あさからしんどみが!しんどみがつおい!!!!(語彙力の紛失)

強制帰宅ビームは年がら年中浴びたいです。
あのギャングラー良い奴じゃね?(社畜の勘違い)

<続く>

・強制帰宅ビ~~~ム!(救い)
神じゃあ!ここに神がおるぞォ!!!
正直、特撮界隈のどの神様よりも視聴者の望みを叶えてくれる神なのではなかろうか、ヤドガー・ゴーホムって…お願い、ビームを!ビームをください!!
30分前の某ウィザードみたいな能力(でもコレクションはマジじゃなくてゲキ)というwそこはマジでいいだろw
個人的に強制帰宅ビームの効果音と見た目がファンシ~♪だったのが面白かったのと、あまりにもギャングとして成立しなさそうな能力だったので、こいつがどうやってあの世界を生き抜いてきたのかは気になります。
でも殻は堅かったみたいなのなのと、敵を帰宅させるので生存率は高そう?
でもこいつが日本支配したら、多分社畜は感謝しただろうなぁ。進んでビーム浴びに行きそう。
しかし、真の社畜は会社=家なので、きっとずうっと会社にいるんやろなぁ…控えめに言って地獄ですねー!

・俺の家じゃないかー!!
濁点みが激しいw第一平和寮www
圭一郎が寮生活なのも、部屋番が110番なのも、和室なのも、インテリアが基本昭和のかほりなのも、総じて期待通りで嬉しい。
きっと圭一郎的には寝て起きて出勤する(時々習字する)部屋なんだろうなぁ。
部屋の構造的に風呂トイレ共同っぽいので、一体いつの時代の寮だよと言いたい。
通勤は徒歩圏内とはいえ、基本仕事優先で衣食住にこだわってなさそうなところが圭一郎らしいな。
ロケ場所は東映の控室な気がするが…あのあと、テント生活から舞い戻ったのだろうか?
あと久しぶりに見たつかさ先輩の家、ぬいぐるみが追加されてるのねw細かいw
咲也・つかさの二人にはテント生活を強要しないあたり、他人の私生活を大事にする圭一郎だなぁと感じました。

・帰宅難民
透真と初美花はジュレに帰宅したのに、魁利だけ帰れない…根が深い!!!
さらっとギャグっぽいビームで誤魔化したように見えて、その実めちゃくちゃ魁利の暗黒面を感じずにはいられないな…ジュレにすら帰れないって…
多分この帰宅ビームの帰宅先は、「実質寝起きする家」という意味合いと「自分がどこに帰属しているか」という意識的な面も含まれていると思う。むしろ帰属意識(帰巣本能?)のほうが強そう。
圭一郎の場合は寝起きする寮を引き払ってテントにしたことで、完全なる帰宅を背中に背負ってる家で果たすということに成功してるけど、透真と初美花はもしかしたらあの状態でもジュレに引き戻されてるかもしれない(完全に引き払っておらず、帰属先がジュレという意識があるため)
そういう側面から考えると、魁利が帰宅できないのは、ジュレですら自分が本来居る場所ではないと考えているからなんだよね。
魁利があの場から飛ばされなかったのは、帰る家が無いという魁利の意識の表れか、はたまた彼がいるべき場所は、ギャングラーの前であるという快盗としての意識が強いからなのかもしれないし…
なんにせよ、魁利の孤独は思った以上の根の深さ。
透真はそれに気づいても、そこに踏み込まなかった。
それが「快盗」としての約束事でもあるからなんだけど、むしろ投げやりにすらなっていた感がある。
投げやりだったのは、快盗として過ごした時間の中で、透真が少なからず魁利を仲間として、家族に近い関係を感じていたから、魁利の真意に憤りを覚えたからだと思うのですが…
そんなのお構いなしに踏み込んでいく圭一郎…ああ~~~~やきもきするわ~~~~~!床ゴロゴロ

・ここをキャンプ地とする!!
水どうってめっちゃ言われてて草。
キャンプに初美花がいたって聞いて「僕も行けばよかった!(; ;)」ってそれはそれこれはこれしてる咲也にも笑うw
しかし、透真と初美花がキャンプ用品を背負って戦ったらそりゃバレるよな…あまりにもおかしいもの。流石に気付かれるわ。
もし圭一郎が同じ作戦をとっていなかったとしたら、ルパンレンジャーがテントを背負って名乗ってたんでしょうか。それはそれで見たいかも?

・友達だから
二人とケンカしたって聞いて心配して押しかける圭一郎…何というおせっかい…でも優しい。
薄々感じていた魁利の危うさをずっと心配してたんでしょうね。
これを機に友人として魁利と語らおうという、おせっかいでもあり優しさでもある圭一郎の行動が、兄とダブってしまう魁利。
そして兄と同じように圭一郎を拒絶してしまう自分に、また自己嫌悪するという負のスパイラル。
圭一郎の優しさが、魁利をますます追い詰めていく…つらみが深すぎて見てられねぇ。
拒絶する魁利を下手に深追いしない(でも居座る)ところも、圭一郎の距離をわきまえている感が出ていて良かったです。
「友人として」手を差し伸べる優しさが、逆に魁利を苦しめるというのがなんとも言えないジレンマでした。
魁利は魁利で、圭一郎がなんの裏もなくただ素直に手を差し伸べてくれているのを解っているからこそ、その手が取れないんだと思うんですよね。
一度振り払ったその手に対して、自ら手を伸ばすことはできないと自分を縛っている感がある。
それはひとえに、兄の一件があるからなんでしょうが…
自分を律する度合では、圭一郎も魁利も似た者同士なのかもしれませんね。

・作戦成功
(強化フォームが全然流れてこないから仕方なく)新フォーム「パトレン1号強制帰宅フォーム」が開発されたぞ!(白目)
ヤドガーの爪攻撃にも耐える超強いテントなので、実は意外に理にかなったフォームなのでは…と思わざるを得ないw
一応理論的には圭一郎の発想で帰宅ビームを回避できるというのがシュールだ。
そしてちゃんと盾になる圭ちゃん。カッコいい。
魁利が、戦う圭一郎を見ながらどんな気持ちだったかと思うと…
今回VSXを自ら言い出したというのもあり、魁利は素顔が見えていない方が圭一郎に対して素直になれるというのが複雑味ありますよね。
素顔の圭一郎は素顔の魁利に優しく、ルパンレッドに厳しい。
素顔の魁利は圭一郎に本心を見せず、ルパンレッドは圭一郎に本心をうっかり見せてしまう。
そのバランスが凄く危うくて、ハラハラしつつもポロリと零れ落ちる互いの想いがなんとも言えず心に響きます。
ああ、でもこの関係性が深くなれば深くなるほど、正体ばれの絶望感が増しているような…

・だまし討ちVSX
「グッドストライカー!貴様騙したのかァ!!」って威圧する圭一郎w怖いw
ルパンレッドが何を思って警察に手を貸すのかなんて、圭一郎には思い至らないし仕方ないわな。
「アデュー」に決して迎合しない強い決意を感じる「任務完了!」は草。
圭一郎さん職場とプライベートの人が違い過ぎるw

・ノエルの帰る場所
ノエルが帰宅したらやっぱフランスに戻るのかな(小並感)
戻ったら色々とヤベー場所に戻りそうだから戻せなかったんだと思うが、それはそれとしてノエルの私宅は見てみたかった。
倉庫みたいなところに住んでたら、私的にばっちりだったのに。
あとどうでもいいんですけど、ノエルさんはバトルフランスと仲良くなれるのではないでしょうか。方向性似てない?

・愛なんていらねえよ、冬
圭一郎に冷たくなってる魁利~~~そしてそれを優しく見守る宣言の圭一郎~~~!!!
裏でそんな態度をとってしまう自分に嫌悪感を抱く魁利とかもう…ウボアアア
この二人の関係性は、他人なんだけど親兄弟の愛情に近いものを感じる。
素直にその気持ちに応えれば、楽になるかもしれないのに…そうはいかないジレンマがこれからしばらく魁利を苦しめるんでしょうか。
朝から何とも言えん重い気分だわ…帰宅したい。

・来週は
新装備登場に久々登場ザミーゴさん!!
これは盛り上がる回になりそうだ~!ということで、テンション上がりますね。
しかし、警察にも新装備を!新装備をください!!!

・既視感の正体
「このあとすぐ!」のルパンXの新装備、絶対どっかで見たことあるなってずっと思っているのですが、なにかわかりません。
ジバンのダイダロスかなと思ったけど、銃口のイメージはジックキャノンだし…背負うでっかい二つの銃口というそっくりなアイテムがあったはずなのですが。
にしても、パトXの新装備であろうオモチャがルパXに行ってしまう?うえ、ロボまでルパン用になってしまうとは…東映側が「パトも頑張ってるんです!(必死)」なのがツラすぎる。あっ、でもXの新武器は両面仕様っぽいので勘違いかもしれないけど。
本来はルパとパト両陣営の強化が入ってるはずだったんだろうなぁ。
頼むバンダイ、もういい加減横やりはやめてくれ!(濡れ衣だったらすまんけど九分九厘そうやろ感)


次週は新装備登場!ギャングラー側も巻き込んだ大きな戦いになりそうですね。
ルパパトでは珍しく、いつもの場所でドッカンドッカンやるそうなので火薬量にも期待です。
ノエルがちゃんと警察にも居場所を作ることができるのか、不安なところですが…


・毎度おなじみイベント参戦告知
11/4はひらパーでレッツ、ゴーオン!!ということで行きます!!
ゴーオンレッド楽しみすぎるー!!
一緒に見てやってもいいよという優しい方、席取りしておいてほしいNA☆という方、事前にお声がけいただければ対応します。
11/11は大阪のスーパー戦隊魂に参戦!!
同行の方がめっちゃセンターのいい席を取ってくださったので楽しみです!
あと12月は素顔の戦士公演に参加予定~。めぐるぜロケ地!!
ここのところイベント参加の頻度が上がっているので、お財布と相談しつつ狙いを定めていきたいと思います。
来年も色々参加できたらいいなぁ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク