とうとうバラノイアの地球侵略!からの再起!!
歴代でも相当な強さでオーレンジャーたちを追い詰めたバラノイアに、立ち向かえ、戦え、勝利せよオーレンジャー!

ここにきて超力っていうのは結局根性論だったというざっくりとした結論、嫌いじゃないわ!!
結局、戦隊の良し悪しって「人の心の強さや絆が力になる」っていう、ご都合主義とか綺麗事とか言われそうなことを、真っ当に実直に描けたかどうかなんじゃないかなーと思うんだよな。
そういう点では、オーレンジャーは戦隊として立派だったと思う。
ご都合の一つや二つ、そんなもんの前にはぶっとんじまわぁ!

<続く>
・いきなり大試練
アツゥイ!!!燃やしすぎィ!!
隊長の「諦めるな」という根性論は立派だけど、あまりの暑さに倒れていくメンバーもむべなるかな。
しかし、ここがバラノイア製マクー空間だというのか…
予想外の事態だったろうにキンピラ対策までしているとは、実際ブルドント有能すぎね?

・ドリンの世界
超力の里キター!!!ドリンいっぱいいたー!!!
文言通り、本当にドリンがいっぱいいるんだなw
これと似たようなものを「グランディア」の星の本棚的な場所で見たわ…
地球を守っていたドリンは死んだように思ったが、弱っただけで一応生きてるのか。
超力は地球の力、それを安定させるのがドリン、そして超力を呼び覚ますのが人の心っていう関係性なのかね。

・コンクリートジャングル
戻ってきたら廃墟のように静まった街…って結構ホラー。
しかしキンピラで堂々と帰ってくるのかw
本当にたんに里帰りだったのは尺の都合かね。なんか特訓でもするのかとばかり思っていたのだが。

・完成予想図←× 完成←○
デカい基地キター!絵じゃねーか!!!(禁句)
半年でこれを建てるバラノイアの技術も相当なものだ。
人間狩りだぁー!!!!からのレジスタンスキター!!!
なんかもう展開がいい意味で終盤じゃねえwwwこれなんて言うネガの世界?
個人的にはレジスタンスとして活躍していたオーレンジャーたちも見てみたかったのだが、子供向けじゃない展開だからこの辺サクサク終わらせたのかもしれん。

・朝ドラ並みの時間経過
半年も経ってたwそのうえブルピーとマルピーに子供もできてたwww
マルピーとブルピーは相変わらず仲良しやなwなんて微笑ましいw
それにしても孫を産んでってどうやって…??と疑問が残るが、もしかしたらお互いのパーツを一部ベースにして作ってるとか。わかんないけど。
しかし、普通に真っ当な家族を更生してるなぁ。
ヒステリアもすっかり丸くなったし。
人間を支配しようというよくさえなければ、ごく普通の家庭にしか見えんw

・参謀長!生きとったんかワレ!!(想定内)
むしろ死んでた方が衝撃的だったw
うーむ、しかしとんでもない展開だよなぁ…
オーレンジャーからすれば、一瞬のうちに地球征服されちゃってるし。
こんな逆境でも地球を取り戻してみせる、っていうオーレンジャーのくじけない心は素晴らしい。

・敵の内情は把握済
ミキオ君キター!!と思ったらスパイだった!!
リキもしばらく見ないうちにより一層強くなったのか。
しかし、オーレンジャーが帰ってくると見るや基地を潰しにかかる&人質で身動きできなくさせるこの有能さよ…
あえて敵を泳がせてガス抜き(レジスタンス)させつつ、いつでも潰せる用意もしておくとは。
オーレンジャーがいなければ地球が征服されてしまうというのも無理がないレベルの有能ぶりだ。
地球征服をお題目に掲げる悪の組織は見習うべきだなw
にしても、参謀長はオーレンジャーいなくなったらアオレンジャーに変身してそうだwいや、V3かビッグワンかズバットかもしれんが(多い

・久々タコンパス
おひさー!変形ギミックいいなぁ。
隊長たちに変身能力がないのにわざわざトップが出張ってくるというのが、それまでの経緯によるオーレンジャーへの警戒の高さを感じさせるな。
あの展開はブルドントたちがオーレンジャーを侮っているとも見られがちだけど、部下に任せず自ら出ていき、人質まで取って実際に割と本気で戦ってる状況だから、ブルドントたちのやってたことは悪の組織として正解だと思う。
超力さえ復活しなければ、多分バラノイアが勝ってただろうな。

・心の強さ
隊長ーーーー!!!斬られたーーーーー!!(でもそのあと影響なかった件)
オーレンジャーであるということは、変身ができるということじゃない…これはどの戦隊でもそうなのかもしれないけど、やっぱりこれが一番大事なんじゃないかな。
戦隊の一番のキモはこの絆と心の強さなんだよね。
これがないと、やっぱり戦隊は戦隊じゃないように感じてしまうな。

・復活!オーレ!
オーレンジャー復活した―!!!
こういうご都合主義なら大歓迎だぜ!!
本当に何が起きたのか、ブルドントじゃなくてもツッコミたいw
でも、これが超力なんだよなぁ。
乱戦アクション気合入ってて感動したw。
なぜかリキとの戦いにインしてくる参謀長www
いやアンタ一般人やろwなにリキ(変身後)と肩ならべとんねんwww

・超力とは
超力は宇宙の力の根源=神の力であり、超力を抱いた惑星=地球であり、人や自然はその超力の力によって護られている。
その超力を安定させるカギがドリンであり、その力を人が利用できるようにしたのがクリスタルであり、オーレンジャーはクリスタルによって変身する。
この構図をぶち破るのが人の想いである…というのが最大のキモだったんじゃないかと思う。
今回オーレンジャーが変身できたのは、そりゃあご都合主義でもあるんだけど、ドリンという安定装置がなくとも、超力が「人」そのものに力を与えることを許したっていうことなのかなと。
それはドリンという管理者を介してしか与えられなかった力を、人が持っても問題ないと超力が判断した(人格はあるかどうかともかく)ということで、人が超力に認められたとも取れる。
要はアギト的な進化論が一連の流れに組み込まれてるわけで、こういうテーマは普遍的だけど、やっぱ人類の未来を感じさせてくれるのでいいなぁと思ってしまいます。


このエンディングも見納めか…名曲だった。
そして次週、最終回!もはやここまでくれば言葉は要るまい。
気合の入った最終戦、楽しみにしています!


※おしらせ
「東映ニコニコおふぃしゃる」金曜日放送分についての感想は、次回カーレンジャー(予定)以降の更新予定はありません。
(順番通りであれば、放送予定がすでに感想を書いた作品のため)
カーレンジャーの感想は書いていないのですが、多分私の筆力では感想が書けないと判断したため、皆さんと一緒に見て楽しむにとどめたいと思います。
多分放送予定?なので、浦沢ワールド楽しみにしています!
(別の作品だったらスマン!)




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">