ジュウオウジャーが終わってしまった…
ここ最近のオンタイムだとすごく楽しく見られた作品だったので、何ともさみしい気がします。
でも綺麗に終わったから満足でした。
総括というほどでもない感想ですが、全体通してまとめたいと思います。

<続く>


・入念に練られた物語
自分の1話目の感想を読み返して、終わってから抱いている感想がほぼ変わってなかったことに驚きましたw
ともかくよく練り込んであるな、っていう印象は終わった今も変わりません。
端々アラもあるのかもしれないけど、何を描きたいか、それを描くためには何をするべきか、という手順をきちんと踏んでいた作品でした。
その分保守的なセオリー通りの展開になったり、派手さに欠ける部分もあったと思います。
「feel」じゃなくて「think」が必要な作品だったので、流して観るだけだと追いつかない部分もあったかもしれません。
その場その場の瞬発力が楽しみたい人には向いていない作品だったと思います。
でも、視聴者に何を伝えたいのか、ということを1年間見失わずに描き切ったというのはすごいことだったんじゃないかと。
エンタメしつつも王道を貫いて、メッセージ性も見失わなかった。
簡単なようで結構難しいそれを、ジュウオウジャーはやりきったと思います。
都度都度感心しながら見れる作品だったので、理論厨な私の肌に合っていたということかもしれません。
作り手側が伝えたいことを受け止めて、どういうことか考えてアウトプットする、そういう作業が楽しい作品でした。
だからといってキャラクターの心理が置いてけぼりにされるということもなく、キャラを愛し、ストーリーを愛し、制作陣を愛することが出来ました。
40周年記念作ということもあり色々と盛り込むのが大変だったと思いますが、まとまったいい作品でしたね。
オンタイムでこの作品と出会えてよかったです。イベントにも行けて、いろいろ楽しむことができて、充実した一年でした!

・良かったところ
大体全部、という大雑把な評価w
観てればどこがいいかわかると思うので、あえて評価することもないかなと。
とりあえず、テーマがブレなかったのと、物事に筋を通してたところが良かったです。
細かい設定とか、さかのぼれば大体説明されてるところとか。説明がともかく上手かった。
かといって謎は謎のままになってる部分もあるので、今後にも期待してます。
不満点がないわけでもないけど、それが気にならないくらい丁寧だったところが良かったですね!
過去の動物系作品のオマージュなんかも結構あって、ライブマンとか見直すとそういうのにも気づいて面白かったです。
40周年らしい、王道中の王道の作品でしたね。


・愛すべき人々
出てくるキャラみんな好きでした。敵は徹底して敵に徹してましたし、いいキャラ多かったよなって思います。
派手じゃないけど突飛じゃなくて、ちゃんと相手を思いやれる人が多かったと思う。
全体的にやさしい世界でしたよね。
あと、ストーリーの展開やご都合の犠牲になったり、無意味に無能化するキャラがいなかったのが良かったです(敵味方問わず)
誰しもがきちんとした役割を持って、その役割を全うしていたからこそ、物語がしっかりしていたんじゃないでしょうか。

ジュウオウメンバーの中では特にタスクがお気に入りでした。
なんというか不器用でお堅いキャラが、剣君の演技との相乗効果でリアルでしたw
真面目ゆえに面白くなってしまうところも多々ありつつ、でも一番感情が1話目から動いたキャラでもあり、多方面で魅力がありました。
「僕は行かない!」から、「たとえどんな困難が待ち受けていようとも、僕たちはつながることを望んだ。そうだろう?」って言えるキャラになったっていうのが凄い。
ある意味一番心理状態が変化したキャラクターだったかもしれないですね。
(セリフはうろ覚えで申し訳ない)

一方で一番人間として成長したのは操だったと思います。
メンタル最弱だった彼が、最終的には人とジューマンのつながりを説く先頭に立つ、というのはじんときましたね。
最初エクストラプレイヤーとして乱入してきて、仲間になったらなったで面倒くさくて、強いくせに弱いという何とも扱いづらいキャラでしたが、それが故に彼が仲間とのつながりの中で「自分なりの強さ」を獲得していくさまは、親が子を見守るような気持ちで見ることが出来ました。
ジュウオウジャーは「成長」という要素に重きを置かない物語でしたが、きちんと操を通してジューマンや大和の成長物語も描いていたのが良かったと思います。
色んな意味で本当にオイシくてズルいキャラでしたが、操は本当にいいキャラでした。
最初ガリガリだったけど、次第に元の体重に戻ったであろうところもリアルでよかったw

大和は久々?の胃痛系レッドで新鮮でした。
物凄く気を使えるできた人間のようで、その実子供のころの確執を引きずったままという、ある意味アンバランスな存在でしたね。
物凄く他人に配慮できるのに自分のことは棚に上げているせいか、微妙な不安定感が完璧さを打ち消していてよかったです。
優等生という立ち位置は没個性化しやすくて大変だったと思いますが、前と後ろのレッドがツッコミ必須要員なので、常識系レッドの急先鋒として、今後のVSでも活躍を期待しています。
あと本当に演技が良かった。イケメンだし。とても初演技とは思えない。
中尾君のこれからにも期待したいと思います。
ジューマンと人間、二つの異なる種族が繋がるために奔走した大和。
これからも多分胃痛おさまらぬ運命でしょうが、がんばってほしいです。

