「きりやなんですぐしんでしまうん」で公式が炎上w

実際オールアップなの?と疑問に感じるのだが、オールアップじゃなさそう。
ただ、演技の上手い人が一人欠けてしまい、とても残念です。
バイクはどうなるんでしょうか?

<続く>


・貴利矢の功績
…ってなんかあったっけ?と疑問を感じる。
絡んでた要素がほとんど貴利矢抜きでも成立したというのがつらい。
せめてもうちょっと…もうちょっと居た意味を残せたのなら…!

黒ゼイド=社長の正体→見たのに信じてもらえず、最終的に向こうがバラした
永夢の適合手術=一番キモの情報をつかんだものの伝えられず。
バグスターの謎=解けてない

永夢は適合手術は受けてない云々の話を他ライダーに伝えたことが、功績といえば功績かなぁ。
ポジション的には(説明が面倒だから具体例で例えるけど)龍騎の手塚みたいなものだったんですね。
他の具体例だと、ガイムの初瀬、とか555のアルマジロ(木場の元カノの兄貴)の回のモブみたいな。
主人公の動機を強化するためのポジションというか、主人公の心の棘になるポジションだったのだろうと推測します。
信頼云々っていうのも、心のつながりを強くしたあとそれが断ち切られる、という部分に重きを置いていたんでしょうし。

貴利矢の場合、「心の棘」という意味では今後機能しそうだけど、生きてるうちにあまり功績が残せなかったというのは、キャラ的に惜しかったなと思います。
こんなに早く退場なら、もっと何か具体的な功績を残せたらよかったのに…でもまぁ早々に退場すること自体が功績の場合もあるしね(例:龍騎の蟹刑事)
公式で完全オールアップって感じじゃなかったようだし、一時退場で復活するかもしれませんが。
もしかして前年度の死ぬ死ぬ詐欺再びなのだろうか(ゴーストのはもはや持ち芸と化しているが…)

あと、不謹慎厨に文句言われるかもしれないけど、社長を呼び出してガシャットを奪う→そのガシャットで応戦する→大ダメージの流れは、どうしてもアホやんけ!ってツッコんでしまいました。
だってもう…敵対した相手が懐柔するために持って来たアイテムを信頼して使うってどうなん?というか…
貴利矢の素性や特性がばれてなかったり、ガシャットの供給元が社長じゃなくて細工不可能な別のところならまだわかるけど、社長がガシャットを作ってるって知ってて、さらに危ない実験をやってるという前提があってのあれだから…
もっと何手か先を読んだ行動をするのかと思っていました。
ピンチに陥らせるという必要性はわかりますが、もう少し貴利矢の尊厳を守るような形で、どうにかならなかったんでしょうか。


○今回含め今後の感想へのコメントについて
エグゼイドはとりあえず見てるだけなので、コメントをいただいても十二分に返答できません。
どうしても必要のある場合以外は、コメントの返信希望を差し控えていただけると嬉しいです。
本編または感想についての批判、反論、共感等を書き込んでいただくことに対して制限はありません。

今のところ、エグゼイドには最低限必要以上のリソースを割くことがけだるくなっているというのをご理解いただけますと幸いです。
大きく話が動いた場合以外、次回の感想は2クール終わりごろの予定です。




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">