うっかりVS我慢w
いわゆる顔芸対決ですね解ります。

ルパパトの視聴者(主に大友)に媚びつつも媚びないギリギリのラインで攻めてくる姿勢は見ならうべき。
なんやねん、うっかりって!!!

<続く>

・開幕動゛く゛な゛!!
圭一郎さん今日も開幕から濁点全開で草。何と言ったらいいのか、結木君はますます圭一郎ぶりに磨きがかかっている。
ペッカーの跳弾計算が凄いのか無茶苦茶なのかわからんw
今回のペッカーはトゲ発射=うっかり属性発動が固有能力で、メガレンのルパコレで頭が良くなってるらしいのですが、固有能力の癖が強すぎて笑ってしまった。なんだその能力w
ギャングラーって数種類に分けられると思うのですが「固有能力が即他者の生命の危険にかかわるもの」「固有能力が個体の性能をアップさせるもの」「固有能力が特定の状況下でのみ最大の能力を発揮するもの」みたいな、一つだけよくわからないパターンがありますよね。性転換とかうっかり発動とか。
ギャングラーの個性ってなかなかの強さだよなぁと毎回こういう敵が出てくると思うわ…何でもありすぎ!
でも、ルパンコレクションの個性に負けないためにはこれぐらいが必要なのかも?

・死因:うっかり
うっかり死にそうになってる圭一郎w
叱ってる内容が「国際警察の権限を預かる身としてしっかりしろ」なのは圭一郎らしい。
そのあと咲也が謝りながら誤射してるの笑うwww反省してねえwww
でもうっかりだから仕方ないよね☆テヘペロ☆
ついでにあの後、声をかけられた怪しい一般市民(ギャングラーの擬態)に事情を話してしまうのも、怪しいネックレスを嬉々として受け取ってしまうのも、普段怒らないのにネックレスをつけてしまうのもうっかりだと私は思っている。
そう考えると、うっかりってマジで命とりだよな…怖いわうっかり。

・頭が良くなるコレクション
さりげない魁利のディスw
心なしか、今までよりもコグレさんの雰囲気が快盗に寄り添ってる感じを受けました。前回が響いてるなぁ。
今回はルパはサポートに徹した感がありましたが、ルパ側も警察の意図を酌むようになっているという変化を感じましたね。
どちらの陣営も付き合いが長くなるにつれ、相手を尊重するように変化してきてるんですよね。それがどう転ぶかわかりませんが…
あと、今回の面白いところはうっかりでミスを誘発する能力持ちが、頭が良くなるコレクションで怒り爆弾を作って、うっかりを誘発して怒りを爆発させるのかと思いきや、うっかりは作戦に関係ない(勝手にみんなガチギレしがち)ところかもしれん。
天才的頭脳で見れば、うっかりなどで誘発せずとも、人は日々怒りを溜めていることなど自明の理ということなのか…!

・ストレス解消ネックレス
圭一郎に早速つける咲也www首輪かwww
咲也の「怒られるのが嫌だから」という気持ちはわからんではないが、流石にこれはアカンやろというwもう人変わっちゃってるじゃん!!
早速「先輩の最中食べたの僕でした」という告白で機能を試してるのは草。使いこなしてるw
咲也の言動はちょいちょいゆとりの弊害を感じるのですが、あくまで今までの古典的な根性論的論法では心が動かず、それとはまた別種の方法論で動くだけということなのかもなと最近思っています。
時代が移り変わるとともに人の考え方も変わってるんだから、厳しいよりも優しく、感情よりも理屈でというように、人の動かし方が変わるのも当然なのかもしれませんね。
圭一郎の怒りポイントが「最中を食べた」ということではなく「食べた罪を他人に擦り付けた」ところなのはポイント高い。
にしても、今回の圭一郎の表情筋は酷使されすぎw顔がwww
怒りが収まった圭一郎のキャラ変が面白いのか気持ち悪いのか複雑な気持ちになってしまったw
あの表情の圭一郎は私の知ってる圭一郎じゃなさ過ぎて…やっぱり、圭一郎は子供に怖がられたとしてもきりっとした表情じゃないと締まらないな。

・回りくどさMAX
単純に爆弾を仕掛ければいいところを、なぜ怒りのパワーにしてしまったのか…天才の考えることはいつも不可解である(でも親分は喜んでたのでおk)
爆発にエンタメ性を求めた結果なんだろうな。
ジムが敵の文字をちゃんと英訳してたあたり、多少はギャングラー語?の分析が進んでるんでしょうかね。
なんだかんだで、今回のMVPはジムかもしれない。もちろん咲也の頑張りもあるんですけど、敵の狙いを明確にしたのはジムの頑張りあってこそだもんね。
爆弾の説明のアニメが無駄に可愛かったw
それにしても、ノエルは正直人間よりも機械との方が仲良しな気がする…表裏なく付き合えるから?というより、エンジニアなだけあって、裏方のほうが居場所としてはあってるのかもしれないね。

・想定範囲のうっかりさん
咲也うっかりしすぎィ!!!何か役に→コケる→アツゥイコンボwこれもうわざとだろw
ノエルが咲也に「何もしないで」って諭してるのが切ない。婉曲的に言ってるけど、要は「役に立たないから座っとけ」だもんなぁ。
まぁノエル的にはそういうしかないんだけど、咲也君の心はボロボロですよ。
敵の策略にハマっているとはいえ、本来は役に立ちたいと思っていた自分がもろに足を引っ張ってしまい、つらい気持ちはよくわかる。
2号の立場は、前任者がいるからこそ気負う部分もあると思うんだよね。先輩二人と違って、2号は補欠要員的な側面があり、なおかつ後輩で先輩ほどに割り切れていない自分であることも自覚がある。
頑張っても埋められない差を自覚しながらも頑張るって結構難しいよね。
それでも役に立てる存在でありたいと思っている咲也は、彼なりに頑張ってるんだろうなと思う野だが…
その気持ちを酌んで、うっかりを想定範囲と言いのけて現場に赴く圭一郎は男だな…
ここでもし咲也を責めたり外したりすれば、今後彼がチームの一員としてポテンシャルを活かしきれないであろうことを理解している。
ミスはもちろん発生するわけで、それをカバーしあってこそのチームだからね。
圭一郎が危険を押してでも咲也とともに現場に出て、さらに咲也に重大な仕事を任せたのも、自分たちが一人ではなく「チーム」で戦っているという自覚があるからなんだろうと思いました。
もちろんそれはつかさも同じ。つかさもまた、一人で戦いながらも圭一郎、咲也との「チーム」を信じたからこそ、ああいう戦い方ができるわけですね。
そして、咲也は自らの非を認識したうえでなお「チーム」への寄与を切望したからこそ、あの成果が出せたという。
ノエルも最後に言ってましたが、国際警察、いい仕事場だなぁ。

・つかさの奮闘
今回はさりげなくつかさ先輩の奮闘が目覚ましい回でしたね。
快盗とギャングラーを利用してうっかりを誘発するという作戦も、ありものをフル活用してて良かったです。
ちゃんと「クチバシュートは跳弾する」というアバンの展開を応用してましたし。
いわば敵に仲間二人の身柄を抑えられた状態での孤軍奮闘なわけで、仲間を信じつつも状態改善に奮闘するというつかさの姿が、状況を知らない快盗にも通じていたのが良かったですね。
今回は珍しく快盗がギャングラーを倒そうとするのを警察が阻止するという構図でしたが、ヨシー・ウラザーの回といい、つかさ先輩はそういう役目に回ることが多いような。

・爆弾を撃て
圭一郎が咲也を諭すシーン、いいですよね。
自分を信じることが褒められることにつながるというのは、一見飛躍していそうで理にかなってる気がします。
自分を信じた結果、パフォーマンスが向上して成果がついてくるわけで、メンタルボロボロだとそりゃあ褒められるような結果は得られないでしょうし。
特に咲也のようなタイプはメンタルが成否に直結してるというのを、圭一郎は見抜いてるんでしょうね。そしてメンタルさえ整えば、咲也がそれをやってのけるだけの技量があることも。
そして、そんな圭一郎の期待に応えるべく爆弾を撃つ咲也。
咲也はまさにやればできる子ですよね。一任されたと覚悟を決めると全力が出せるタイプ。
ちゃんと褒められてて良かったw
つかさ、圭一郎、咲也と全くタイプの違う3人ですが、チームとして最高のバランスなんだなというのを感じた回でした。

・某ゴッド「ルパンマグナムスペリオルではどうでしょう」
透真さんが命名w
ルパンカイザーって腕換装できるの?!っていうさり気に驚きの事実。外せるのか。
あとマグナムでも金庫が空けられるというのは便利だね。いずれ巨大戦でも活躍しそうな機能。
遅れてきたパトカイザーが普通に爆弾持ってきて笑ったw
爆弾デカすぎィ!!って思ったけど、マグナムとの共同作業が面白かったので…
宇宙に飛ばして爆発させるというえげつない技でしたが、前枠のライダーもおんなじことやってますし、被害が少ないという意味ではベストなんでしょうね。

・ほとぼり冷めればすぐ増長
咲也がすぐ増長してて笑うw懲りてねぇなw
今回なんかいぶっかけられたんだろう…というぐらい濡れてる圭一郎w
この後こってり絞られて、多少は咲也が反省してくれることを祈るばかりです。

・強制帰宅ビ~~~ム☆
ヤバいアホなビームまた来ちゃったあああああああ!!!
キュウレンでもお誕生ビームという「誕生日を奪うだけ」という謎ビームがありましたが、今回もまた謎ビームが…もはやビームってなんだよ(哲学)
「家に帰りた過ぎるヒーロー」といえばやはり555の三原ですが、それを超えるアグレッシブ帰宅部(と見せかけたアウトドア部)ヒーローが見られるかと思うと今からwktkです。
みんな大好き朝加圭一郎の私宅も見られるよ!!でもどう見ても圭一郎の私宅が演者の控室(スタジオ内)な気がしますがw
官舎住まい設定なんですかねえ?


今週は朝加圭一郎の水も滴るいい男っぷり?を十二分に堪能できた回でした。咲也君、二重の意味でグッジョブ。
ここのところルパンに水をあけられていたパトレン組ですが、チームとしての完成度は負けていないことがわかってよかった。
次週もまた、よくわからないけど面白そうな回なので楽しみですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク