最終回かあ~…寂しくなるな…
なんだかんだでリアルタイムでは途中までしか見てなくて、初めてちゃんと見ることが出来ました。
前評判だとテコ入れが激しい戦隊って聞いてたけど、通して観たらそんなに違和感はない作品だったかな。
なんだかんだでちゃんと戦隊ヒーローだったし。脚本勢めっちゃ豪華だったし。
昭和のかほりを残しつつ、周年記念らしく力の入った戦隊だったと思います。

<続く>
・鉄板アンド鉄板
先週から継続して戦ってたんだな、そういえば。
冒頭の戦闘シーンも力入りまくりだわー!
推され気味のヒステリアとブルドント、赤ちゃんを人質に!!
赤ちゃんを人質にするとは…なんというお手本通りに外道な行動!
自分の赤ちゃんをかわいがってたシーン(先週)とまた対比的な行動で面白いなあ。
ブルドントたちの戦いぶりに、彼らを心配するヒステリアがまた切ない。
ヒステリアは孫ができて丸くなったなぁ…

・約束は破るためにある
約束を守らないところも悪の組織らしい展開だね。なんてテッパンな行動なんだw
命の大切さを軽んじるカイザーブルドントが、親の愛で生まれ変わっているというのがまた皮肉が効いてるんだよなぁ。
そんなブルドントに対して、命の大切さを身をもって証明するオーレンジャー。
生身での人質救出は熱かった。
例え生身で、傷ついても、守らなければならない命のために戦う、それが正義のヒーローってもんだよな!

・ラスト名乗り
名乗りの気合いが凄いw音割れそうなぐらいの気迫w
ダイナマイトアタック久々ー!
この気迫を乗せたダイナマイトアタックなら、そりゃあブルドントたちにも効くだろうな!

・セルフ巨大化
巨大化したー!最後なのにアチャコチャいらなかったw
オーレンジャーがロボ久しぶりすぎて感動すら覚える。
相変わらずのコックピットの狭さ、安心するわぁ。

・ロボ救出劇
オーブロッカーを助けに行くんだ←まさかのキングと参謀長(生身)
参謀長強すぎィ!!!!いやアンタ生身やろ!!!w
ロボ質の救出ってだけでも異色なのに、さらに参謀長がバーロ兵と渡りあっててワロタwなんだこの最終回wただの宮内祭やんけw

・知っているのか参謀長!(定期)
謎の壁の能力を一発で見破るとは…流石参謀長、文武両道。
ちゃんとバリア機能もついてる!と思ったら、アレはアチャコチャの手動バリアだったのね。
流石に参謀長もあれだけ囲まれると打つ手が…と思ったら、まさかのガンマジンキター!!
ガンマジンって困った人のところに現れるスタイルだったっけ?と疑問には思うが、この際いいかもうw(前回もだったし)
参謀長のパワーはガンマジンの詠唱までもチャラにするというチートっぷり。
さすが、強い者同士は心が通じ合ってますな!

・反撃開始!
ロボ復活したー!!!
っていうか、中身入ってないのに動いてたwオートコントロールできるのか。
ぶっちゃけ一瞬「中に参謀長がいるのでは…?」と思ってしまった。流石にそれはなかったが。
ロボ戦もスピーディーで迫力あるわぁ。
またラブラブ天驚拳w好きだなこのネタw

・唐突な愛否定(ラブラブ天驚拳後)
お前らさっき愛を語ってたやないか!とついツッコミ。
なんだかんだで愛を否定しながらも、マルチーワとの愛はしっかり見せてるところが矛盾してて面白い。
思えば、バラノイアの存在は最初から矛盾だらけだった。自己矛盾から目をそらして他人を攻撃するというのは、実に人間的だったと思う。
そうしなければ自分たちの矛盾を肯定できなかった、というのもあるかもしれない。
OPの「涙を知らない冷たいハート、心を持たないマシン獣」っていうのは、ある意味人間側が「道具」としてしか見ない、都合のいい解釈をした文言ではあるのかも(実際にやってることは悪いからそれも間違ってないけど)
体は機械でも、結局心は創造主である人間に似通ってしまったというのが、バラノイアの悲劇なのかもしれないな。

・全員集合
まさかのタックルボーイキター!!
そしてお久し!オーレンジャーロボキンピラ合体!!
正義執行wwwこれは完全にオーバーキルですわ…
リア充爆発したー!!!でもなんかちょっと悲しい!!!

・機械の愛
乗り込んでいった宮殿で、まさかの命乞い!
あの子供、罪はないけど因果はあるんだよねぇ…昌平や裕司のセリフもまた正論。
でも、無抵抗の赤子を撃てないという隊長たちの思いも正しい。
難しいところだ…
子供を頼んで自爆するヒステリア、これはオーレンジャーたちに対しての圧力とも取れるし、自身の贖罪とも取れるし、子供に対しての覚悟とも取れる。
自分が死ななければ子供が生き延びられないと判断したんだろうけど、壮絶な最期だよな…
なんだかんだで、バッカスフンドもヒステリアも子供のために死んだなぁ。
最後の最後に機械にも心があったという、共存の可能性を見出した終わり方だったね。
それこそ6億年前にボタンを掛け違えなければ、バラノイアたちと人間は共存できたのかもしれないな。

・オーレンジャーの使命
地球と自然を取り戻すことか~。
なんか参謀長が言うと説得力あるな。何度も地球の危機を救ってきた人だもの。
あの赤ちゃんはガンマジンが育てるのかw大丈夫かなw頑固な子にならなければいいのだが…w
とおもったらアチャコチャも管理対象www
まあ永遠の命を持っている者同士、通じるところはあるかもしれない。
いつの日かブルドントとマルチーワの子供が、人間たちのために奮闘するのかね?
しかし、ガンマジンとは一体何だったのだろうか…不思議な存在だった。
人を救い、そして最後にはバラノイアをも救ったという意味では、まさに神だったかね。

・超力よ永遠に
ドリン蘇ったー!!!!リア充復活w
地球に超力が戻ったからドリンも復活したってことか。
結局超力というのは、宇宙から分け与えられた神秘の力だったってことなのかね。
人が努力を怠らず、超力に愛されている限り、地球も、オーレンジャーたちにもきっと明るい未来が待っているだろう。
EDのクリスタルスカイが心にしみる…ありがとうオーレンジャー!


周年記念作品ということで、アクションもスタッフも豪華な作品でした。
操演は本当に素晴らしいシーンが多かった。
ハード路線からコミカル路線、ロボットや武器の乱発、昭和のオマージュ等々、いろんなものが盛り込まれすぎてた気もしますが、今は亡き軍隊設定の面白味を感じさせてくれる作品だったと思います。
リアルタイムでは途中から見なくなってしまいましたが、改めて見直すことができてよかったです。
一年間、お疲れ様でした!オーレ!オーレンジャー!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">