城への信頼と自分の使命に対する熱い想いが故か。
立ったまま手術という流れに、何となく三国志の関羽を思い出した。麻酔無しでなぁ!!←それ黒岩
しかし、なんというか良くわからんが凄い手術だ!!

V3では珍しく真っ当な変身キャンセルw
銃弾の命中率が一気に下がってる気がするんだが。、これはこの際気にすまいw
物干しざお(?)的なものを活用するアクションは面白みがあってよかった。
しかし、怪人は次回に持ち越しなんだな。
きりもみキックが効かない上に逃げられるとは珍しい…!!

田舎少女は結局帰ったのね。
まあ都会はちょっと向いてなさそうだったしね…ちょっと純朴すぎた。
その方が少女にとっても幸せかもしれない。
夢破れても帰る家がある幸せにはなかなか気づけないもんだしな。
しかし、志郎はどんなに苦しんでも安らぎを求める家はない、というナレーションが悲しかった。
ライダーマンが登場してからの志郎の内面描写は、平成ライダーに通じるものを感じるね。

・第50話「小さな友情」
カメレオン怪人、吸血カメレオンにクラスチェンジ!
しかし見た目は変わらないw
最終話付近で再利用怪人というのはなんか珍しいよね。
まあ今まで因縁深い怪人がいないということもあるのだが…それにしても、人体実験酷過ぎるw毎度毎度戦闘員を使い捨てにすんなしw

吸血カメレオンの吸血演出凝ってるな。絵具かしら?
「怪人が出たんです!信じてください!!」→「謹慎だ!!」の流れワロタw
健一君可哀そうすぎる。みんな冷たいな…しかも盗みの犯人扱いって。
陰湿ないじめの実情が悲しい。みんな孤児なんだろうけど、その中でも扱いにはヒエラルキーがついちゃうんだよな。
父と母を思い、ハーモニカを吹く健一の姿は、彼の悲しみが一瞬で伝わってくるシーンだよね。

ハーモニカの音色に口笛をかぶせてくる志郎さんw気障な登場だなぁ。
ハーモニカを吹きながら、家族を思いだして涙するっていうのはいいシーンだった。
健一の境遇に、自分の境遇を重ねてたんだな。
今まで登場した子役とは少し扱いが違う印象を受けたのは、そのせいかもしれない。
それにしても、学ランの宮内さんは新鮮だったw
健一君の背中に「くじけるな」と呼びかける志郎が印象的だった。
この言葉は、製作者たちが視聴者の子供たちに素直に伝えたいメッセージだったんだろうって思うな。

白昼堂々拉致wだからそんなんやったらすぐバレるからw
相変わらず忍ばずワッショイな奴らだな、ショッカーもデストロンも。
子供を抱えて走る戦闘員が地味に凄い!
吸血カメレオン、すっごく弱そうなのに強くなったな~。
サスマタ式のベロが意外と便利に機能している。
そしていいところにやってくる結城、ナイスだ。
結城は健一を助けて去って行ったけど、必要以上に馴れ合えないという彼なりの意思表示だったのかな。
一時期はかなり志郎と近くなってたけど、前回首領を助けちゃったからな…

先生の熱い手のひら返しwwwお前疑ってたやんけwww
健一君にとっては志郎さんが心の支えなのか…
バイクを磨く健一が健気で可哀想だった。
しかし当時はこういう孤児院って多かったんですかね。
昭和ライダーには孤児院が良く出てくる印象があるんだけど、そういう境遇の子を応援するという意味もあったのかもしれないな。

吸血カメレオン、孤児院をジャック!!
確かにあの表情の子供に囲まれたら怖いなw
先生の電話に出る志郎さん、電話に出る姿もカッコいいwシャレオツww
子供相手だから戦えないし、今回のデストロンは一石二鳥の作戦だな!
ちゃんと少年ライダー隊の基地を狙っているところもソツなくてよろしい。
こういう時にライダーマンのネットアームは活躍するね。

洗脳された子供たちに追い詰められる志郎、これは大ピンチだな。
危機に陥った志郎を救うため、健一君が必死に怪人に石を投げたシーンが、今回の話の見せ場だよな。
自分を理解してくれた志郎を助けたいという思いが、怪人への恐怖を越えているっていう。
切なくもカッコいい、少年の想いを感じるシーンだったわ。

ロープにつかまるのあぶねえ!!しかし、水落からのV3の安心感半端ないw
吸血カメレオン、吸うのは子供の血だけで、基本は舌の触手攻撃のみなのか。
もうちょっとパワーアップさせてもらえばよかったのに…w
しかし、舌を引きちぎる部位破壊はえげつなかったな。時々V3は肝が冷える部位破壊があるよね。
しかし、爆発ではなく、溶けたのはなぜだったのだろう?

最終的に犬が犯人ということが分かり、健一の誤解が解けて良かった。
笑顔で謝る子たちを許す健一君も一段階大人になってたね。
タイトル通り、志郎との友情が、少年を成長させたということだな。


次週、仮面ライダーV3完結!!
志郎の活躍を見るのもこれが最後か…(いや続編でもしょっちゅう出てくるけど)
デストロン首領との対決、最期まで見逃せないな!!


なおブログの活動縮小に伴い、Youtube土曜日枠の放送分については、V3の放映を最後に感想を終了いたします。
ゴレンジャーにつきましても、放送終了後の同枠の感想については終了予定です。
あしからずご了承くださいませ。