アデル死す!!!

知ってるようで何も知らなかったり、世界中がアデル顔になったり、シリアスなはずなのにどこかポンコツで威厳がなかったアデル。
個人的には前回、今回のアデルが好きでした。

<続く


・展開早すぎィ!!
偽マコトが再登場→アランたこ焼き屋へ→おっちゃんワープホール作成→偽マコト本物が入れ替わってドンパチ→アランが一人で眼魔世界へ乗り込む→追っかけてタケルたちも眼魔世界へ→アラン自爆未遂→マコト死す&復活→アデル改心→アデル乗っ取られる→アデル死ぬ→グレートアイが実体化(ここまで1日)
って展開詰め込みすぎ!!!
とんでもないスピードで処理される様々な事案が衝撃的でした。
うーむ、これもうちょっとどうにかできなかったものだろうか…
要素自体は全部悪くないのに、ここで一気にやることじゃないような気もする。
ただ、どういう道筋を通ってここに帰結させたかったのかというのはわかった。
解る分、ちゃんとそれまでを描かないと駄目なんだよ…とがっくりしてしまったが。
個人的には、ゴーストは素材も調理方法も悪くないのに、料理人のセンスが良くないというとしっくりくるかな…
鎧武は調理方法も料理人も下手にこじらせた素人だった印象だし、ドライブはレンチン料理人が調理の仕方を間違えていた感じ。
ウィザードは料理人が作った精進料理で、フォーゼはショッピングモールのバイキングな感じだった。
なので、ただただ惜しいとしか言いようがない。絶対もっと面白くなった素材だったのになあ。

・結局偽マコトの意味は?
1.ガンマイザーのバックアップ
2.天空寺メンバーの内部攪乱
3.別れのシーン用
この3点が主な意味だったんだと思いますが、ディープとの関わりがもう少しはっきりしてれば印象が違ったのに…
作中でちょこちょこ言われてたんですが、手にした時点(もしくはもう少し後)で、「DS眼魂はとてつもない力を秘めているけど、その力はガンマイザー由来だから気をつけろ(実際には違うかもしれんが」とか明言してほしかった。
あと内部攪乱するにしても引っ張った割にあっさりだったので、もっと危機感のある展開になってたら良かったのになあ。もっと前から偽物と本物が入れ替わるとか。
別れのシーンは、先週「偽物が死ぬんだろうなぁ」と思ってたら「本物の方かよ!!」っていう衝撃がありました。まさか偽物と本物のマコトにーちゃんが一つになるとはw
これはガンマイザーが「一つの可能性」と言っていたように、感情を学びすぎた結果、力として意思を持たない状態を脱却した=人になったってことじゃないかと思います。
ガンマイザーの方はアデルに影響されたせいで、力そのものでありながら力に固執する存在と化したけど、偽マコトは仲間のおかげで正しい感情を学んだというか…
ここのシーン、良かったんですがもっと偽物とちゃんとした交流があればさらによくなったのに…惜しい。

・それは「愛」
結局、イゴールのアカリへの感情は愛だったのかw間違うことなく本物のドMだったwww
まさかあのビンタが伏線だったとは…(たぶん後付けだけど)
でもまだ眼魂だから、イゴールは死んでも生き返れるんですよね。
最終回で一体どんな立ち位置にいるのか気になります。

・誰やお前!!
フレイとフレイヤってガンマイザーの意思?なのかと思ってたら、まさかのとりこまれるオチ。
お前ら一体何者だったんだよ!
噂では45眼魂のDVDを見ても何が何やらだったらしいのですが、これこそまさに神のみぞ知るということなのだろうか…
ラスボスの素体になるぐらいなら、もうちょっと本編でもからめておいてほしかったなあ。映画にも出てこんし。

・眼魔界の解釈
今までの描写を総合すると
・弥生時代あたり?にモノリスを拝んでいた一族(集落)がいた
・モノリスがアドニスの願いを聞き入れ、別世界を作った=眼魔世界
・人々はグレートアイの恩恵を受けて文明開化した
・アドニスの妻が死ぬ
・アドニスはイーディスとともに眼魂システムを開発した
という印象でした。
元々はタケルたちの世界と同じ世界の人間だったと解釈して良さそう?(セリフ的に)
そういう設定ならアルゴスとアリア、アデルは人だった生活の記憶をしっかり持っていて、アランは眼魂化した世界しかほぼ知らない(死に対して理解が浅い)という設定でも面白かった気がします。
その方がより差別化できたんじゃないかなーと思ったり。

・ラスト1日
ここにピークを持ってきたい気持ちはわかるけど、それならそれでもっとタイムスケジュールをタイトに組まないと駄目。
まくってまくって帳尻合わせするのは一番の愚策だと思う。
まあ実生活だとそんな感じだけど、創作物でそれやっちゃだめよ。
9ヶ月で3か月を描くわけだから、もっとどうにかなっただろうに…
いっそのこと、闘魂の時点でラスト99日~とおもっていたら99日を過ぎてもグレイトフルのおかげで生き延びる→ムゲンになった時点でもはや死ぬか生きるか不明に、でもよかった。
どうせ仙人には何もわかってなかったんだし、最初以降の99日縛りはいらんかったんとちゃうか?

・英雄活躍しなさすぎ問題
思うに、ガンマイザーを倒すのは英雄眼魂=グレイトフル魂でよかったと思う。
アデルを倒すためにムゲンがいる方が良かった。ムゲンの誕生自体は許す。
そもそもガンマイザーを倒すために英雄眼魂を集めるという目標だったのだから、それは完遂すべきだったね。
3クール目まででガンマイザー撃破→グレートアイとアデルが繋がる(タケルの願いはアデルに妨害されて叶わず)=アデルが人間らしさを捨てる→タケルはムゲンという感情の力を手に入れることで、アデルに人間らしさを取り戻す事が目標となる
というような流れでもよかったのではないだろうか。せっかくムゲンが「感情」という、アデルに失われた(というより暴走していた)ものをベースにしてたわけだし。
そうなれば英雄たち無用問題も解決するし…
そもそもの問題はガンマイザーに英雄が太刀打ちできない、と明言しちゃったことなのよね。
そうじゃなくて、英雄たちはガンマイザーと同等であってほしかった。
作中の7割ぐらいを占めた英雄関係が最終回で意味なくなるとか悲しすぎる。
このあたりの采配は下手くそだったなぁと思わざるを得ないな…


とか言いつつ、カノンちゃんのまさかの雄姿とかイゴールの最期とか、偽マコトの最期辺りなんかは結構楽しんでました。アデルの最期も悪くなかった。あと御成強い。
最終回までにだいぶ問題点は掘り起ししてる気がしますが、終わったら1から考察し直してみたいと思います。





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





スポンサードリンク
スポンサードリンク