レオは男前でしたね。顔もだけどメンタルが男前でした。
なんだかんだフェミニストな表裏のない気のいい兄ちゃんってところが好きでした。
いつでも直球勝負で男気を忘れない、そんなレオの分かりやすさは、重い話に立ち止まりがちなメンバーを奮起させる起爆剤でもありました。時々トラブルメーカーだったけどw
ともすればただの乱暴な奴になりそうですが、好感度を損ねず、かといってやんちゃさを失わずの絶妙なバランスは、南羽くんの細やかな表現力のたまものでした。
セラとの決着がつかなかったのは残念ですが、多分Vシネでやるだろうし…

セラは凄くサメっぽかった!人間なのになんで?と思うけど、シャープな顔立ちと切れの良さがサメ感を醸し出していたのが良かったです。
なかなか魚類系女子っていないと思うんですが、いい意味でサメを表現できてたと思います。
男勝りながら、家族想いだったり恋する乙女になったり、一番意外な面がピックアップされたキャラじゃないでしょうか。
「強い女の子」を表現しながらも、等身大の女の子像を見せてくれたのが良かったです。
しかし、ブルーだから理性的かと思いきや、結構脳筋だったのは衝撃的w
レオと張り合うぐらいだから仕方ないのかもしれんが…w

アムはちゃっかり者で小悪魔的ないわゆる「女子力高い系女子」でしたが、その実一番シビアでリアリストで、他人の心の機微に敏感なところがリアルでした。
他のメンバーが自分のことでいっぱいいっぱいだったり、心の機微に疎かったりする中、ただ一人大和の変化を気遣い、背中を押したところが良かったです。アレはアムしかできないことだったし。
家庭環境ゆえにそうなったんでしょうが、大和以上に潤滑油として活躍してたかも?
ヒロインっぽいポジションなのに、実際は精神面でレッドを支えるNo.2的なポジションでしたね。
結構斬新なキャラ配置だったのではないでしょうか。
あと、アムとセラって身長がアム>セラなのに、なぜかセラ>アムっぽく感じるんですよね。
そのあたりはキャラのイメージが影響してるんでしょうね。凄い。

真理夫おじさんは本当に何者かと思うほどの器のデカさwww
流石ジュウオウヒューマン…俺たちには計り知れない心の広さだぜ…
おじさんは大和にとってもジューマンにとっても宿木のような存在でした。
総てを受け入れ、答えを出すまで待ってくれる優しさが、彼らの戦いを支えていたんですね。

ザリ王ホンマイケメン結婚して!!!!!←定期
バドさんは「全部お前のせい」かと思ったら意外とそうでもありませんでした。
まあその言葉を言いたかったのはラリーさんだと思いますが…w
デスガリアンが出てきて、王者の資格を返すに返せず憎まれ役を買って出てたバドさん。
最後は笑顔で旅立つことができてよかったです。
第一話目の感想から「死ぬかも」と心配していた自分…よかった死ななくてw
でもジュウオウバードじゃなくて本質的にはジュウオウザリガニですからねあの人。
いつか淡水の王者・ジュウオウザリガニとして君臨してほしいものです。
なお草k…バドもとい村上幸平もといザリキングのCD発売中です。みんな買おう!(宣伝)

まだまだいるけどとりあえずこれで。全部だとともかく長いw
他のキャラについてコメントしてくれ!っていうのがあったら追記します。


・デスガリアンのすべて
敵側の描写が薄いという意見は一理ある。もっと知りたかったという欲求もある。
ただ経緯を見るに「あえて」の手法のようだったので、さして問題はなかったように思います。
ちゃんと見てる人にはある程度バックボーンを把握・想像できる分の情報量があったし、それを踏まえてのストーリーだったし。
仮にこれが敵に比重を置くストーリーなら問題なんですが、あくまで「ジュウオウジャーの物語」と割り切って作られているのがわかるので、さほど気になりませんでした。
敵に対して思い入れ深くするような演出もほぼなかったですからね。それやっちゃうとほら、チェンジマンだし…クバルは最低限あったけど台詞だけだし、あくまで「自分はこの星の生物(の考え方)は理解できない」って明言してましたからね。
どんなにオイシイ設定が裏に隠れていようとも「敵は敵」と割り切った構成は潔かったです。
最近あまりきちんとできてないことが多いが故に作品が壊れる原因となりがちな、「不要な部分はどんなにオイシくてもカット」というのが、ジュウオウジャーはできていたと思います。
しかしけっこうざっくりしかやってないので、ファイナルライブとかでフォローするつもりなのかも…?
あと、見返すとジニス様が「本当の侮辱は…」(当時クバルのことかと勘違い)と言ってたり、レガシーさんのお姿がしっかり出てたりと、ちゃんと伏線を張ってるんだなということに気付きました。もう一回見返してみたいなぁ。


・3匹のジューマン
操を苦しめるかと思いきや、ガンガン背中を押してくれた3匹のジューマン。
彼らが結局犠牲になってしまったのは残念でしたが、作中の活躍を見るに、操に命を譲った分だけ、彼の心を強くしたのかもしれないなと思いました。
操の心の声でもある3匹の登場は、自信のない操がある種の免罪符を得るための手段でもあったのですが、それだけではなく、受け継いだ命の重さが操をより強くしたともいえると思います。
最終回、操がみんなの前でジューマンと人とのつながりを説いているときに顔を見せた3匹。
彼らが何も言わず消えていったのも、彼らの助けなくとも前に進める強さを、操が手に入れたからなんでしょうね。


・あっさりのリアル
大和と父親の和解とかバドと大和父、大和の関係とか、思った以上にあっさりしてるのを雑って言ってる人もいたけど、それが逆にリアルだなぁと思いました。
正直、物語だと繋がりは偶然にせよ濃厚な方が面白い。
バドが大和の父親だったり、母親がジューランドと絡みがあったり、仕掛けはいろいろ考えられたと思います。
でも、中心人物の関係が濃厚になればなるほど物語は閉じるということを考えると、ジュウオウジャーが本当にやりたかった「つながりの物語」にはならないんじゃないかな。
だから偶然に、登場人物が普通に生活していく中でふと出会った人々とのつながりが収束することの方が、物語の描きたかったことには適していたように思います。
部分部分、もっと尺を割いてほしかったというところはあるものの、要所要所のわずかな交流がやがて結実するという流れは、現実は小説より奇なりという言葉のようなリアルを感じました。


・不満点
挙げるとすれば「ライブ感の無さ」かも。
私が思うライブ感というのは、いわゆる白倉Pの「ライブ感」なんだけど、昭和特撮なんかにも見られるような着地点を決めずにとりあえず進めるスタイル、というのがその手法として一つあると思う。
私が思う「ライブ感」は、ただ何も考えずに進めるのではなく、最低限の大枠は決めておいて、きちんと都度都度方向修正して、100の選択肢を50に、50の選択肢を10に、というように、物事が進むたびに可能性を少しずつ狭めていくことで、リアルタイムな視聴者の反応や、役者と役の融合具合などをかんがみて経過や落としどころを決めるということ。
(ちなみに武部Pや大森Pにみられる「ライブ感()」ではないのであしからず。アレは単に「何も考えてない」)
私が見る限り昔の白倉はそれが出来ていた。整合性という点では問題があっても、先の見えない面白さや派手さなど、楽しめる要素が様々あった。
ジュウオウもちゃんとそのあたり工夫はしていたけど、あまりに綺麗にまとまりすぎていた感があって、ライブ感という意味での刺激はやや薄かったような気がする。
両者の違いは、毎週発行される少年誌を読むのと、一冊のハードカバーの大作を毎週読む違いというと、少し伝わりやすいかも?

ライブ感でふと思ったのだが、宇都宮Pの作品は基本的に素直すぎるんじゃないか、というのがもう一つ不満点としてはあるかもしれない。
ある意味、視聴者を驚かせたもん勝ちみたいな、いい意味でのひねくれた考え方が反映されていた物語作りというのが昔の作品にはあった。
だからこそ「そんなオチなのか!」とか「そう来るのか!」みたいな、いい意味での裏切りが面白味になってたんだけど、宇都宮Pの場合は「そうなんじゃないかな…やっぱりそうかー」みたいな、分かりやすい仕掛けが多いような気が。
初期の平成ライダーみたいな予告詐欺やらブラフや後だし設定もやりすぎると食傷気味だけど、視聴者の8割~9割が予想できる仕掛けというのも味気ないかなぁと思うんだよな。
素直なのも嫌いじゃないんですが、今のところ宇都宮作品で驚いた仕掛けといえばシンケンの赤絡みしかないので、その点は今後も頑張ってほしいなと思うばかりです。
ただ、今回の最終回のオチは予想外という意味でよかったです。

あと、尺的にはあと2話ほど欲しかった…タイミング的に途中を削るのも難しいんだろうが、もう少し余裕がほしかったかな。
最後にやらないといけない部分が多いせいもあって厳しかったと思うけど、もっとがっつり細かく見たい!ってところがあったので、尺はもっと欲しかったです。


・落としどころについて:地球は我が家さ
いいのかアレで!と思う気持ちと、いいんだアレで、と思う気持ちと半々。
現実は厳しいからそう上手くはいかないと思うけど、せめて物語の中では明るい未来が見てみたい。
そういう希望を感じるラストだったので、難しい落としどころだけどチャレンジしても良かったのかな、と思いました。
一年間、繋がることで様々な困難を乗り越えてきた大和たちだからこそ託せる未来もあるんじゃないですかね。


なんかあんまり総括になってない?気もするけど仕方ない。
楽しい一年をありがとうございました。
まだまだ謎が残ってるんですが、ファイナルライブ等々で解決されるのを期待してます!
とりあえず帰って来た(※むしろどこにも行ってない)ジュウオウジャーが楽しみですね!






style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">