※遅くなりましたが10話時点の感想です

ぼんやりしてるうちにもう10話かー!一応見てましたが。
きちんと理解できてるかどうか謎な部分もあるけど、一応今回で序盤が終わったってことなんでしょうね。

あと誰も言ってなかった気がするから言いたい。
絶対にグラファイトの衣装は映司君とアンクの流用だと…!!
(違ったらごめん)

<続く>

・グラファイトさんオールアップ
早!!!気の毒に…
まぁスーツのボディカラーを黒塗りにされた時点でうすうす気づいてはいましたが…
強敵かつラスボスっぽい雰囲気を出しながら、さして言うほどでもなかったという、ある意味拍子抜けのキャラだったかもしんない。
まさか前作でいうところの西園寺枠だとは思わなかった。
因縁はもう消化されちゃったし、居る意味ないもんねしょうがないね。
それにしても飛彩との因縁はあっさりだったな。もっと引っ張っても良かったのに。
もしかしたら復活でワンチャンあるのかも?

・協力☆ミャハ
「いがみ合ってるけど…協力してるみたい☆」みたいな流れでしたけど、本当にガチいがみ合いの超コンビネーションの一例(555&913)を知ってる身からすると「お、おう」って感じだった。
「敵の敵は味方」がやりたかったんだろうなと。
でもなんか全員よくわからん理由で対立してるので、ただゴネて上手くいってないだけのような気もするんだよな。
もっとちゃんとお互いのスタンスを明確にすれば「対立」と「協力」のカタルシスがあると思うんだけど。
グダグダ感あるんじゃないかなーと思う。気がする。
なんだろうこのモヤッと感。

・キャラのイメージ
永夢→ゲーオタ、研修医、キャラ変、未熟、不安定、突発的にキレる感
飛彩→甘党(因縁あり)、クール、人を小ばかにしてる感、その割にヘタレ
大我→アナザーアギト厨、謎の出現率、株?やってる、小者、しょっぱい
貴利矢→うそつき、頭よさそうなのに頭悪い行動、本筋に絡みきれてない
社長→伊藤英明にしか見えない、これから巻き返せるか?
ポッピー→キャラがキツイ、サポートとして役立ってない、立ち位置微妙
花丸→いなくても成立する
パラド→ただようKPOPアイドル臭…!

そうは言いつつも一番貴利矢がマトモかなと思っている私。
うそつきだけど時々行動に嘘がつけていない(頭悪い行動をしてしまう)あたりが人の好さを感じるので。
貴利矢は特に何の利点にもならない嘘をついているというところが頭が悪い感じがするのがね…草加さん並みの手練手管とは言わんが、ある程度嘘をつくなら自分に利する嘘で場をかき回すぐらいはしてほしい。
(毎回嘘をついては訂正する、若しくは嘘をついて立場を悪くしてるあたりがちょっと)
逆にいうとそれが出来てないから、貴利矢は根っからのワルじゃないんだろうなと推測できるのだが、それならいっそのこと場を回すキャラに徹しても良かったんじゃないかなぁ。手塚とか啓太郎みたいな…
もしくは、ゼロデイからガシャット誕生の秘密に迫る探偵パートを主に担当するライダーだったほうが活躍できたかも?

永夢と飛彩の対立は、理由が「患者に寄り添わない医者が許せない⇔研修医風情が口出しするな」っていうのがねー。
実際問題研修医で経験不足は下に見られても仕方ないのに、医者としてすでに実績のある飛彩のやり方を頭から否定し続けてる感がちらほら見えちゃうのは良くない。
どっかでそこを「自分よりは実力があるけどあなたのできないことを僕ならやれる」みたいな気持ちに切り替えるポイントがあったらよかったんだが(実際あった気がする)、いまだに上手く切り替えられてないように感じる。
飛彩も永夢に助けてもらった時点で「俺にはないものがアイツにはある」と一定の尊敬を永夢に持っててもいいのに、そういうの無さそうだし。
理想的なのはやっぱ真司と蓮みたいなお互いの違いで反発しつつも認め合う感じなんだけどね。
10話まででそういう流れに持っていこうとしていたのは感じた。その片鱗が見えたような気がしたのに無かったような気がする曖昧さは問題なのかも。

大我はレベル2の時に手柄をかすめてるあたり、しょっぱいというか小物感が…
今現状ではさしたる手柄がないのと、ガシャットクレクレ厨なので「へー」ぐらいの気持ちしか持てない。
今後の活躍如何によっては化けそうでもあり、想定の範囲内でしか動けないようなら何の魅力も出ない可能性もある危険なキャラだと思う。
ジョーカーといえばジョーカーだが、使いどころを間違えると…って感じ。頑張れ。

ポッピーとアスナはそっくりな別人→終盤で同一人物だったことがわかる、って方がよかったんじゃないかな…
現状ではアスナの時のポッピーモードで言動が痛々しいのと、サポートとしてあまり活躍できてないので、同一人物であることに意味が感じられず失敗だと思う。そもそも人間かどうかすらわからんって謎深すぎる。
その謎がゲーム病等々に深くかかわってなかったらあまり意味がないような…

ヒロインというわけでもなくサポートも二流、そしてコメディパートも微妙って…
つくづく御成は真ヒロインでメンタルのサポートが出来るコメディ担当だったので凄いと思ってしまった。(アカリは終始サポートとして優秀だった。終盤ヒロインとしても優秀だったが)
失って初めてわかる偉大さよ…
アスナは素直にヒロイン枠で、ポッピーがサポート枠なら良かったのに…

カブトみたいに謎のキャラ立ちしてれば話がガタついてもまだ見れるんだけど、それには至らないあたりが惜しい。
下地作りの期間はここまでってことなのかもしれないけど、その下地がちょっと雑な気がしますが大丈夫なんでしょうか…

・潤滑油不足
キバだとジンジンみたいなやつというか…いわゆる潤滑油的キャラ。
エグゼイドにはそういうやつがいないからか、人間関係が潤滑してない。常にギスギスして噛みあってない歯車の様子を見せられている気分。油差そうぜ油!!
ぶっちゃけ衝突回避のクッションみたいなキャラがいてもいいよね。永夢すら割と煽っていくスタイルだし…
ポッピーはそれにすらなれてないからな…いっそ女医でもよかったのかもしれん(パワーバランス的に)
そもそもアイツ看護婦ですらねぇ!のかな?アスナはそのへんも微妙な立ち位置だよね。


なんか文句ばっかり言っちゃったけど、あまり頭を働かせてみてないから正しい感想かどうかわからん。
でも映画のメンバーは悪くなかった。本編は微妙なのになぜ?って思ったんだけど、行動原理が割とはっきりしてたからかも。
映画は地味に大我の株が上がった話だったw

今後販促スケジュールが緩まることで、話が面白くなることを期待しています。




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





スポンサードリンク
スポンサードリンク