小熊かわいいよ小熊。
マフラーアクションは斬新!でオッタマゲでした。地味に痛そう。
デザイン的にも首元を隠して等身を低めに見せることで、子供っぽさが出せるという…考えてるね!

それにしても、キュウレンジャーはいろいろ挑戦しすぎよな。
2年ぐらいやらないと規模的に足りなさそう。

<続く>

・冒頭ロボ戦
開始告知のコグマ!!!からのアバン担当司令!からのロボ戦。巻いてますねぇ。
DXで出ているタテキュータマがやっと活躍を…防御は最大の攻撃になってるやないかw
モライマーズの数は相当数あったけど、これだけドッカンドッカン潰していってたら、それこそアルゴ船のキュータマゲットあたりで地球離脱とかありえるんかな。

・子供は帰れ(直球)
サソリさんツンデレ。でもまぁ今までの経験上無理ないのと、実際戦う力もないし妥当な対応ではある。
スティンガーとしては、兄と離れて過ごしている弟のことも気になっていたに違いない。弟は今避難してる人に預けてるのかな。
しかし、セイザブラスターの保管状況ガバガバすぎるだろw
というか、一応予備のブラスターが何個かあるんだな。キュータマだけじゃ変身できないから破壊された時用の予備なんだろうけど、ブラスター自体はリベリオンが開発したのかね?

・ラッキー飛田
ラッキーでブレドランさんとヨゴシュタイン様に出会える確率は何%ですか?
モズマが普通に散歩しすぎてて草。飛田さんって幹部クラスじゃないと割とコミカルな怪人役が多い気がする。
やってた作戦はなかなか良かったのに、「敗因=散歩」というのは気の毒というか自業自得というか…

・ワシがリベリオン総司令、ビッグベアである!
ゴーオンジャー10years after、本気でやらねぇかなぁ<声
ガルとヒラメキメデスの共演超見てぇ…!!
ビッグベア総司令は昔気質な頑固おやじなんだろうけど、ちょっとコミカルな演技もしてるあたりが配役的によくわかってるw
幽霊なのに目視できるっていうのはキュータマのおかげかな?
まとめサイトで「幽霊状態で会話できるなら憑依しなくてよくね?」って言われててワロタ。確かにw
憑依状態の電王のオマージュがやりたかっただけなんじゃ…

・太陽がもしもなかったら
地味に地球から太陽まで15分のスピードって凄くね?
まぁ星間飛行可能でワープ実装なら当然なのかもしれないけど、冷静に考えると地味に凄い。
人大杉の船内で、機械だから熱くない→ラプターとバランスの活躍とか、熱くても自分じゃなくてハミィを扇ぐスパーダとか、熱くても服は脱がないナーガとスティンガー、ナーガを疑うチャンプ、ナーガの不安定な足場での笑顔の練習とか、色々小ネタが詰まってて良かったな。
出番が少なくても、少しでもキャラを印象付ける努力がなされてるところがキュウレンジャーのいいところだと思うわ。

・ビッグベア総司令の名にかけて!
一方、ビッグベア総司令がまったくショウロンポーのことを信頼してないっていう対比が割と面白かった。成仏できないレベルで信用されない部下って一体…
推理シーンで堂々と古畑任三郎と金田一をパクった挙句、結局言いだしっぺ犯人説までやりぬいてて草。
ガルさんが推理(ただの状況確認)に素直に感心しててワロタw
駄目だ…この戦隊はやく何とかしないと…
ナーガの事故をきっかけに内輪に犯人がいるのでは?というお約束の展開を、敵の攻撃のカモフラージュにしたのは面白かったな。
単にショウ司令のいい加減な発案で現場が混乱して窮地に追い込まれただけな気もするが、結果オーライなのでまぁいいか(そうか?)

・コグマツカイブルー?
コグマスカイブルーを「小熊使いブルー」と空耳してしまった。
久々の追加子供戦士!新鮮だ。
マフラーで戦う姿がいかにも子供感があってかわいい。
地味に手も変身時には手袋がついてて、指が出てないミトン状なんだな。
前情報を聞く限り、てっきり大熊が小太郎でコグマが次郎かと思ってたんだが、流石に弟は変身できなかったか…
でも、コグマで変身→まぁ分かる。大熊で巨大化→ファッ?!って感じだったwそれはwww

・モズマのデザイン
昭和でおなじみ(というか最近見てない)だった、腕を杖で伸ばしたデザインが採用されてて逆に新鮮。
40年のノウハウを改めて活かすという試みでもあるのだろうか?(リュウボイジャーの操演もだけど)
これからの10年、20年のためにも、昔やってたことを見直して再活用するというのは大事なことかもしれないな。


今回はビッグベア総司令がラッキーに諭されてショウ司令を見直す→ショウ司令の狼狽えぶりに視聴者が「駄目だこれ…」と見放す、というサンドイッチ構造だったのが面白かった。
まぁでも実際ショウ司令の個性を大事にする指導(多分)で何とかなってるんだからいいんだろう。
「アルゴ座」という大きな目的が提示され、当座の目標が決まったところで新ロボ!
まだ10話とは到底思えない怒涛の展開ですが、なんだかんだ結構楽しいです。

アンラッキーなラッキーに、ラッキーの過去…気になる…!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





スポンサードリンク
スポンサードリンク