まとうは極み!兄弟の絆!

お互いに足りない何かを羨んで、お互いに尊敬しあって高みを掴む関係の兄弟、いいなぁ。
イサミとカツミの関係性は、兄弟を持つ者にとってはある意味理想的だよな。羨ましいぜ。

<続く>

・対怪獣用制圧装置
アイゼンテックの技術力やべぇぇぇぇぇぇ!!
アレを応用したらウルトラマンでも制圧できそう。
あの拘束を解かない限りグルキンさんを封じ込めてたわけで、正直社長はウルトラマンにならなくても英雄になれたやろ感。会社の評価もストップ高ですわー!
でもそれじゃダメなんだろうなぁ~めんどくせぇ~!

・手のひらクルクル市民
綾香市の市民の手首は高速回転する、これマメな。
つい先日「がんばれーウルトラマーン」って言っていた市民とは考えられないw
でもまぁ、あんなに怪獣が頻発して、さらに頼みの綱のウルトラマンも勝ったり負けたり増えたり減ったりなので、手のひら返しもわからなくはない。
市民には内情はわからないわけで、その都度都度、脅威を退けてくれるものこそが正義なんだよね。そう言うところ謎のリアリティある。
ちょいちょい挟み込んでくる一般市民の評価は、ある意味現実社会でマスコミが騒ぐネタに対しての市民の評価と変わらないのが何とも言えない部分よね。

・兄弟げんかは猫も食わない
イサミそれ言っちゃダメーーー!!!って思ってしまった。
カツミの言うことは一理ある。イサミが大学に通えてるのは親兄弟の助力あってこそだし。
イサミが言ったことは、現在のカツミ自身の根幹を揺るがす部分でもあるし、それを言われたらつらいだろうなぁと思ったわ…でも確かに期待をかけられると重いだろうけども。
お互い内面に押し込めていた部分だからこそ、互いを傷つける言葉になってしまう。悲しいことだ。
今までも小競り合いはあったけど、今回の冒頭での兄弟げんかは根が深めで見ててつらかった。
その後のアサヒの「ごめんチャイ」を「うちの子で良かった」で受けるシーンもつらい。
お互いに色々思うところはあっても「家族」でいようという思いが通じてるのがね…本当の家族じゃない可能性はあっても家族なんだという、ウシオパパとアサヒの想いが反映されてるシーンで切なかったです。

・思い出の中の私
あの怪獣騒動があっても学校が休校になってないのは流石綾香市w
アサヒはすでに自分が湊家の一員でないことに気づいてるんだろうね。
それでいて湊家の一員としての過去の記憶を持つ自分に戸惑っている。
アサヒが自分の存在を確認しながら、兄弟の仲を取り持とうと動く姿は切なかったですね。
思い出があるのに存在がないってどんな気持ちなんだろうか…家出したくなるのもわからんではないな。
しかし、おかかとチーズおむすび、どんな味か気になる。

・唯一無二の存在だから
イサミの危険に飛び込んできて謝るカツ兄のダイナミック謝罪w
あの謝罪で互いのわだかまりを消せるのも兄弟だし、そこからいつものテンションに戻るのもまた兄弟。
この世の中でたった二人(であろう)兄弟ならではの空気感ですよね。
絆の力を使い戦った後に、お互いのわだかまりを吐露しながらも、つい気恥ずかしくなって誤魔化しちゃうあたりも良かったです。
いい兄弟だ。羨ましいなぁ。

・兄弟の絆、お見せします!
「兄弟二人力を合わせたら出来ないことはない」という母の言葉通り、二人が兄弟の力を信じた時、光輝く極みの巨人が降臨するぜ!
変身バンクが長すぎてちょっと笑ってしまったwキワミクリスタル発現からの再変身は長いw
でもこれがルーブ本来の姿なんですね。ウルトラマンキワミ?とかって思っていたら、まさかの正式名称は「ウルトラマンルーブ」だったという。
ホロボロス戦でのオーブリングネオの描写をどう超えてくるかと思っていましたが、ビームを手ではじき?ながら黙々と敵に近づく圧倒的な力はカッコ良かったし、ロッソとブルの戦いとは一線を画した余裕の動きが強者感を演出していて良かったです。
これがまさに完成形という風格を持つたたずまいでしたね。カッコいい~。

・降臨!満を持して
ルーブコウリンの見た目の殺傷力w殺る気マンマンだぜぇ!!
光の環と降臨をかけてるのかな。玩具的には珍しい形ですよね。(一般的ニチアサ民視点)
でもウルトラマンのアイテムって意外と丸型の採用が多いのかな…前回のジードの変身玩具もこんな感じだった記憶が。
個人的には忍者の武器っぽい見た目が結構好きなのですが、こどもが真似をしてはいけないという理由で投げられないのは残念かも。
どうせならぶん投げて切り裂いてホスィ…
しかし、腕を掴まれても無理やり上げて刃で下あごをゴリゴリ削るの酷くて草。えげつねぇw

・バーリア!(物理)
「バリアとは(哲学)」みたいなバリアwいやそれバリアじゃないw
いやもうそれ防いでるっていうか攻撃してるから!弾幕なの?!
…と、大人げなくリアルに突っ込んでしまったw
ニュージェネレーションズの殺意が重いw
いや、でも平和を守るためには護るだけではなく、時に果敢に攻めることも必要だということを、ニュージェネバリアは我々に教えてくれているのだ…!

・兄弟の力
ニュージェネレーションズというのがいわゆる仮面ライダーで言う平成ライダー的なものだと認識しているのですが、「兄弟の力」っていうのはウルトラマンで言う正当な系譜になるんでしょうね。
よく考えれば昔からウルトラは兄弟が一つのキーワードでしたし、兄弟ウルトラマンが一つの力を発揮することは何ら不思議じゃないという。
そう考えるとフュージョンして一人の力を顕現させるというのも、無理からぬ流れなのかと思います。
ついつい仮面ライダーWを思い出してしまったのですが、合体→単独ヒーローの元ネタはどこになるんでしょうね。バロムワン?

・美剣サキのJK作法
盛れる角度wwwサキちゃんそれやってみたかったのかw
自撮りしてるのが怪獣とダーリンというもの自体がインスタバエしない気もするんですけど…逆にいいね付く?
そして、ダーリンに「こんな時JKなら何ていうかわからないの」と言っておきながらゴリゴリのJK風味セリフで引かれてて笑ったw
何というか、あえてつかみどころがないキャラにしてるんだと思うけど、サキは「普通に憧れる普通じゃない女子」の立ち位置なのかな。

・社長の行方
社長が前回今回おかしかったのは、まさに「力に溺れる」ということだったんでしょうね。
オリジナルのルーブジャイロは、怪獣の力も引き出すけど、変身者の理性も奪ってしまうものなのかもしれません。
しかし、社長はどうなってしまったんでしょうか…アイゼンテックの株も爆下げ中だろうし、市民税が…市民税が払えなくなっちゃう!!
無事でいてくれるといいんですがね。

・次週は
タイトルめっちゃいい~。「この瞬間が絆」っていうタイトル。
思えば、オーブ推しだったのも「絆」というワードで繋がっているからなんですよね。
果たして湊家がどんな絆を見せてくれるか、楽しみです!


ライダー好きとしてはキワミと聞くとKAKUGOをキメてた某惑星神を思い出してしまい心がざわつくw
二人で一つになるというダイナミックな手法で生まれたルーブですが、かっこよくて良かったです。
一方でやっぱ強くないと正義は保てないよな…一理あるわ…と思ってしまいましたが、これからルーブがどんな正しい強さを見せてくれるか、楽しみにしたいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク