肉体言語系戦隊(ダイレン・ゲキレン)の元祖なマスクマン。
アクションも見ごたえがありましたが、アクション特化とまではいかずといった印象。
これが後々アクションに特化したダイレンになるんですね。
要素的にはいろいろマスクマンをベースにしてるところが垣間見え、比較対象的に興味深いところが多かったです。
また肉体言語系戦隊やってほしいわぁ…

しかし、曽田脚本を見て思ったんだが、とりあえず「長官は何者なんだよ!!」っていうのがツッコんだら負け的な要素として必ず存在してる気がするw
姿長官強杉内www

<続く>

・総評
見どころはタケルとイアル姫の恋愛という、子供向けの作品では一歩踏み込んだ内容でありながら、全体としてはオーソドックスにまとめていた印象でしたね。
しかしまぁ唐突に始まるな!って思ったんですが、要所要所でタケルと美緒の恋物語が語られたり、過去の内容を掘り起こしたり、ちゃんと見ていれば問題ない構成だったので安心しました。
冒頭の物語がひと段落ついてからは各人の個性が活かされる回も多く、キャラの魅力も増してよかったと思います。
一方でタケル・イガム・イアルの3人を中心に据えているため、敵味方問わず他のキャラがちょっと割を食い気味な部分がありました。
特に敵幹部にイマイチ魅力が感じられず、男勢がただのクズ男で終わる(オヨブー除く)というのが残念でした。
恋愛とイガム家の謎、ゼーバの謎、イアルを巡る三角関係等、様々な要素が絡み合った結果、どれも微妙に中途半端に終わってしまったような印象を受けました。
全体的に尺が足りなかったのかも…?
挑戦的な部分も多く、魅力も十分にあり面白いのですが、一部の要素では今一歩踏み込みが足りなかった印象でした。

・オチのつけ方
一番興味深かったのが、「地底人」と「地上人」の区別をはっきりつけて終わったというところ。
チェンジマンなどでは異種族間の交流の末共存共栄を図るというオチだったのですが、マスクマンは同地球上に存在しながらも今後も互いに不可侵という結果になっています(終了時点では)
作中でアキラが地底人の疑いが出たときも、メンバーはその事実にショックを受けていたし、「地上人」と「地底人」は違う点、敵と融和的ではない点が割と際立っていました。
タケルとイアルの悲恋をより際立たせるためという効果もあったのかもしれませんが、チェンジマンを見た後だったので、「宇宙人と理解しあえても地底人とは無理」という違いがなかなか面白いと思いました。
地底人と地上人、お互いに理解は出来ても、線引きは必要だという落としどころですよね。
まぁ分け合う対象が広い宇宙と狭い地球ではだいぶ考え方も違うでしょうし、存在が近ければ近いほど、互いに分かり合えないからこそ離れるべきなのだという考え方もありだと思います。
人によってはバッドエンドのようにも感じると思いますが、なんでもかんでも融和主義的なオチより、如何ともしがたい隔たりをあえて残すオチの方がリアリティあるんじゃないかなと思ったり。
同じ脚本家・プロデューサーの作品でも、伝えたいメッセージによって180度内容が変わるというのが非常に面白かったですね。
40年続くだけあって、こういう多様性があるから戦隊はやめられねぇぜ!!!

・要素の混濁
和なの?洋なの?というモチーフの混在はどの戦隊にもありますが、マスクマン側とチューブ側のモチーフが和と洋の対極にあるところが結構面白かったです。
まぁマスクマン側も和?って感じはありましたが…和風というには中華というか忍者というかw
ダイレンジャーはここから中華要素を抜き出し、ゲキレンはそれを踏襲しつつ動物モチーフを加えてスタイリッシュにしていました。
もっともアクションに特色が出るのが功夫だったから、というのもあると思いますが、マスクマンは前例がない分幅広くモチーフを模索していたように思いました。
マスクマンで「気」という東洋的思想をモチーフにしても成り立つということが実証できたので、その後の肉体言語系戦隊が出来たんだなと納得。
ファンタジックな感じもいいけど、こういうゴリゴリの東洋思想系戦隊がまた出てきてほしいですね。

・素面アクションとスーツアクションの兼ね合い
結構苦労していた?様な気がするのが、アキラ役の広田さんのアクションをいかに取り入れるか、という部分。
見どころなのだが、かといってスーツのアクションを疎かにもできず、配分をかなり考えながら見せ場を作っていたように感じました。
ウナスなんかは広田さんありきの内容だと思いますし。
きちんとキャストの特性を活かした物語作りをしようという意気込みを感じたのですが、ドラマとアクション、特撮部分の配分は尺が短いから難しいよなぁ…と現場の苦労がしのばれました。
それだけ見どころを詰め込んでるってことなんですが。
あと、マスクマンはアクションを様々な要素で構成しているため、バリエーションは豊かでしたが、ここぞという売りに欠けるように感じました。
その一方で広田さんの中国拳法押しがあり、ややアンバランスに感じたのかもしれません。
そういった点を踏まえて、功夫に特化したダイレンジャーが産まれたんでしょうね。

・因縁システム
フーミン×ハルカ、キロス×アキラとか、敵と因縁をつけるのはある種のセオリーですが、マスクマンであまり膨らませてなかったこの部分を採用したのがダイレンジャーなのかな?と見ながら思ってました。
ダイレンはほぼほぼ因縁で話が回ってた感がありますが…
似たテーマの作品の要素を膨らませて再利用する、というのは戦隊では必ずあることですが、元の作品を見るといろいろ気づくことがあり楽しかったです。

・キャストについて
意外と光戦隊のメンバーはバックボーンが描かれてなかったですね。
一番詳しかったのはハルカじゃないでしょうか?ちょいちょい子供時代のことが出てきたりとか。
全員それなりの実力者で、姿長官にスカウトされてるからでしょうか。。
しかし、なぜ身を隠す姿がF1チームだったのかは謎でした。当初は探偵事務所だったらしいですが、やはり後々の販促絡みとかもあって車関係にしたんですかね。

タケルは結構通常回と恋愛絡み回がイメージが違って、そこが面白かったです。
美緒関連だとすごく達観してる感じなのに、時々キレやすい若者になってて笑いましたw
そのギャップがキャラを活かしてたように思います。
地味にケンタの声がいい声で好きでした。
キョウリュウジャーのノッサン的な、見た目と声のイメージのギャップが大きいタイプというかw
元メカニックの設定だけあって、車関連の話がキャラが良く出てて良かったです。
途中でてきた地底人の忍者の女の子が再登場してほしかった。意外といい組み合わせになりそうだったのに…
アキラは追っかけがいたのも納得。あざといぜ…!
夏場のセーラー服は狙いすぎてて笑いましたw小っちゃくてかわいいのにめっちゃキレキレの功夫ってギャップが女子受けしたんですかね?
間違いなく第二の主人公でした。ちなみに私は初登場時のOPの服装が好きです。
ハルカはビジュアル的に、髪を切る前のボブの方が好きでした。ショートもいいけど。
東映戦隊おなじみの忍者枠ということで、フーミンやオヨブーとの忍術合戦が楽しかったです。
しかしダンス回のカオスっぷりは凄かったw本人がダンスが得意だったんでしょうか。
モモコはヒロイン的な立ち位置かと思ったら全然そんなことはなく、意外と泥臭い戦いを任されていて驚きました。グレートファイブを失う回とか。
ハルカが自身の過去と向き合い立ち直る機会が多かったのに対し、モモコは悲恋を経験したり、育てていた花を手放さなければならなかったりと、都度都度山場を乗り越えていました。
メンタル的にはモモコの方がハルカよりやや強かったのかも知れないですね。
イガムは最初どう見ても女なのに「王子」って言われててすごく違和感でした(後々納得)
イアルとイガムのキャラの違いは流石でしたが、演じるのはイガムの方が楽しそうでしたねw
王女と男装の麗人、二つの顔を演じ分けていていましたが、彼女の持つ独特のはかなさが物語りの説得力を増していたように思います。

・敵陣営について
ゼーバが親殺しからの復讐劇という結構強烈なバックボーンを持ってる割に、途中スライムを垂らしまくっていたせいで、ちょっとメンタルが弱そうに感じたのが残念だったかも…(ただ過去のトラウマ経験を知れば仕方ない気もする)
あれは焦ってたから汗(体液?)が出たということなのかしら?
最終回付近で語られたゼーバの過去はなかなかエグくてよかったです。
尺的に描写が難しいと思いますが、イガム家が平和におさめていた地底を力で奪い取ったのがゼーバなので、イガムには腹に一物抱えてるという描写がもっとあっても良かったんじゃないですかね。
まぁでも絶望を見せられて従順になるしかないという意味では、アハメスやギルークと同じだったのかもしれないですね。
フーミンはイガム家に仕える戦士としての矜持を感じるところがあり、最後まで描写も良かったと思うのですが、男性陣がちょっと…w
バラバは小物のマザコンだし、キロスはガチ自己中だし、オヨブーは融通が効かな過ぎw
一応戦士としての矜持に従ったオヨブーはまだいいとして、キロスとバラバはあまりいいところが無かったように思います。
顔出し幹部だし、もうちょっと男としての魅力があっても良かったかな?
構成要素も似ているチェンジマンの敵陣営と比べると、全体的に悪に徹していたため、キャラクターに感情移入できそうな部分をあえて減らしていたのかもしれません。
最終的に和解しても共存がないって落としどころだったようなので、無理ないことなのかも。

・何者定期
姿長官の何者感ヤバい。絶対あの人教祖的な何かだよ!
一体どこから資金を調達し、あの強さをどこで培い、一体どういう素性なのかほぼ不明だった姿長官。
(一応光戦隊のバックアップ組織には触れられてたけど、なんかすごい曖昧だったw)
しかしあの濃いダンディフェイスと謎の存在感で許されてる感がある。
うーむ、謎だw

・マスク造形
この当時けっこう採用されてるイヤリングマスク(勝手に命名)
女性マスクの耳にプランプランぶら下がってるイヤリングが可愛いのと、結構そこで個性が出せていいと思う。アクション面で危険が多くなる?からNGなのかもしれんが。
多分ファイブマンぐらいまでの造形だったと思うけど、そろそろ復活させてほしいなあ…
キュウレンのバランスでプラプラ復活したし、次の戦隊ではぜひ!!

・個人的に
昔幼いころに「燕尾服を着た仮面の人間が踊り狂ってる→マスクを外すシーンがある」という特撮を見た記憶がずっとあって、どの作品かずっと気になっていました(それ以外の記憶はない)
デザインがコットポトロにに似ていた記憶があり、ダイレンかと思ったら違っていてさらに不思議だったのですが、今回、その記憶がマスクマンの47話だったことがわかりました。
マスクマン、お前だったのか…!!正確にはイエローマスクだったのか…!
再放送だったのかリアルタイムだったのかは微妙ですが、ずっと気になっていたんですよねぇ…
まさか30年の時を超えて疑問が氷解するとは思いませんでした。
凄くすっきりw


恋愛要素を取り入れつつ、シンプルな設定、王道を忘れない展開、そしてロボット初の五体合体と、様々なチャレンジ要素が目立ったマスクマン。
ラストの別れなど、やや駆け足な部分を残念に思うところもありますが、バランスよく面白い作品でした。
今度上京時は是非、上石神井の味噌一に行かねば!!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">