終わったッ!仮面ライダードライブ 完ッ!!

後半に行くにつれ、色々と問題点が出てきた作品でした。
中盤までは結構楽しく見ていた分、残念な想いです。

でもとりあえず終わったということで、言葉通り完走おめでとう!そしてお疲れ様でした!!

<続く>

・俺たちの力
メディック死亡→「俺たちの力を見せてやる!」が、誰と誰の力なのかよくわからなかった。
メディック?それともベルトさん??ハート???
シーンの流れだとメディックなのかな…と思ってしまったが、普通はハートかベルトさんだと思うのだが、ベルトさんが「俺たちの~」に反応しないし、ハートも絡んでこないしで疑問を感じてしまった。
メディックだったら都合よすぎじゃないかな…
でもロイミュード全面肯定スタイルなので、さもありなんと思い直したり。
しかし、そのあとに即効やられるのは(前回もあったけど)どうにかならなかったのか。
せめて「よしやるぞ!」→肉薄する→弾かれるとかの展開にしちくり~。

・あっさり死亡のシグマ
タイヤが全部かきまぜられたことは良かった。やっとタイプトライドロンの本気が見れたような気がする。かきまぜは二種しか出てこなかったもんね…予算の都合で。
新しいタイヤが出てくるのか?!とちょっと期待したけど、CGで誤魔化されてしまった…悲しいw
これこそ真の意味でのトライドロン・タイプスペシャルだと思うので、最期にこれが見れて良かった。
しかし、シグマはあっさり死亡だった。
死ぬ間際まで説明台詞を入れんでもwとはちょっと思っちゃった。ごめん。

・落ちたー!からの三途の川キター!!
ハート「お前が掴むのは、もう俺の手じゃないってことだ」
進ノ介「ハート…」
↑大体合ってた(かもしれない)
最終回に落ちる赤いのと主人公、と聞くと、まずオーズを思い出してしまうライダー脳。
次回のライダーとのコラボは聞いていたけど、まさか三途の川でのコラボレーションだとは…w
ゴースト、いい感じに軽そうで結構楽しみ!
ボディはムキムキすぎるのは、全身にライトが入ってるから仕方ないらしいけど、それを活かした演出にも期待したいところだな。
しかし今回は映画で見せたワイヤーアクションが無くて残念。
本編では幽霊っぽさを前面に押し出しつつアクションしてほしいものだ。
今回は死人と戦ってたけどもw
にしても、最終回で次回作とコラボって前代未聞だよね。
ウィザードみたいな特別編ならまだわかるけど、こういった形の販促というのは今後にも悪影響を及ぼしかねないので自重してほしいところだが…磐梯山の要請がキツかったのだろうか?

・進ノ介「悪いのは全部人間」
ええ…(ドン引き)
まあそりゃ機械人形のプログラムは人間がやってたけどさぁ…
対ハートとの殴り合いはなんか少年漫画っぽいな~と思ってみてたけど、そこから先の「ハートは人間の言いなりだっただけだから、実行犯でも完全に悪くない!(要約)」って主張はどうかと思っちゃったな。
それって、人間を否定することはおろか、ロイミュードの人間性も完全否定してるってことに、進ノ介は気づかないのだろうか?
人間にプログラムされたことをやってるだけのロイミュードは悪くないって言ってるわけで、それって彼らが獲得しようとしていたプログラム以上の感情は、プログラム制御化のバグでしかない程度の扱いになってるように思うのだが…
ここはまっとうに「お前は罪を犯した。その罪は俺がさばいてやる…だから、ここからやり直せハート。そうすれば、俺たち人間は、きっとお前たちロイミュードと共存できる」っていう、警察官としての立ち位置を保つべきじゃなかったかな。
仮面ライダーで刑事であるという強みを、なぜこういうときに生かせないのだろうか?
あと、進ノ介の台詞はロイヤルウィーを使ってるということもあり、すごく上から目線に感じてしまう。
お前個人の感情を、グローバルフリーズの被害者を含めた人間の感情として話してはいかんやろ、とツッコみたかった。
絶対GF経験した被害者の中には、ロイミュード絶許マンいると思うで。早瀬の現状とか、進ノ介ってどう考えてるんだろう?良くわかんない。まだ完全復活できてないのに。
アレはあくまで「泊進ノ介個人がハートと共存の可能性を見出した」という流れにすべきで、人類がみなロイミュードを受け入れる準備ができた、みたいな口ぶりにするのは違和感ある。
基本的に進ノ介って理論派のように見せかけて感情論者だから、自分の感情を優先して職務をはき違えることが多かった。
最後の最後まで、その癖は治らなかったのだな…と思って、あの台詞はちょっと衝撃的でした。
ハートは単体で見ると凄くいい感じで死んでいったのは良かったと思います。
友情に目覚めたラスボスっぽい死に方でした。いい奴みたいだった。
まあ、これまで友達(ザコロイミュ)大事にしてねーじゃねーか!っていうツッコミは無粋ということで、そこは死に際だし甘めに採点。

あと、「人間は悪い!!」って明言するって、そりゃもう今までの仮面ライダー、っていうかヒーロー全否定並みの暴言だと思うんですけど。そこはフォローしろ。
「人は過ちを犯す。でも、それを正していくことができる!」っていう希望を説いてたのはガオレンジャーだったっけ(直近で見た中では)
同じ人間代表としての言葉でも、描く人間によってこうも違うんだな、というのをまざまざと見せつけられました。
さようなら三条先生。もう二度と三条先生の思い描くヒーロー像を素晴らしいと思うことはないでしょう。(Wは好きだけど)

・結局ベルトの秘密ってなんやったんや!
地の底に沈むシステムを作ってたこと???
またまたぁ~、どうせ映画でご復活なさるんでしょ?と、ついつい思ってしまう大人の汚さのせいで、素直に感動できなかった…すまないw
でも妥当な展開でよかったです。
ほとんど活躍してない上にあまり絡みのなかったデコトラとか、もっと現さんと絡ませておけばよかったのに…他のシフトカーも。
そのへんはもったいなかったですけど、シーン的にはいいシーンだったと思います。
刑事=敬礼ネタは鉄板だなあ。
にしても結局、進ノ介の持ってるライダーとしての資質ってなんだったんだろ?
それはきっと、永遠に闇の中なんですね。

・チェイスの元ネタ
最後の最後に現さんが究ちゃんのぬいぐるみ投げてて評価が下がるというオチw
それはさ、ほら、1年間やってきた仲間だし、究ちゃんに(さみしさを紛らわせるために)投げつけてやるとかでいいじゃない!って思ったんだが。
あと、最後まで進ノ介のさぼりぐせって治らなかったのね…

チェイスの元ネタ=狩野 洸一
一体どこでコピーをしたのか、そもそも「敵の警察官をコピーした」とか言ってるけど、警官が敵じゃなかったプロトの時は人間をコピーしていなかったのか、その辺は一切謎に包まれたままであった…
想像するに、プロトの時は000ナンバーのまま→ハートたちの改造→警官をコピー→チェイサーとして活躍なのだろう。
一体チェイスは狩野の何に惹かれて同期したのか…しかし、狩野の記憶まではコピーしてないところを見るに、不完全な動機だったのかもしれん。よくわからん。

初対面の相手に「お前友達いないだろ」「俺が友達になってやるよ」っていう進ノ介がウザすぎるwww
狩野の紋切り型の台詞につい笑いだす二人→狩野「なんだ、何がおかしい」→進「いや、お前にあまりにも似たやつがいてな…良かったら、俺と友達になってくれないか」→狩野「は?何を…」→進「頼むよ」→狩野「…まあいい。勝手にしろ。お前の名前は覚えておいてやる。泊進ノ介」
みたいな雰囲気で下手に出てほしかったYO!
サービスみたいなもんだから別にどっちでもいいけど、進ノ介の態度がすごい上からで気にかかった。あんたそっくりさんは知ってても、狩野には初対面だろ!社会人の礼儀、礼儀!

・剛の本音?
ハーレー博士と一緒に旅する剛。
「血はつながってなくても、本当に心配してくれるのが家族」って台詞は、霧子を皮肉っているのだろうかw
でも、なんだかんだで剛が明るい笑顔で終われたことは良かった。
剛…強くイ㌔。

・その後の特状課
ノーベル賞とか副総監とか、フォーゼのユウキ並みにドン引くテロップは止めてほしかった…
フォーゼの時もユウキが若くして宇宙飛行士になった~とかも、作中での能力と全くかみ合ってなくて(学力とか努力の模様とか)、宇宙飛行士舐めすぎだろってゾッとしたのに…
「今度はノーベル賞狙っちゃおっかな~」「先生ならそれもありかもな!」とかそういう台詞で誤魔化して欲しかった。明言せんでも。
個人的に直近の将来以外を明言するラストってそんなに好きじゃないから複雑でした。
ゴーオンとかオーズのラストみたいな「みんなこういう仕事に戻りました~」っていうのはいいんだけど、それ以上の「仕事による成果」みたいなのを終わりで表現するのは微妙。キャラの可能性を潰すし…
文字だと軽く出来る分、しっかり考えてやらないと駄目な部分だと思う。
みんな成功しました!っていう喧伝が、いやに厨二病っぽさを感じてしまって、私はちょっと好きじゃない演出でした。

・終わりに際して
途中まではまぁまぁ面白く見てました。
乗り切れないな~と思ってたけど、072回とか明確な悪が存在してて好きだったし、敵も結構面白い奴らだったし、刑事でライダーっていう取り組みも、乗り物が車っていう新鮮さも期待してました。
でも最終的にはキョウリュウジャーで感じていた違和感が、さらに大きくなっただけで終わりました。
私は大森Pと三条さんの作品には、大きく変化が訪れない限り期待できないという判断を下しています。二作目でもっと悪くなるとは思いませんでした。

無心で見れば、また続けてみれば、ちょっとした矛盾に気づかなければ、きっと楽しく見られる物語だったと思います。
私は途中で色々と考えてしまって駄目でした。
楽しんでいる方に水を差すような感想になってしまい、私も心苦しいところはありましたし、途中まで色々と考えて迷っていた部分もありました。
保険のようでみっともないですが、それぞれの楽しみ方を見出していくことが物語に対して誠実な姿勢だと思いますので、これも一つの視方なのだということをご理解いただき、まずは一つの終了とさせていただきます。


最後に、スタッフの皆さん、役者の皆さん、一年間お疲れ様でした。
なんだかんだで一年、色々と楽しませていただきました。
次回の特別編、楽しみにしてます!!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">