浦沢は天才、はっきりわかんだね。

ある意味で不世出の天才としか言いようがないこのあふれ出る才能www
昔観てたから凄いと思っただけかな?とか思ってたけど、そんなの勘違いだった。
やっぱ今見ても凄いw
本当に面白い、という言葉で表現していいのかわかりませんが、ともかく規格外の特異性のある戦隊でした。
また車戦隊で浦沢カムバックしてくれー!!!ライダーでもいいぞー!!!

※余談
ちなみに後続で始まったメガレンジャーの第一話がマトモすぎてびっくりw ←全部見てる
いやこれが普通だよ?!という意味では、カーレンジャーの罪は重い…!
ついでに、フォーゼよりメガレンジャーのほうが宇宙から見た地球の画作りにリアルを感じてました。
(採光とか雰囲気的な部分で。画的にはフォーゼの方がクリアで現実に近いんだろうし、実際ラビットハッチ周辺の画は凄かったにもかかわらず)
実に不思議ですが…CGとミニチュアの違い?なんですかね?
私のイメージしてる「宇宙」に一番近いのが、メガレンジャーの「宇宙」なのかもしれません。

<続く>


・カーレンジャーのすごさ
一言でいうと「文字で伝えられないことを画で伝える」って部分がデカいのかも。
正直、「ラスボスが腐った芋羊羹で弱体化」「レッドと敵の女幹部が交換日記」なんて字面だけだと意味が解らないのに、ちゃんと本編を見ていると納得できる(ある程度浦沢時空を理解してないと駄目だがw)
カーレンジャーはそういう文字だけでは伝わらない視覚に訴えかける力っていうのが、戦隊シリーズ内でかなり高い方なんじゃないかなと思ったり。
これは脚本の妙をうまい具合に表現する監督や現場の力であり、それを伝えようとする演者の力でもあり、映像化ギリギリの表現をぶち込む脚本の技でもあり、それらすべてがうまくかみ合ったが故に出来上がる、奇跡の映像ともいえるのではないだろうか。
だから実写映像でやったことに意味がある作品だったんじゃないかなと強く思う。
カーレンジャーこそ本当に「観ればわかる」。
逆にいうと観ないとわからないw
ある意味では最も映像の魅力が味わえる作品なんじゃなかろうかと、改めて思いました。

カーレンジャーがギャグなのにちゃんと「戦隊」の良さも保っている部分は、根幹にちゃんと戦隊としての基礎を敷いて描いているからかな。
一般市民のサラリーマンが、ちゃんと地球を守るヒーローになるまでの物語になってる。
主にギャグだけど、かといってヒーロー性を失うことがないのは、等身大のサラリーマンたちの奮闘がきちんと描かれているからじゃないだろうか。
成長あり衝突あり挫折あり逆転勝利ありと、いわゆる戦隊の文法に基づきながら無茶苦茶をするところが本当にいいところでした。
よく言われるのが、カーレンは「ギャグ戦隊」であって「戦隊ギャグ」じゃないってこと。
確かにそうだなぁと納得するのだが、カーレンは世間一般の戦隊のイメージをパロディしたり茶化して笑いを取るということがない(いや取ってたのかもしれないけど、いわゆるパロディギャグではなかった(様な気がする))
あくまで本筋は(薄給サラリーマン)ヒーローが(愉快だけど)手強い敵と(色々斜め上だけど)ガチンコバトルなんだよね。
独自のギャグセンスで、「そういう戦隊」という独自路線に仕立て上げているところが凄い。
戦隊のギャグ回にありがちなシリアスとギャグの比重を間違えたり、戦隊らしさを犠牲にしすぎてグダる事がなかった。
そこの按配をうまく調整できてるところは流石浦沢だなとしか言いようがない。
というか、浦沢はギャグを書こうとしてるわけじゃなく、あくまで彼の中で筋の通った話を書いた結果がああなるだけなのではないか…?アバレとかマトモな話多いし…わからん。
なので、浦沢以外にはカーレンジャーは書けなくても納得なような。
(とか言って脚本だとサブもかなり荒ぶってたけどw)

演者もすごかった。
猿顔の一般市民に丁寧すぎる丁寧語の弟分、関西弁のトラキチに姉貴肌の女メカニック、ちゃっかり者のOLって濃すぎるメンツを、なんら違和感なくやってのけてた。ホンマすごい。
特に実の関西弁はナチュラルすぎて吹くしかなかったwまったく演技を感じさせない自然さwww関西人だからって自然すぎるwww
逆にちょっと芝居がかってる恭介の物言いは要所要所で活きてたし、直樹はその喋りで個性を潰されていなかった。
菜摘と洋子は2割ぐらい女性らしかったけど8割ぐらいは容赦ない女の厳しさが表れてて、女性のいいところも悪いところもリアルに表現できてた。
メイン5人に加え、可愛らしい声でなかなかシビアな部分がギャップだったダップ、シブすぎるせいか謎の説得力のあったVRVマスター、暴走っぷりがなぜか憎めなかったシグナルマン、敵の女幹部でけだるい色気と乙女チックな恋心を演じたゾンネット、終始棒だったことが逆に凄かった市太郎、個性の溢れすぎてる芋丁の旦那、ボーゾックメンバー等々、脇を固める布陣もポテンシャルを最大限に活かしてたからこそ、カーレンジャーという物語は成立したのかもしれない。
なんだかんだで演じてるみんなが上手かったから、謎の説得力が生まれてた…様な気がする。
ギャグをやるなら、演者は上手くないと上手くいかない。
「笑われる」んじゃなくて「笑わせる」演技っていうのを、カーレンジャーはできてたんじゃないかなあ。
当初からしっかり全員そこのツボは抑えてたと思うんだよね。
ついでにアテレコの声質がばらつきのある声質だったのも聞き取りやすくて功を奏した感。男性はもとより、女性が「やや高い」「やや低め」の2種類の声質というのは、なかなかよかった。

見どころはギャグばっかり言われがちだけど、殺陣はカッコいいわロボやマスクや敵味方スーツデザインはイカしてるわ、ミニチュアの操演は神ってるわで、いわゆる特撮部分の見どころもしっかりしていたところが評価の基礎を支えてると思う。
RVロボの合体操演パートは本当にカッコいい。現代でもガチで通用する。激走斬りの決めカットも痺れるほどカッコいい。
サイレンダーもVRVも、カッコよすぎる…by軍平
今でも通用するデザインと操演の数々には驚きながらも痺れてました。
あと、本当にどうでもいいけど「カッコよすぎる…」の元ネタ?がシグナルマンなのには笑ったwお前かよwww

「戦う交通安全」を標榜するだけあって、徹頭徹尾車関連でまとめていたところは高寺Pのこだわりでしょうか?
玩具回りに余計な要素を入れなかったことが玩具のクオリティアップにつながり、作品全体にも統一感が出ていたんじゃないかと思います。
(クルマジックパワーは排ガス対策なのでご愛嬌)
ギャグがカオスでとっ散らかってたような気がするのに、全体を見るとまとまりを感じるのは、モチーフの統一というのが一役買っているように感じました。
とことんまで、確かに「戦う交通安全(時々人身事故)」だったところが、カーレンジャーの強みでしたね。


観終わって思いましたが、カーレンジャーってガンダムでいうところのGガンダムみたいなもんだよなーって思いました。
「ギャグかよ!」ってツッコみたくなる数々の要素を取っ払っていくと、その実結構マトモに戦隊(及びガンダム)してるというか、構成要素はマトモで、肉づけがハチャメチャというか。
(なおGガンダムについては私見なのであしからず。大好きだけどな!!!!)

一年間、一体何を見ていたのか時々わかりませんでしたが、トータルで見るとやっぱり戦隊でした。
まさかゴーカイでその後を見ることができ、ひらパーのショーで完結(未遂)するとはwww
悔しいほどに色んな意味で面白い作品だったと思います。
また折に触れて見直したいですね!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">