魁利君ノーブレーキ!ノーブレーキィ!!!
早く、早く朝加圭一郎持ってきてぇ!!

魁利君のヤバみが止まらない。
闇堕ちしてないのに闇堕ちの雰囲気が漂ってて、ダークヒーロー的な側面が見え隠れしてきたな。
いやぁ、いい描写だぁ!

<続く>

・バスケは嫌い
魁利がもともとバスケの選手を目指していたことすら知らない透真と初美花…
こういう他愛ないシーンに快盗たちの線引きが見えるのが切ない。
友達じゃないからね。ただ同じ目的のために集まった仲間なわけだから、必要以上に深入りしないというのが暗黙のルール。
だから彼らが自分で語らない限り、お互いにプライベートは知る必要が無いというのは、パト側とは違うクールさを感じますよね。
目的は同じで所属が違うプロ同士と、目的が同じで所属も同じの同僚と。
どっちもプロフェッショナルであることに違いはないのですが。

・お宝と罠
隠れ家!秘密のアジト!お宝!罠!!
めっちゃ快盗っぽいワードじゃないですか~~~夢ある~~~!
とか思ってたら、割と罠がガチ目で殺しに来てるのは笑う。
まぁあのぐらいあしらえないと、どのみちギャングラーに殺されるであろうことを見越していたのだろう、アルセーヌは…それに入れるのが快盗だけとは限らないしねえ。
しかし、ギャバンEDでもおなじみの丸岩ゴロゴロ罠を仕掛けてくるとは、なかなかのお茶目っぷり。
グッディ曰く「最初と違う」らしいので、風来のシレンやトルネコ的な仕掛けで、出入りでステージが変化する魔法でもかかってたのかもしれない。
甲冑の兵士に対して「アルバイトじゃなさそうだがな」っていう透真さんのセリフがツボったwちょいちょい言葉選びがセンスあるよな透真さん。

・地獄の番犬!(謎の三段抜き)
な~~~んか既視感ある通り名だよなあ~?(すっとぼけ)
稲田さんがツイッターで「あれは監督からの指示です」って言っててワロタw監督の謎演出も相まってドゥギー感アリストテレス。
まぁ犬キャラに稲田徹は、ワニキャラに津久井教生ぐらい狙ってるとしか言えないからしゃーない。
今回コレクションはゴセイでしたね。ランディック。
障害物からの狙撃だけでも結構厄介なのに、狙撃がメイン能力なわけじゃなく、空気を操って火薬の爆破力を強め、銃弾の推進力を増すという、回りくどいんだか直球なんだかわからないけどスゲェ能力でした。
ギャングラーって、コレクションの力と本人の固有能力と、本人が後天的?に身につけた技術が上手くかみ合うとめちゃくちゃ強いよね。
今回なんかは「射撃」が後天的に身に着けたものなんでしょうが、ウニといい犬といい、技術への研鑽に余念がないところはちょっと凄いと思います。
固有能力に慢心しないやつこそ怖い。
(でも正直、空気(酸素?)が操れるなら、銃にこだわらなくてももっと他に色々できるのに…と思ったけど、銃が趣味なら仕方ない)
あと、好物を出されて食欲に抗えないわがままボディネタについては、まったく同じネタをつい最近見た気がするんですが思い出せません…平成20年代でなかったか?あれと同じようなネタ。トッキュウ?

・白と黒
私性格悪いからか、ノエルの「罠にかかった」はフェイクで、ルパ3人を試すためにわざと倒れて引っかかったふりしてたのかと思ってたわ…まさか本当に引っかかっているとは……それはそれで予想GUY。
そんな私の想いとは裏腹にごく普通に横で倒れてたノエルさんw草生えるw
怪しい怪しいと思い続けているせいか、うっかり腹黒キャラ認定しちゃってるけど、意外とノエルさんって素直系なのかもしれない。
いや、素直さは確かに端々で出てるんだけど(秘密は多くても人は良さそう)、ファーストインプレッションが怪しさ120%だったせいか素直に信じられなくて…w
最後に言っていましたが、彼の弱さとは一体何なんでしょうね?
実際私が考えてるほど複雑じゃないパターンの可能性が高いのですが、「実は結婚してて子供がいるんだけど、ボクの子供を取り戻すためなんだ」とか言われたら、目ん玉飛び出してしまうかもしれません。
これまで失われてるのが兄弟・婚約者・親友なので、あと親か子供ぐらいじゃない?それか恩師?
なんにせよ、子持ちだったらレギュラーで初?だろうに(ないとは思うが)

・ルパンレンジャー足枷を外せ
「ルパンレンジャーダイヤルを回せ」と全く同じテンションで言える。
オイオイオイオイこの罠性格悪すぎだろ。
大切なものと失った時を再現した挙句、それに陶酔させるわけでもなく幻であるという意識は保たせる。そのうえで「覚悟」を見せろという試練。
エゲツなさ過ぎる…意識保った上で大切な人を撃たせるのホントクソ根性悪いのにすごく好き。
ああ…これ絶対KAKUGOガンギメじゃないと撃てないやつじゃないっすか。
透真も初美花も、幻とはわかっていても撃てなかった。それは覚悟が無いっていうわけじゃなくて、覚悟はあっても「一線を超えられない」っていう常識人の線引きなんだと思う。
彼らも覚悟はある。だが彼らは例えば大事な人のために他人を殺せと言われてもできないだろう。
でも、魁利は迷いこそすれそうするかもしれない。
そういう違いが、今回のコレクションに選ばれるためには必要だった。
いざというときにためらわない、ブレーキの壊れた暴走車…アルセーヌは何を考え、そんな人間にコレクションを託すのか?そしてそうでなくては託せないと考えたアルセーヌは、一体何を為してきたのか?
非常に気になる部分でした。

魁利のブレーキの壊れっぷりは、ある意味自身への破壊衝動の転嫁ともいえると思うんですよね。
自分自身への嫌悪感が、兄を失ったことによって暴走しているというか。
一方で圭一郎のブレーキも壊れてるんですが、彼のブレーキは自己犠牲精神に依拠しているのでしょう。
魁利は自分を壊したい、圭一郎は自分が壊れてもいい、と思っている。
しかし圭一郎は魁利が壊れることをよしとしないし、魁利は圭一郎が壊れることをよしとしないでしょうね。
お互い、壊れるのは自分だけでいいと思っている節があるので。
だから、壊れたブレーキを持つ二人が互いのブレーキになるんじゃなかろうか、と私は思っています。
互いがブレーキになったとき初めて、自分にブレーキを駆けようとしているのは目の前の相手だけじゃないことに気づけるのかもしれません。

・ルパンマグナム
強そう(小並感)
戦闘パートの銃撃戦むっちゃカッコ良かった~。壁をも打ち抜くワンホールショット!
とりあえず浅井レッドのカッコよさヤベー!語彙力なくなるぐらいカッコ良すぎる…by軍平
他のメンバーも強化アイテムで戦ってるので、いつもと違う戦い方が見られて楽しかったですね。
パト側も頑張ってたのに今回は見せ場なしだったのが悲しい。咲也君は跳弾で頑張った!
そういえば、ルパンマグナムの必殺技は一騎当千というのが、今後の不穏な展開を予測させます。
魁利君、仲間を振り切って一人でも戦える力を手に入れちゃったんだよなぁ。
正直、ルパンマグナムは暴走車へ給油してるようにしか見えん。大丈夫なのかしら?

・ジャッジメント!
ロボ戦の自由度、マジックでちょっと上がった感。
ルパンマグナムでトドメという販促の鑑みたいな展開w
個人的にマジックは思いのほか地味だなと思うのですが、今回のような使い方は粋でいいですね。
正直、マジックが地味化したのってスプラッシュが即追加されたせいだと思うんですけど…あれは悪手だったな。
マジック単体で活かすはずだったゴレンジャーハリケーン的演出を、全部スプラッシュに持ってかれてる。
そのせいでマジックの魅力が全然生かせない→結果地味化してる。
カタログバレではどうも今後も強化はルパンメインらしいのですが、お願いします…パトも…パトも強化してください…っていうか販促スケジュール変更でこれ以上ストーリー圧迫しないでマジで。

・驚異の逸材
コグレさんが喜んでる~。嫌な喜び方www
ラストのコグレが去るシーン、BGMも相まって世にも奇妙な物語か笑うせぇるすまんっぽかった…どっちにしろバッドエンドしか見えない。
初美花が「ちょっと貸して」って言ってるのに貸さない魁利は、単に貸したくないっていうより「お前が使うべき力じゃないから触れない方がいい」という配慮を感じる。
魁利…どんどん背負ってないかお前…
このルパンマグナムのおかげで、今までそれなりに一枚岩だったルパンレンジャーの中で戦隊内格差が広がってしまった。
極端に言えば、ルパンレッドとその他大勢。目的のために手段を択ばない奴と、一線を超えられない奴ら。
今はまだ生まれたばかりの小さなほころびが、いずれ大きなほころびとなってルパンレンジャーを襲う…のかもしれない。

・いい子悪い子普通の子
元ネタって欽ドン?
コグレが3分割wwwこの話の後でやる話じゃないwwwww
次週、カオス回過ぎて今回のダウナーな気分は一気に吹き飛びそうですね。
にしても、なぜ…なぜコグレを増やしたんだ…っ!w


色々と精神衛生上よろしくない回だった。重い。
今のままでは魁利の破滅的な未来しか見えないわ~。
でも真司にとっての手塚が未来を変えるきっかけだったように、魁利にとって圭一郎が未来を変えるきっかけになったらいいね…

次週はコグレさん奮闘記なので楽しみです。
悪い温水と良い温水、普通の温水、皆さんどれがお好きですか(混乱)


<お知らせ>
10/7のみさき公園、行きたいと言っていたのですが行けなくなりました…血涙。
行った人、ぜひレポオナシャス!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク