爺さん…ウッ
なんだかんだでいい爺さんだったんだなと、皆へあてたメッセージのシーンで思ってしまった。
力のせいで生きながらえるというのも、辛いものだな。

泣いても笑っても次週、ラストバトル!!
モエテキター!!

<続く>
・三世代ワッショイ
三世代アクションキター!親父が予想外に強くてワロタw
映画を見て思ったけど、改めてニンニンジャーはアクションの見応えが凄いと思う。
親子三世代必殺もなかなか良かった。
ただあの攻撃をしのぐ牙鬼は、確かに戦国最強でもおかしくないなw

・終わりの手裏剣
じいさーーーーーーーん!!!!
背後から九衛門にやられるとは…
うすうすわかってはいたけど、やっぱり好天爺さんの正体は終わりの手裏剣だったんだな。
「ワシを倒してラストニンジャになれ」というのは、本当に文言通りの意味だった。
でも、あんなにあっさり消えるとは思わなかったよ…多分もう限界だったんだろうけど、それにしたってあっさり過ぎる。。
あの無情さがリアルといえばリアルだったなぁ。
終わりの手裏剣を奪われ、爺さんを殺され、九衛門の思い通りに事が運び、天晴達が打ちひしがれるのも無理はない。
絶望に沈む天晴をみたくないと、絶望から目をそらしたくなる八雲の気持ちもわからなくはない。
いい加減でお調子者の爺さんだったけど、みんなの目標だったんだもんな。
爺さんが背負っていたものの重さがここにきて一気にわかってしまったから、余計に辛いだろうなぁ…

・三つの袋
「困ったときに開けるべし」ってどこの孔明だよ!
まさかここまで予見して仕込んでいたとは…爺さん恐るべし。
結局、天晴達は爺さんと違う形でのラストニンジャを目指すって方向に落ち着いたけど、終始爺さんから背中を押されていたともいえる。
この辺はちょっとマジレンジャーっぽい家族関係というべきか…ゴーゴーファイブとはまた違う家族の解釈って感じかなーとふと。

・カチコミじゃあああああ!!!
もうここまで来たら理屈抜きでぶつかるしかねえ!
しかし、人間大での戦いはわかるけど、ロボまでぶっこんでくるとは思わなかったw
正に総力戦だな!

・赤いキツネと
青色の狐になっちゃったよ!!
終わりの手裏剣でパワーアップした九衛門、強そうになったなぁ。
それにしても、爺さんと九衛門の出会いは曖昧なまま終わってしまったような気が…
再登場したカラクリキュウビが3倍速くなってそうなカラーリングになってるw
これはw強そうw
でもせっかくだし緑の狸ロボ欲しかったわ…!

・雑な幹部処理
再生しても蛾眉さんはカマセだった件について小一時間(ry
まあ天晴が倒した蛾眉を八雲が倒すことで八雲自身の成長を感じさせるものではあったが、再生したのが不思議なぐらい見せ場がなかったようなw
有明の方もあんなざっくりした処理になるとは思わなかったわ…!
ある意味、単なる賑やかしに終わったというかなんというか…
もったいない処理だったように思うけど、もうここまで引っ張ったらどうしようもないもんなぁ。

・6人の忍者と1人の親父
爺さん、意外にちゃんと6人を見てたんだな。
それぞれの良さをきちんと見てくれていたという点で、爺さんはラストニンジャの前に一人の立派な「祖父」としての役割を果たしていたのかもしれない。
それぞれの持てる技能を活かしつくし、ラストニンジャから新たな忍者道を託される6人のシーンは結構感動的だった。
人知れず苦労してきた旋風パパにもねぎらいの言葉があったのが良かったな。
忍者の家に生まれたが故に苦労したこともあったと思うけど、次世代を見守ることができるというのは救いだったのかもしれないね。

・終わりの手裏剣発動
一杯ヒャッカラゲが湧いたw剣のラストバトル前状態www
終わりの手裏剣のせいで変身もできなくなったということは、終わりの手裏剣は自身以外の忍タリティを奪うって機能もあるのかな?
最終回前に変身できない展開は熱い展開だけど、あれだけのパワーの前に天晴達は勝つことができるだろうか?心配だ。


次週、最終回!
色々といいたいことはあるけど、それはそれ、これはこれ!
一年間の集大成でもある天晴達忍者の戦いぶりを、とくと観たいと思います。





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





スポンサードリンク
スポンサードリンク