あ~~~~もうバンダイのせいで台無しだよ!!!!
(販促的都合が透けて見えるのが嫌)

話は面白いのにオモチャがね…目先の売り上げに気を取られて本質を見失ってる感があって…
でも話は好きなんだ…話は…!!

<続く>

・バーリア!!
完全に壁を作られてる…!<圭一郎
この「相手のことが気になってるんだけど、かといってお互い声をかけづらいしかけられたとしてもそっけなくせざるを得ない空気」…耐えられない!
つかさ先輩と咲也の視線が、手ひどく振られた相手にまだモーションをかけてる人に向ける視線に似てて笑うw哀れみが含まれすぎw
それでも明るい話題を振ろうする圭一郎の努力が涙ぐましい。
絶対圭一郎は「これ○○だよ」と説明されても、「なるほど!で、一体どんなゲームなんだ?」「知らねーのかよ」「スマン」っていう会話にならない会話でしかないもの。でもそれでもきっかけにしたいという心が切ないわ。
圭ちゃん…いい人過ぎるよ…

・オ~ララ~?
ハブかな?(こっちも耐えられない)
まぁでもノエルが警察にハブられてもそれは自業自得としか…という気もするので仕方ない。ノエル自身も自覚してるしな~。
最近ちょいちょい警察の仕事もしてたんだけどね。信頼関係という意味ではあまりに不足というか…
「感じ悪くない?!」って言ってたけど、感じ悪くされるぐらいにはうさん臭いよね(警察側視点で見て)。実際ハブらないと情報が快盗に流れるし、圭一郎たちだけが悪いわけじゃないのがね…
しかも本社からの出向組だし、そりゃあ圭一郎たちはやりづらいだろうなぁと思ってしまうのは、大人故でしょうか。
この辺りの絶妙な折り合いの悪さ、子供にはまだ伝わらないかもしれない~。

・エビフライ爆弾作戦ぞよ!
キタさん!!!キタさんじゃないか!!!<声
ヘビとエビの「幼馴染コンビ」という仲の良さそうなところにちょっとほっこり。
そして空を舞うエビフライ爆弾はワロタwなぜその造形www
乗り物を操る能力って、地味っちゃ地味だけど対人攻撃としては結構有効よね。ロボだって場合によっては操れるわけで。デメリットは一つしか操作できないということか。
エビ出てきて速攻凍らされる→パリーンのコンボ、ルパンたちの知らないところでコレクションが消えた…と思わせながらの、大切な人たち生存の可能性を表現するというのはなかなか上手い。
次週エビが再登場するので、あの氷柱は「砕ける=死亡」ではない可能性が高くなったかな?
あれは転送装置で人間たちはどこかに保存されているのでしょうか?化けの皮の素材にされてるのかなぁ?それだとどっちみち死んでるような気もしますが…ギリワンチャンある気がする。

・真打は忘れたころにやってくる
※本当に忘れられたかと思っていました
久しぶり過ぎるザミーゴキター!!!入江君アテレコ上手いな。
今回の登場のタイミングがちょうどよすぎて、国際警察との関係性に怪しさが…潜入でもしてるのか、裏で繋がってるのか、はたまた?
しかし、仲間をも躊躇なく手にかけるヤベーやつと言われていたけど、あの氷が転送装置なのであれば多少分別はあるのか…ないか。
あとデストラさんの金庫本当に空だったんだな。自分のコレクションを切り売りして部下に任せるって上司の鑑じゃね?

・宇宙からのコレクション
コレクションの隠し場所:異世界・罠満載の洞窟・宇宙←NEW!
初代のアクティブさ半端ねぇ!
これまでは宇宙をさまよってたけど戻ってくるというのは、やはりルパンマグナムに惹かれてなのかな。何らかのスイッチで地球に戻ってきたんだと思うけど。
ノエルが言っていたように、通常であればダイヤルファイターとビクトリーストライカーは互いを敵と認めない、ということは、機体に何らかの判別方法があるはずだしね。
ルパンマグナムの解放とともに、あの洞窟から送られた信号で出番が来たことを受け取った(という設定な)のかも。

・右から左に受け流す
デストラハンマーの出方カッケー!これは流石のノエルさんもびっくり。
ステイタスゴールド→ヤバ、ステイタスダブルゴールド→ヤバヤバ、というノエルさんの焦りっぷりから感じる強さ。
パトレンXの動きめっちゃ良かったのにやられてて残念だった。
というかノエルでもゴールド以上は手に余るって感じなんだよね。強化してやっと対等といった感じか。
そしてそんなステイタスダブルゴールドに、ゼロ距離撃退砲で対抗するパトレン側のヤバさが際立つw命削りすぎw
新装備あげて…ホント…

