行ってきました大阪千秋楽!
4/22・4/23両日ともに盛り上がりました。
参加したのは22日の2部・3部、23日の1部・2部です。

オリックス劇場は熱く燃えていたよ…

てなわけで、簡単にまとめです。

<続く>


・第一部あらすじ
ジューマンと人間の親睦会を開くため、大和とセラたちが集合。そこへメーバが登場。
遅れてきた操とともにメーバを倒す5人。
戦いの中でナリアが復活していることが発覚。
あわせてバドがジニスの細胞に操られていることを知り、バドを救うため、レオとアムが囮になってバドを呼び出す。
呼び出したバドから細胞を洗い流そうとするが、洗い流した細胞からクバル・ジャグド・アザルドが復活してしまう。
しかし、大和たちの必死の呼びかけでバドはジニスの細胞と分離。
形勢逆転かと思いきや、ナリアが集めてきたメーバの細胞によってシン・ジニスが再生する。
ジニスが地球と同化し、地球のパワーを手に入れたことで変身出来なくなる大和たち。
絶体絶命と思われたが、人々の願いに答えた地球がケタスの姿を借り、大和たちに再び力を与える。
大和たちは再び変身し、復活した幹部たちを倒す。
ジニスはジュウオウジャーと対峙するが、イーグル・ゴリラ・クジラの力を一つにした大和の前に倒れる。
ジニスの細胞がすべて消え、平穏が戻った地球。
大和たちは勝利を喜び、親睦会をあらためて開催するのだった。

・第1部見どころ
まさかのジャグドさん復活www良かったねジャグドさん…
でも忘れ去られてて「誰?」ってオチがついててワロタw
スーツは撮影用のアクションスーツだったのかな?Gロッソ他とかでは見られないスーツだったのでよかったです。
ジニス様の背中の羽がめっちゃ重そうで、アクターさんがバランスを崩さないよう気を付けていたのが印象的でした。
足元に転がった王者の資格をそっと拾い上げるジニス様wウケるwww
敵側は3体復活。ハンタジイ、キルメンチ、アミガルドと、復活三幹部のそれぞれの怪人でした。
ヒーロー側のスーツも本能覚醒、野性大解放はもちろん、ホエール、ゴリラも参戦。
ラストにタカゴリクジラなイーグルも登場したのですが、実際見てもアンバランスでちょっと笑いましたw
ジューマン形態はセラ・レオ・タスク・アム・バド・ケタスが登場。ケタスさんめっちゃレア!!
さらにEDダンスでラリーさん他も登場。ラリーさんのダンスあらぶってたわぁ…
ジューマンは地方回りの東映のショーのじゃない撮影用が見れて嬉しかったです。
それにしてもジニスの細胞でジニスが復活←わかるとして、ジニスの細胞でナリアが復活←ファッ?!って感じでした。
ナリアってジニス由来の細胞だったの?と一瞬考えましたが、まぁアザルドとかも復活していたので、ジニスの記憶をもとに形成されただけってことなんでしょうね。
22・23日はラストに花火演出が加わったそう(村上幸平ブログより)なので、おそらくほかの地域よりちょっとだけ派手になってました。

