あ~おもしろかった!!!
熱い共闘でしたね。カッコ良かったです。
ノエルと快盗たちのきずなも深まり、さらなる力を得たルパンレンジャーとパトレンジャー。
これからどうなるか、ますます楽しみなところです。

<続く>

・被害甚大
でっかくなるのがライモンの能力って凄すぎない?時々おるけどな自力で巨大化するやつ。
ライモンの場合は攻撃が広範囲にできるというのが強みか。
そりゃあ星の一つや二つ、本気になればどうってことないだろうな、あの力だと。
冒頭の親分がずいぶん楽しそうだったのは、自分の後継者たる存在だとライモンのことを認めたという点もあったのかな?
最後のシーンでは「ライモンまでやられたとあっては…」って言ってたぐらいだし、コレクションの能力、本人の実力をそうはいっても買っていたと思われるし。
これを受けて、本格的に親分が動くのだろうか…それが映画につながるのかな?

・見知らぬ、天井
本人たちもそれなりにダメージ受けてそうなのに、ノエルを引っ張ってきて治療して、挙句自分のベッドに寝かせてあげる魁利たちの優しさ。
こういうの見ると「下手に助け合わない関係」とは言いつつも、ごくごく一般的な良識を持ち合わせてるんだよな、この子たちは…と切ない気分になる。
ミニマリストもびっくりな、何もない魁利の部屋に飾られてるのが兄貴との写真ってつらすぎる…
きっとほかの二人の部屋も、あくまで仮住まいの様相で、思い出の写真が飾ってあるんだろうなと思うともうね。
ノエルに見られたときに「庭にでも転がしておけばよかった」っていうの、そのぐらい魁利にとっては触れられたくない過去なんでしょうね。
利用し、利用されるという割り切った関係だから触れられたくないという思いを目の当たりにして、ノエルは身を切る決意を固めたのかな。
それがただ魁利たちを取り込むためだけの演技ではなかったと思いたい。

・天敵の理由
ライモンのコレクションは超回復能力ってことだけど、ザミーゴが天敵である理由って凍結→粉砕されたら復活できないからってこと?
炎と氷の相性の悪さもあるのかな~と思ったのですが、ザミーゴの氷はライモンの炎(正確にはコレクションの炎?)では溶けないということなのかも。
ザミーゴはまさに群れない一匹狼ですよね。実力も十分だし、能動的な分危険性はドラグニオよりも高いのかもしれない。
今回の戦闘を避けた様子からも、必要以上に戦いにこだわってないようで厄介だね。
こういうやつのほうが、真っ向から向かってくるよりよっぽど面倒だよな。

・明日に生きるぜ
能力強すぎて笑うw名前はサイモン&ガーファンクルが元ネタなのに、能力はX-MENのウルヴァリンっぽいという。
この苦戦っぷりを見るに、やっぱ金色金庫はそもそも強いんですね。普通の金庫に比べて強さが段違い。
だからこそノエルの強さが落ちた感じもないですし、1クールごとの山場になりうる。う~んよく考えられてる。
超再生能力だからコレクションを奪わない限り勝てないという設定も、警察の威信をそのままに協力体制を敷く、という理由付けとして十分ですよね。
こういう無理のない流れを作る力っていうのが凄く好きで、宇都宮&香村コンビの最高にいいところだよなと思います。
確かに地味だったり拡張性が無かったりってネックはあるけど、見て考えて納得できるつくりの作品を提供してくれる、それだけで本当に価値が高い。
このクオリティの作品をニチアサで見られるという奇跡には、正直ありがたさでいっぱいです(言いすぎ?)

・ノエルの覚悟
ノエルが姿を消したのは、ステイタスゴールドの金庫を開けるために開錠のシステムを構築してたからかな。
怪我をしているとはいえあのXをコテンパンにやっつけるライモン、超強い。
これまで無敵感を出していたからこそ、これだけのピンチを演出できるんだよな。追加戦士の使い方上手いわ~。
身を挺して得た情報に「これで信じてもらえるかな?」と言った後に否定されたノエルの表情が、凄くがっかりしているように見えました。
アレはノエルが信頼を勝ち得なかったことに落胆したのか、他の意図があるのかはわからないですが、きっと前者であると信じたい。
ノエルが言う「大切な人を失った」は嘘か誠かわかりませんが、目的を同じくする覚悟を決めた同志として、真の意味での仲間入りでしたね。
透真も初美花もちゃんと前段階があるから、あの表情なのは納得。
一人一人の絆を深めていくことの大事さを感じずにはいられません。
それにしてもアクションがカッコいい。本気すぎてしびれる!!こりゃルパンレッド(ガワ)の人気が高いのも納得ですわ…
とりあえず、浅井さんはバケモンだろとしかw

・一時休戦
つかさ先輩が共闘を決意したのは、前回魁利が命を顧みない手段をとってでもコレクションを得るという決意を目の当たりにしたからでしょうね。
コレクションを奪取する、その一点であれば共闘できると感じたんだと思います。
提案を受けた圭一郎が、つかさの提案を飲まざるを得ないのは相当悔しかったでしょうね。彼にとって快盗は逮捕すべき相手で協力すべき相手じゃないから。でもそれを飲める圭一郎は男だわ…
その悔しさが無言の圧力となっていたのが上手い演出だと思いました。
う~むやはり圭一郎はセリフがない時ほど感情があふれてるw
咲也はこの展開でも素直な反応なのがいいw
果たして共闘ってどういう流れでやるのかなと始まった当初は思っていましたが、感情論とか経緯とかぶっ飛ばして、目的の完遂のために手を組むというのは割り切ってて良かったです。
おかげでどっちも下げず、どっちもカッコよく共闘してましたね。
ビークルがはじかれた時はどうなるかと思ったら、まさかのノエルがおいしいとこどりというw
この戦いは、ステイタスゴールドに対しては7人が協力体制を敷かなければ勝てないという今後の展開を示唆する戦いでもあったと思います。
次回の彼らの共闘が一体どのようになるのか、今から楽しみでなりません。

・VFX?(難聴)
ま、禍々しいいいいいいいいっ!!!
なんというか、初見の感想がカッコいいより禍々しいでしたw<VSX
なんだろうこの魔改造感…いや、ちゃんと見たらカッコいいけど。
腕が4本に見えるせいか、ちょっと異形感ありますよね。確かに名前の通りVSだしXなんだけど!
コックピット入れ替えは斬新だなぁ。あれだと1on1のドラマがコックピットですら作れるという斬新設定!この発想は凄い!
「席、かえ、ます!」は笑ったwグッディの気持ち一つなのはなかなかの鬼畜設定w
ギャーギャー喚いた結果席替えされた圭一郎w哀れwww
いつか快盗と警察のコンビネーションが何よりも力を発揮する時が来るのかな。
今回は圭一郎がガチギレだったせいで赤赤コンビは成立しませんでしたが、いつの日か赤赤コンビが最高の戦いを見せてくれるのが、楽しみなような、どこか不安なような。

・飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで
回って回って回って墜ち~る~~~♪
ロボ戦のCG戦闘凄すぎて笑うwこれは…なんというアクション!!
どっからどこまで着ぐるみかがわからん。
最近のロボCGはモロCG~って感じがかなり抜けてるから、着ぐるみ並みのクオリティでそれ以上の戦闘を見せてくれて楽しい。進化だねぇ。
初回のルパンカイザー戦もこんな感じだったよね。絵コンテ切るの大変そうな戦闘シーンだったわ。視点移動が360度カメラっぽいのが実に面白い。
めっちゃ見ごたえあった。VSX初戦だからか、力入ってて映画並みのクオリティだったのでは?
これは映画も期待できそうですねぇ…
しかし一つ不安なのは、今後VSXになったら敵との体格差が問題になったりしないだろうか。まぁこれまでも色々あったから何とかなるかな。

・永遠に…アデュー
X「どうぞ皆さんご唱和ください!」
「「「「永遠に…アデュー!」」」」
つかさ「えっ…永遠に…」(は、恥ずかしい…///)
咲也「えー?どうしたんですかつかさセンパイ!こんな機会滅多にないんだから言っておきましょうよ~!」
圭一郎「さ゛く゛や゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!そ゛こ゛に゛な゛お゛れ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛!!」
いつかご唱和を求められたらひと悶着起きそうな予感!
圭一郎のアデューは聞いてみたいけど言わないだろうなぁ。VSムービーコレクションでは言ってたけどw
アデューを恥ずかしがるつかさ先輩が可愛かったw
確かにちょっとシラフで言うには恥ずかしいセリフかもしれない…カッコつけすぎって感じるのかも。

・怪我人(ピンピン)
ノエルクッソピンピンで草。なんだその身体能力は。
最初こそ疑わしい怪しい奴だったけど、数々の戦い、そしてステイタスゴールドとの戦いを経て、やっと信頼関係が築けたって感じだね。
それに、ノエルがいても全然違和感なくなったし。
ノエル登場時はピリピリしてたジュレの雰囲気が、ラストシーンで和らいでいたのが印象的でした。
まだ謎の部分はあるとはいえ、人間としては信頼できそうなやつで良かった。
いずれ彼の真意がわかるときが来ると思いますが、ルパパト両者にとってつらい内容じゃなければいいなあ。

・内通者は…
今回のライモンとザミーゴの私闘、情報が入ってきたのはたまたまジムが近隣をチェックしていたからなのだろうか?
それとも、何らかの方法でザミーゴが通報したのか?
周りに人がいない状態で発見されていたので違和感ありますよね。
そのあとコグレさんが「ライモンの居場所はわかる」と登場もしましたし、やっぱり内通者が国際警察内部にいるんでしょうね。
今回の共闘で潜入捜査官のはずのノエルが、快盗たちと捨て置けないほどの信頼関係を築いていることにつかさが気付いた?描写がありましたが、内通者絡みでまたひと悶着ありそうですね。


次週はまさかのジャスタウェイ再来。大和屋久しぶりじゃね?!
ありそうでなかった闇オークションへの潜入捜査、ルパン家の資金力も垣間見えそうで楽しみですね!





style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7409111097133581"
data-ad-slot="1051553150">





・芸は身を助く?
先日の東京旅行、実は超英雄祭で上京した時に知り合った方とお会いしたのですが、色々と良くしていただいたうえ、受け手側だけではなく作り手側のお話を聞ける機会をいただき、本当に刺激的な時間を過ごすことができました。
もちろんファンとしても楽しい時間を過ごせたのですが、テレビ画面の向こう側の話は、特撮絡みだけでなくどれも興味深くて凄く楽しかったです。
こういう機会を得られたのも、たまたま知り合った方がブログを読んでくださっていたからという縁だったので、何でもとりあえずやっとくことは大事だなぁと改めて実感しました。
先日もブログきっかけで交流いただけたりと、普通なら知り合えない人と知り合うきっかけになるって凄いことですよね。
芸は身を助くとはこのこと(芸ってほどじゃないけど)
面倒くさいこともあるけど、ほぼほぼ唯一外界と通じてるこのブログは、細々とでも続けていきたいと思います。頑張ろう。