医者ドラマ唐突過ぎワロタw


<お知らせ>
エグゼイドの感想は今後、クールごとや終了時など節目にのみ更新といたします。
楽しく感想が書けそうになったら通常更新に変更します。

<続く>


・唐突な医療ドラマテイスト
医療ドラマに見えて医療ドラマじゃない、というのは、争点が同じに見えて違うから?
永夢は「犯罪者を治療するか否か」について問うているのに対し、飛彩は「対象の人格如何に関わらずガシャットを優先すべき」という発想だからではないか?と感じる。
永夢が医者として最低限の治療行為を優先すべきと提案しているのに、その提案を「研修医だから」と却下するって…もはや医者である定義が良くわからん。
そもそも医者として対立してるのかなこれ……
飛彩とぶつかるなら、10話位きっちり医者に関するスタンスの違い→それによる軋轢を描いてからじゃないと、物凄く唐突になると思う(というかなってた)
飛彩がキレるほど永夢と関わってないんだよなぁ、今まで…飛彩は3話以降大我にかかりっきりだった印象しかない。
ここからの「君は水晶のようだな~」みたいな流れを見て、もう無理だなーって思ってしまった。
あと5話でアスナ=ポッピーの人格変化の壁が緩くなってたのはなぜに?
ナースとクラウンの格好を分けてるのか意味が無くなってるじゃん。ポッピーが素だからなんだろうけど、これならスマートレディみたいな方が良かったな…
アスナの姿はあくまで外出時に目立たない格好ってことなわけで、ポッピー状態をメインにするなら、変わった衣装でもおかしくない状態にしとけばよかったんじゃないかしら。
病院のイメージキャラクターみたいなポジションというか…
まあ単にあの演技が結構見ててキツイというだけなんですけども。


結局、感情とか展開とかの整合性より、いい雰囲気のシーンをぶち込むことを優先してるから、シーンごとに見るといい部分もあるけど基礎がガタガタになってる気がする。
ドラマは登場人物の感情の推移を感じながら見るのが普通だと思っているのだが、私は5話の時点でそれについていていけない。
悪いところばっかりじゃないし、いいところもたくさんあるんだけど、流れが理解できないと感想が書けない。
ということで、一旦感想は保留します。すみません。


視聴自体は脱落しないので、感想が書けるようになったらまた書き始めたいと思います。




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





スポンサードリンク
スポンサードリンク