・守るべきものだから
どれだけ欺かれようが秘密を持たれようが、同僚として、一市民として守るべき存在であることに変わりはない。だからこそ身を挺してでも守る。
警察側の信条は本当に真っ直ぐでまぶしい。
そんな風に自分と向き合ってくれる仲間を、事情があるとはいえ騙す形になっているノエルの心中は複雑だったろうなぁ。
でも警察側はそれでも共に戦う仲間として認めてくれてるんだよね。
だからこその「君たちが大好きだよ」なのかな。
感情論として、尊敬する警察官であり素晴らしい仲間だと思う。でも大好きだけど、引かなければいけない線もあるんだという気持ちというか。
やるべきことと踏み込めないことを切り分けた付き合いっていうか、凄く大人の付き合いだなあと思いました。
しかし、そこをノエルがもう一歩踏み込むためのサイレンストライカーだった気がするのですが、大人の事情のせいで変更になった(かもしれない)雰囲気だったのは残念です。

・サイレンルパンカイザー
ナンバリングとエンブレム、完全に警察のやつゥ!!!!
いやせめてこれは警察にくれよ!!!もうルパン側強化しまくってんじゃん?!マジックも出てきたはいいけど活躍の場なくなってんじゃん?!
事情は分かるけど、せめて…せめてそろそろパトカイザーも強化していいんじゃない…?
何というかここまで玩具が偏重傾向にあると素直に見られなくなっちゃう。
話も展開も操演も戦闘パートもいいだけに、ただそれだけが惜しい…すげー複雑な気持ちにさせられるわぁ。
こういう大人の事情で水を差されると、全体的に残念な気持ちになる。つらい。気持ち萎え萎えなんですよね~~~~~~。

・スーパールパンX
そこはスーパーパトレンXで良くない?!良くなくない?!っていうか本来はスーパーパトレン1号だったんじゃない?!
胸に輝くゴールドの「S」にそぐわないルパンXの強化形態なの萎えまくる~。
ああ…百歩譲ってせめて素直に「スーパーパトレンXカッケー!」って言いたかったわ…スーパーパトレン1号だったら最高だった。
完全に玩具のつくりが警察なのもね~どうにかならんかったんか~い!玩具の箱にパトレンジャーって書いてもうてるやないかーい!!
いや消防車まではギリギリ許せる。苦労を感じたしドラマも見えたし!
だがサイレンストライカーてめーはダメだ。明らかに玩具に対してのドラマを投げ捨てたようにしか見えねぇ。
そもそも警察用なのが隠せてないのがもう駄目。せめて販促を変更するならその辺はどうにかしてよ~。警察側のファンとして辛いわ~。
別にテコ入れも方針転換も裏番組強すぎて苦戦もよほど無茶苦茶じゃない限り受け入れる忖度民だけど、せめて忖度する余地ぐらいは残してやってくんねぇかな…
「玩具ありき」のドラマ作りなのは承知の上なんだけど、そのおもちゃが輝かない方針転換は受け入れづらいわ。
玩具とドラマの相乗効果あってこその販促番組なんだし、そこはすっきり見させておくれよ…ホント好きな気持ちが萎える。
正直、目先の利益を優先するあまり、本来発生していたであろう需要と作品への期待を削ってるのって愚策としか思えないんだけど。
作品の出来自体がいいんだから、こういうところでがっかりさせてほしくなかったなぁ…
でもスーパールパンXの必殺技の謎の構えとか火力は結構好き。
今回のセメントと火薬、今までやれなかったことの仇を取ったかのような量だったのは笑ったwめっちゃ燃やしてるwww

・もので釣る
お詫びのマカロン、お詫びのジュレご飯というこれまでの経緯を見るに、ノエルさんは申し訳なさを感じると食べ物をおごりがちな気がする。
あの紙バックの中からサイレンストライカーが出てこねぇかな…と思ってたけど出てこなかった。残念。
出てきたらノエルさんのこともっと見直したのに!!!っていうかせめてそれなら許せたのに!!!!!距離ぐっと縮まったのに!!!!
管理官の分は忘れるというオチだったのはちょっと面白かった。めっちゃ慌ててるw
それでも「オーケーオーケー、問題ない」って言ってくれそうなのが管理官のいいところですよ!

・スーパールパンレッド
予告で見て一発目の感想が「ダサッ!!」だったゴメン…
スーパータトバに通じる絶妙なダサさというか、いらんもん着けちゃった感が凄いw
どちらかというと軽装でこそ魅力を発揮するルパンレッドの動きが、ちょっと阻害されそうな気がする装備ですが、果たしてどのように見せてくれるか注目したいと思います。火力は凄そう。


来週はお休みだーーー!!!
玩具回りはいろいろと不満の募る回でしたが、警察のカッコ良さには満足でした。
ハァ…でもこれもうどうにもなんないんだろうなぁ…スーパーパトレン1号を見られる日は来るのだろうか…
次週はアクションが凄そうだし物語の転換点でもありそう。
どんな話になるか楽しみですね!


・玩具を今更買いあさる
来週は俺、ひらパーでゴーオンジャーと会うんだ…
なんか天気もよさそうだし、楽しみでなりません。シークレットゲストー!来てくれー!!!
この日のためにしっかり予習復習しています。ていうか本編もう一周したし!
(そして改めて解るゴーオンの販促の優秀さ…売上高マジ解りみが深み)
イベントレポート待っててくれよな!楽しみ!だぜ!!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク