あ…ありのまま 今 起こったことを話すぜ!

「おれは ゲイツとソウゴのバトル見ていたと思ったら いつの間にか同居人になっていた」

な…何を言っているのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

<続く>


・全体評
ヤバい話の意味が解らん。流れと行き着いた先はわかる…が、なぜそうなるかがわからない。
理屈はわかるけど感情がついていかないパターンだなぁ。
逆ならまだエモ~い♪とかで誤魔化せるんですけどね…
ストーリーは理解できるけど、散見される謎について検証するっていう手法とはまた違う。まずストーリーを把握しなければ謎に踏み込むこともできん。
この1話と2話の流れはキバ初見をほうふつとさせるわかりにくさだわ。
作品を楽しむ前に引っかかることが多くて、まだちょっと作品自体を楽しめる段階まで理解できてない気がする。
もう少し勉強しなくては…(というかそういう理解への努力が必要な内容であることに対して少し考えてほしい、制作陣は)

・バトルしようぜ!
ゲイツとソウゴの初バトル。
ゲイツはゴースト使いなんですね。2号ライダーじゃないので、いずれゴーストはソウゴ行きかな?
バイクチェイスシーンは良かった。公道?私道?私道なのかな?
いつもの撮影所内とか駐車場じゃなかったのが良かったです。
今回ロケ地も頑張ってますよね。メインの舞台が凄くノスタルジックさがあふれる街並みで、現代の話をしているはずなのに過去感がありつつ、他の作品の時代(都市部)に行ったときに絵面がガラッと変わりやすい、いい場所を見つけていると思います。

ただ、あそこでツクヨミがゲイツを止める理由は、もうちょっとちゃんと説明してほしかったな。「私にもわからない」じゃなくてさ~。
「オーマジオウとソウゴが同一人物と思えない」って理由は、1話の初見時では存在しないわけで(2話で違和感の原因は明示されたけど)、まず最初にソウゴを助けた理由が伝わってこなかった…
脳内補完すればゲイツの歴史改編を止めるためなんだけど、ツクヨミの感情がゲイツ>ソウゴなら、ソウゴにもっと塩対応でもおかしかない気がする。
ツクヨミの態度がゲイツ寄り→危機を救われて違和感→ソウゴに興味を持つなら流れは妥当だけど、ツクヨミの態度って同じ虐げられた未来人のゲイツに対しても、未来に敵になる存在のソウゴに対しても半端な態度な気がするんだよな。
ソウゴに対しての印象が変わるきっかけがぼんやりし過ぎなんだよね。感情の起伏がないっていうか、何考えて行動してるかマジでわからん。
セオリー通りの行動はしてるのに、そこに感情の起伏がのっかってきてないように見える。
だから、2話で明示された「危機を救ったジオウ」はぼんやりしてインパクトに欠けると思いました。
もっとツクヨミソウゴに対してのマイナスイメージを出していないと、あのシーンは「転換点」たり得ない。そもそも1話で違和感の件やっちゃってるし。際立たせるなら、ここまでで一線引いとかないと。
冒頭で言った「私にもわからない」は「危機を救ったジオウ」の後ならまだ効果的なのに、あそこではまだ効きが悪いと思うんだよね。
仮にツクヨミが「過去改変を止めるタイムキーパー」で中立性を自認しているなら話は別だけどそういう感じもないし。それは多分ウォズの役目なんかな。
1話で「勘違いしないで。あなたを助けたわけじゃない。ゲイツに罪を犯してほしくないだけ」みたいなセリフがあったら、目的が明確だったのになぁ~って思います。
ついでになぜこんなにツクヨミの感情表現についてぐだぐだ言ってるかというと、ツクヨミがソウゴの最初の理解者=視聴者に対して第三者視点からソウゴを紹介する役目だからです。
まずは紹介者のツクヨミ→ソウゴの感情の起伏を理解できなければ、ソウゴ自身も理解しづらくなるので、ツクヨミの描写って大事だと思うんですよ。
私はそこで躓いてるので、多分すんなりジオウ自体が入ってこないんだと思うんですけども。
とりあえず、次回以降は「ツクヨミはソウゴに対して未来の王であるか見極めている最中の中立的立場」で情報を上書きして、ストーリーを飲み込んでいきたいと思います。

・過去変わったり変わらなかったり
2.5話でフォローしなくちゃならないレベルで分かりにくい設定のような…
とりあえず把握すべきは、「アナザーライダーはオリジナルライダーが活躍した年に誕生し、2018年まで活動し続ける」「アナザーライダーを倒すためにはオリジナルライダーの力が必要」「アナザーライダーを倒すため、過去のオリジナルライダーの時代で戦う必要がある」ということか。
今回ビルドでは変化した歴史が挟まれたのもあってちょっとわかりづらかったけど、要約すると「歴史改変があったのを、改変された時点でなかったことにすればいい」ってことかね。
そうするとオリジナルとは違う歴史がまた紡がれるという感じ?
ただ、正直ソウゴの時代とビルドの時代って質が違うし、すべてのライダーの時代が同時代上にあるとは考えづらいので、超えるのは時代だけじゃなく時空もって印象かなぁ。
アナザーライダーを倒すことで、他のライダーの時代がソウゴの時代に寄る/乗っかるっていう感じ?
(場合によっては壁ある→壁なくなるとか、渋谷隕石墜ちる→堕ちないとか?)
多層構造的な歴史上にいるソウゴが、過去に介入することで自分につながる一つの歴史に統合するというか…説明が難しい。
でもとりあえず、過去に行けばマジモンに会えるよ、というのは理解できた。
難しいことは考えず、レジェンドに認められたらレジェンドパワーが使えるディケイドスタイルということでいいのかな。
(ナシタが近所にありすぎてめっちゃ違和感やったけど、もうそれは投げ捨てろ)

・ゲイツ君
襲われている人を放っておけないところはいいですね。
ツンケンしてても根はいい奴感があって。
こっちもまた最初の登場時から距離近くなるまでなし崩し的でそれでええんか感はありますが…関係性が固まる3話からが勝負だから見てね的な部分があるのだと思うので…(ものすごい忖度)
ソウゴとゲイツっておおむね龍騎の真司と蓮を意識していると思うのですが、龍騎の半年ぐらいで出来上がった関係性をこの2話に濃縮した感じがします。
来週の予告の弁当の位置が面白かったので、今後の彼には期待したい。がんばれゲイツ君。

・ウール君
キャワワァ
各所で女か男かで盛り上がってるのは笑うw確かに女の子でも通りそう。
「○○~ということさぁ!」っていうシーンの芝居がかりっぷりが面白くて癖になりそう。
当時アギトの神がキレイすぎて一瞬見た時に男か女かわからなかったのと同じ現象なんだろうなぁと、混乱してる人を見て思ってました。

・なんだかよくわからない式
ビルドのアーマータイムで出てくる式の演出は面白かった!
「なんだかよくわからない式」「一年の時に習ったやつ」という具体性に欠ける数式描写のキャッチーさは凄いw
あの演出は凄く面白くて、ジオウの在り方が端的に表現されてましたね。
とりあえずキャッチー優先!みたいなw
キックの演出はジオウはわかりやすくて面白かった。ゲイツはちょっとわかりにくい。
アレもし不発だったらどういう表現になるんだろ?という疑問は生まれるな。

・早い展開
とうとう(?)同居した!!!!!早!
早すぎるやろ…何というかこう…もうちょっとどうにかならなかったのか。
全体的にストーリーも感情の動きもキングクリムゾンされながら見てる感じがするんだよなぁ~って思ってみてましたが、私の理解力が足りてないだけかもしれないので…

・ということで
頭空っぽのほうが夢詰め込めるよな?という力押しの展開。悪くはないけど!
今回もまた感想として成立してねぇ…と思いつつ、でもどうやって成立させるべきかわからないというある種の混乱状態にあるので、何言ってんだこいつと思われても生暖かく見守っていただけると嬉しいです…
とりあえず有料配信の2.5話で本編の補完すんのやめーやとは言いたい。
2.5話で「大人の事情にはツッコむな」と公式が堂々と言っているので、今年度は視聴者も忖度&忖度でヌルッと見守る方向性が正しいのだろうと思っています。
とりあえず今の私は、世界の破壊者・ディケイドvs世界を統べる王・ジオウの二人ラグナロクを見たいがために見続けたいと思っています。
もやしー!早く来てー!!!!



<おまけ:適当にまとめ>
・整理しよう(2.5話ネタ含む)
ソウゴ→王様が夢。力を手に入れて最前最良の王になることを決意
ゲイツ→オーマジオウの若かりし頃を倒すために過去へ。ツクヨミに諭され、なし崩し的に?ソウゴを監視することに。
ツクヨミ→ゲイツを止めるため?過去へ。ソウゴにオーマジオウとの違いを見出し、監視することに。
ウォズ→オーマジオウ誕生のためにソウゴに予言を残す。テラー。
タイムジャッカー→オーマジオウとは別の王を擁立するため過去改変を行う組織。アナザーライダーを生み出すことでなぜ王が擁立できるかは不明。
生瀬さん→演技が上手い

仮面ライダーの力→同じ時代に同じ仮面ライダーは存在できない
アナザーライダー→同じライダーの力でしか倒せない
=アナザーライダーが発現した時代(起点~終点2018年)にオリジナルライダーは存在できない
=アナザーライダーが存在する間はオリジナルの歴史が改変され、オリジナルライダーが存在しない歴史が展開される
=アナザーライダーは倒しても無限に復活するが、倒した瞬間オリジナルの歴史(記憶?)が復活する(が、アナザーライダー復活と同時に改変される)
=アナザーライダーが消え、ライドウォッチにライダーの力が宿った後は、オリジナルの歴史とは異なるが、同等の事象が起こる?新たな仮面ライダーの歴史となる

ライドウォッチ→ライダーの力を保存できるアイテム。オリジナルライダーの力をライド=装甲することで、アナザーライダーと同時に安定してオリジナルライダーの力が存在できる唯一の道具
=所有者に「仮面ライダー」の自覚?がないと動作しない?
=オリジナルの関係者はライドウォッチを所持している?

スポンサードリンク
スポンサードリンク