握手会はジュウオウジャー6人に加え、ジュウオウバード+キュウレンジャー(赤・緑・黄・橙・銀)
上記では書きませんでしたが一応キュウレンジャーも出ました。ジャグドさんがやられ役。操と仲良し(?)
ジュウオウバードは目に穴が開いてないタイプの撮影用マスクで参戦!激レア!!(他はアクション用でのぞき穴が見えるマスク)
キュウレンジャー勢が全員ソフトタッチな握手でしたね。ジュウオウは結構気合入ってた。スティンガーさんマジソフト。
滅茶苦茶な人数と握手するので大変だったと思いますが、子供にも大友にも優しい対応で嬉しかったです。
握手会には2000円のお楽しみ袋を買うとついてくるチケットが必須。毎回握手したかったら毎回お楽しみ袋が増えるという地獄みたいなシステム。
ちなみにお楽しみ袋は東映系イベントに毎回登場しますが、中身はおもちゃ、文具、食器等でライダーと戦隊ごちゃまぜです。
今回はシシレッドお面・キュウレンジャーのソフトゴムフィギュア(クリア版)・プラコップ、エグゼイドのノート、シール、おむすびケースです。
一切ジュウオウジャーは入っていないのですが、東映主催のイベントは常にこういう仕様なのでご注意ください。中身は現地でも確認できます。
チケットは数量限定みたいで、2日目はかなり数を絞ってたっぽいので次回注意。
初日が売りすぎて押し押しだったからね…(開演ぎりぎりまで前の客が捌けなかった)
お楽しみ袋はかさばりすぎて辛いので、遠方参戦組用に握手チケットのみの単独販売もしてほしいですね。もしくはパンフとかにつけて…!
ペンラはまさかのサイリウムwww500円だけど電池式じゃないから割高感ある。
ペンラは感謝祭(超英雄祭)などで販売している2000円程度の電池式色替え可のものがおすすめ。
あと、ファイナルおなじみバンダイアパレルの販売ブースも。在庫処分も兼ねているため、物によっては普通より3~5割ほど安く売っていました。
売り切れ御免なので、希望者は早目に突撃を推奨。

・ショー小ネタ
子供たちと練習するセリフが「この星をなめるなよ」コール。カオス。
大和たちのピンチに会場の声援を煽る役がバドさん。
「大阪の王者!」ビリケンポーズ→グリコポーズの名乗り。初日は順番が逆でビリケンポーズの足が開いていたが、お客さんからの指摘でポーズを微調整するところはさすが。
毎回謎アドリブで登場するキレ気味の操。最終的に何言ってんだかわかんねぇコイツ状態にw
客いじりパートはレオとアムが担当。海遊館でイケ鮫を探すセラネタ、たこ焼きつながりでジュウオウオクトパス→3割引きで販売されてたネタは草。
40歳バドさん満面の笑みで乱舞。かわいい。
操のダンスがぶっ飛びすぎてて何が何やらw
そしてその操のダンスに対抗する高取さん。息切れwww
洋平おにいさんもダンスで歌って限界→間奏で何とか回復を図る。
キュウレンジャーとの乱戦でほんろうされる操→カジキに刺さる→死亡→タスクによる心マ→蘇生w初日の2回目か3回目だけ?心マのアドリブがありました(他は倒れてるだけとか)
ナリアさんの忠誠心は衰えなかった。団地妻prpr。
クバルの「私にもお前たちのような力があれば」という最期の台詞に「…そうだな」と答える大和のクールさ。いろいろ含みあって好きなシーン。
アザルドさん、レガシー化もレオ・操・タスクにやられる。再生怪人だし仕方ないね。
ジャグドさん、復活したもののキュウレンジャーのカマセに使われる。残当。
キュウレンジャーと対面した大和、すでに胃痛のケが感じられて草。VSがんばれ超がんばれ。


・第2部見どころ
第二部はトークショー→抽選会→ライブ&ダンス。終了後握手会。
トークショーはフリーダムなトークが面白かったです。(一応トークネタはフラれるのだが、結構脱線してた)
生で見る皆はやはりイケメンでイケジョでした。中尾君カッコよすぎる…!!同じ人間か…これが…!!(違いすぎて絶望)
全員カッコよかった&可愛かったのですが、特に中尾君は役者としてしゃべりも演技も顔も度胸もイケてると思っているので、今後の活躍を特別期待しています。
きっと朝ドラとかのイケメン製造ラインに乗るんやろなぁ…
全員の今後応援してるわー!!

基本テレ朝なんかのトークブログはあまり見てなかったので、役者の素に触れることってほぼなかったのですが、今回ファイナルで実際にトークを見て、役者と役柄の近さを感じました。
それぞれが持ってる性格が、役柄とよく合っているというか…役者としての素と役の近さが、キャラクターのリアリティを作っていたのかなと感じましたね。
しゃべりも雰囲気も、それぞれ役柄とよく似てるなと思いました。
時々真逆の人とかいるし…それはそれで見ごたえがあるんだけどね(例:軍平さん、アンク、フォーゼの賢吾など)


・トーク小ネタ
ザリガニの王者ネタキター!!!!ぶっこんでくれた大和君に感謝。
バド「おいっすー!」→「ババンババンバン、バドでーす!」
バド「おいっすー!」→「大和は…俺が守る!バドでーす!」
(ジュウオウジャーになるためにお父さんがメーバの役をする、という話に)「お父さん方、40歳でもヒーローになれますから!」
ちなみにタスクのメーバの真似は上手かった。
大和世代との格差が地味に話題になる40歳。でも見た目超若い。
抽選会でラウンドガールを買って出るバドさん。セクシーw
バドさんの下敷きも抽選会でプレゼントされた。めっちゃレア。欲しかったなぁ。

バドさんが好きな台詞は「あんな世界とのつながりは、切れてしまえばいい」らしい。
当時はオチを何も知らなかったので、ラスボス化か死ぬか、バッドエンドっぽいものを予想していたそうだが、無事ヒーローになれてよかったとのこと。

操が初めて登場した時、体脂肪率一ケタ台まで落としていたらしい。
操がタスクに向かって「人間ここまでくれば一日飴玉3個でいける」と話したエピ。鬼気迫る。
軽すぎて?川に入って倒れた(初変身解除の時)操がそのまま流される→焦って助ける大和w
その後男性陣で温泉へ→タスク、問題の「いい身体しとんな!!」発言。
タスク曰く「3人が本当に(バランスの)いい体をしていたので」ということらしい。
その後タスクが皆で銭湯に行こうと誘ったとか。ホモじゃねえか!と盛り上がる。

アムとセラは仲良し。アムは地元大阪に戻ってきたので大阪弁でちょっとトークしたり。セラも小学校2年生ぐらいまで大阪だったらしく、女子トークが大阪弁。
謎の魚類なりきりと魚類を狩るネコ科の跳躍ワロタw微笑ましいw
セラは自分が「サメっぽい」と言われるのがイマイチピンときてなかったらしいけど、皆からそういわれるので、素のままで自分の負けん気をセラで表現したとのこと。
アムは作中の役通り細かいところに気が付く気配り屋さんだとバドさん談。
アムの「お父さんお母さんの言うことをちゃんと聞いてヒーローになろう」っていう挨拶が印象的だった。

レオはほぼ南羽君だったw役どころと本人のトークがほぼ一緒(まあ全員そうだけど)
お気に入りはキルメンチ回。「拳は守るために~」というところが好きだったらしい。
練習したアクションを披露していましたが、なかなかのキレ!
ジュウオウジャーになるためには「勉強が大事」と言おうとしていたらしいが、タスクが先に言ってしまったので、「しっかり動いて食べること」と言ってました。

タスクはこれで初めて本気でダンスをしたらしい。スポーツ用のタイツ?をはいて練習していたら、セラに「骸骨が踊ってる」と言われてショックだったらしい。
今ではしっかり踊れます!(でもその場で踊ってと言われたら恥ずかしいのか嫌がってたw)とのこと。
EDダンス時は本編EDより気合入ったダンスでしたw

大和曰く、一年通して変わったところは「顔」だそう。
1話目を見直すとみんな幼くて驚いたらしい。1年半修羅場を潜り抜けて、自分自身成長したことを顔つきの変化で感じたとか。
大和はトークの回し技術も高くて、流石リーダーという感じでした。

みっちゃんは大体カオスってた。滑るのもいとわないその前向きな姿勢と謎テンションはまさに操だった…
もはや何言ってんだかわかんないシーンが多かった気がするw
セラに突っ込まれまくってました。場所が近かったのもあるのかな?
(並び順は舞台向かって左手からバド・アム・レオ・大和・操・セラ・タスク)


意外な裏側のトークや、謎の寸劇、撮影中のエピソードなど楽しく聞くことができてよかったです。
この6人で集まるのももうほぼないのかぁと寂しい気持ちになりましたが、この楽しかった記憶はずっと残っていくので、弾丸ツアーでしたが参加できてよかったと思います。
良く考えたら戦隊のファイナルってこれで初めて参加だった…楽しかった。来年もぜひ行こう!!!

次回は是非、抽選会で当たってほしい…!!せめて下敷きでも…!!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">