久しぶりに小ネタ色々。
最近お気に入りのYoutube配信分はジャンPとメタルダーです。

<続く>

○変身忍者嵐
色々テコ入れとか路線変更が激しかったなという印象。
小説版響鬼の元ネタになっていたということもあり、見られて良かったです。
忍者×変身ヒーロー×時代劇と、盛り込み過ぎの要素が目立ちましたが、結果的には「瞼の母」的な人情ものヒーローになっていった辺りは、V3が辿った構成とちょっと似てるかなと思ったり。
伊上勝氏が書いていただけあって、レギュラーメンバーの雰囲気はほぼほぼ赤影でしたね。キャストも白影だし。
毎度毎度時代を無視したトンデモ化身忍者たちの登場があり、結構面白かったです。
悪魔の頭領がUFOに乗っているという発想は、多分伊上氏にしかできないんじゃないかなあw
西洋妖怪編~サタン編のテコ入れっぷりが凄すぎw
「変身」の一言の大事さというか、それの持つ偉大すぎる効果を求めてというのもあるとは思うのですが、様々な事情(役者さんのアテレコ関係とか)から、当初の展開を維持できなかったというのはちょっと残念でした。
Xライダーもテコ入って「大変身」バージョンになっちゃったし…
ビジュアル面は石ノ森デザインを存分に感じるデザインになってましたね。
第1話目のリアル羽根ズボン(袴?)のままだったら、どんな動きになっていたのか気にかかる…w
個人的には骸骨丸のビジュアルが好きでした。360度死角なく悪者っぷりが伝わってくるナイスデザインw
結構いい敵だっただけに、月の輪の死亡とともに出番を終えたのは少しさみしかったです。
後半は地獄大使に死神博士と豪華キャストの名演が見どころだったと思います。潮さん可愛かった!
迷走している雰囲気も存分に感じましたが、様々な問題の中、オーソドックスなヒーローものとして完結させたことは素直に凄いと思います。
個人的にはこういう路線でネオ時代劇(一時期やってた)を復活させてほしいなぁ…と思ってるんですけども、なかなか難しいのでしょうか。


○ジャンパーソンとメタルダー
前コメントでもいただいたように、ジャンパーソンのいいところは「完全に機械」というところだと思いました。
メタルダーもアンドロイドですが、彼は見た目が人間と変わらないということもあり、「人の姿をしながら人ではないものの苦悩」を描いていたり、逆にネロス軍団で「異形でありながらも人と同じく苦悩する」事を描いていたりと、異形を通しながら人を描くということをやってるんですよね。
ただ主人公側が見た目が人なので、ロボットであるというだけで発生する障害については描かれない。
だからメタルダーは、実質的には「ロボットに変身する若者の物語」という、流星の人間的資質を描くことが重視されているのではないかと思いました。
メタルダー自身が産まれてから様々な経験を経て成長していくという構成も、人の成長が反映されており、ロボットの成長よりも一人の青年の成長というイメージを強く感じます。
ネロス軍団も、結局はどの姿をしていても一人の人間として敵が描かれてるんですよね。
組織に属していても一枚岩ではなく、彼らなりの考えをもって組織に属しているというのがリアリティがあって魅力的です。

一方でジャンパーソンは完全に機械=ロボットの見た目なので、人間とは隔絶されたロボット側での問題がメインテーマになっているように感じます。
来たる未来に、ロボットは人と共存できるのか?人と同じように生きるロボットの存在は許されるのか?ということを、ジャンPを取り巻く3大組織との戦いで描いているのだと思いました。
今週は結構いろんな意味ですごい話だったので、矛盾はありつつも考えさせられる話だよなぁとしみじみした次第です。
(※今週の話は、父をロボットに殺された兄弟が、善悪の区別なくすべてのロボットを停止するシステムを作動させようとする話でした。それを妨害するガンギブソンと兄弟をかばうジャンPのやり取りがなかなかに壮絶)
人につくられた「物」という、絶対に越えられない事実を、ジャンパーソンたちは色々な側面で飛び越えていく…というところに、純粋な人間性を感じることができる話が多いのが面白いです。
主人公が見た目も作りも人間じゃないからこそ描ける話だなという。
敵組織が三者三様にロボット(=科学)と人間の共生を妨害する組織というのも、テーマにそっていて面白いですね。三幹部全員キャラ濃すぎだしw

今週のジャンPの感想を一言で言い表すなら「本当の黒幕はトラン(弟)だったんじゃないかな」ですけどね…あの黒い微笑はあやしすぎるw
演技力はピカイチだけど、レベル高すぎて逆にミスキャストだった気がするわw


○宇都宮Pのくせ?
宇都宮Pが今後も戦隊やらライダーやらに関わるかどうか謎だけど、個人的に好きなPなので、ぜひもう一度とは言わず何度でもやってもらいたいと思っています。
ただ一個気づいたことがあるんですが、宇都宮Pって戦隊でもライダーでも女子二人体制が好きなんですよね…
そして一人はできるだけアイドル(本物)を配置する。
キャラ余り感あっても女子を配置する(例:ウィザード)から、何らかの信念を感じざるを得ない。
宇都宮Pはアイドルが好きなのかもしれない…
と、妄想レベルで気づいた時に、戦隊はいいけど、ライダーは結構無理があるから自重してほしい気もするなーと思ってました。
でもウィザードの場合は最後(小説版)まで見たら、ダブルヒロインの必要性がちゃんとあるというのは凄いんですけどね。本編だと余ってた気がするけど。
真由ちゃんをメイジとして変身させたのも、ある種のこだわりなのかなと思ったり。
なんとなくシンケンとかゴーカイとか、宇都宮Pの作品に触れる機会が多かったのでぼんやりと考えた言う(オチなし)


あとゲキレンジャーを見終わりましたので、感想はまたおいおい。


スポンサードリンク
スポンサードリンク