ははは破壊者~~~~~~~!!!!!!!

次週のレジェンドはタケル殿だというのにトレンドワード入りするとは…おのれディケイドォォォ!!!!!
(まぁ先週タケル殿たちもトレンドワード入りしてたから多少はね?)

ここ最近のレジェンドラッシュめっちゃ楽しい。
リアル神→息子が神(一部)→破壊神って続き凄すぎない?
にしても、ゴーストと破壊者っていったいどういう盛り方だよw食い合わせめちゃくちゃ悪いだろw

<続く>

・怒らないから言ってごらん(ビキビキ
ツクヨミめっちゃ怖いの草。さすがパワー系ヒロイン…
今回はウォズも我が王に翻弄されっぱなしだったのが印象的でした。これは魔王の貫禄ですわ。
歴史を変えに来てるツクヨミが、3日ほど先から来たソウゴに怒るのもおかしな話な気がしますが、この辺りのタイムパラドックスっぽい部分はオミットしてみないと意味わかんなくなるよね。
あくまで歴史の本流に影響を与えさえしなければ、未来から来ても同じ流れに収束するから問題ないって扱いかもしんないし。
本人が歴史をさかのぼって過去の本人に会うと、本流から支流に分かれて歴史改編が起こる可能性が高いとかそういうことなんだろう(適当)

・二人の魔王
未来から自分が来ても受け入れる器の広さが魔王感ある~。
二人の合成シーンは自然で凄かった。全然違和感がない。同一人物が二人ならではの面白さもしっかり表現できてて、ギャグパートも面白かったです。
解りやすいとはいえ、胸の名鑑は笑ったwいくらなんでもそのまますぎるw
さりげないシーンでも、生瀬さんの演技がシーンの雰囲気の底上げをしてる気がする。おじさん面白いなぁ。

・スウォルツとウォズ
そろそろウォズがクジゴジ堂になじんでんなと思ったら、また立ち位置があやふやに。
あまりに便利すぎてウォズえもん扱いされてましたが、一応ゲイツたちからすれば敵勢力?なんですよね?
でも50年スパンで歴史が正しい方向にさえ向かってれば気にしないという、割とざっくりしたスタンスだから衝突しないで済んでるというか…タイムジャッカーの件も歴史に含み済みなんだろうし。
スウォルツたち、ゲイツたち、ウォズは、敵味方だけでは表現できない関係性なのがややこしいですね。
利害関係さえ一致すれば共闘するとか。
あとどうでもいいのですが、ウォズとスウォルツがビルの屋上で話すシーン、あまりの怖さに震え上がりました。合成じゃないよね?っていうか未来人高いところ好きすぎじゃない???

・フリーターじゃない神
バイトかもしれないけどちゃんと仕事してるコータさん。ドルーパーズを5年は続けてるってことだよね?やるじゃん!
もはやライドウォッチの譲渡条件が一体何なのかすらあやふやになってる気がしますが、レジェンドたちを「なんかイケる気がする!」とその気にさせるのも、王のカリスマということでここはひとつ…
出番の1/2ぐらいの時間が神状態だったのは、なかなか味わい深かったです。
なんだかんだ佐野岳の気合入った演技は嫌いじゃないわ。

・スイカ!
かわいい~。ちっちゃい!!!
通信機能もあったり自走したりと、意外に使えそうなスイカウォッチ。
タカウォッチ(いまだにどこから出てきたかあやふや?)とともに、サポートアンドロイド的な立ち位置だったんですね。
デカくなって無双するかと思ったら、ちっちゃいままスウォルツさんに立ち向かっていってて可愛かったです。
あんなん欲しいわ~。

・いつでも!戒斗さん
たった1日ほど森にいただけのゲイツ君のボロボロ具合からするに、戒斗さんの平常心は半端じゃないと思う。どうやって生き抜いてるのあの森…
冷静に考えておかしいだろと思うんですが、戒斗さんですからねぇ…
そして今更気づいたのですが、強者さんの面白さってセリフの非生活感にあるんだなと思いました。
よくよく台詞を聞くと、セリフに一切生きてる人間の生々しさが無いんですよね。全部上っ面のありがちなセリフっていうか、常時キメまくってるセリフのせいか、まったく戒斗さんの肉感的な質量を持たないセリフになってる。いわゆるbot的な、機械的な反応といっても差し支えないレベル。
キャラの内面が一切見えず、セリフだけが独り歩きしていながらキャラ像が成立してるのが凄い。
それを言い放って許されるのは、小林豊のキリッとした表情があってこそだなと改めて感心しました。
今回、戒斗さんに関しては鎧武本編とほぼ同じ立ち位置だったの、ホント凄かったです。
そういえば最後に出てきた廃工場、アレは戒斗さんの実家なんでしょうか。だとしたらエモい演出なのでは?
アナザー鎧武の人も、頂点に立つ方法はともかく、ダンスは一生懸命してたところは好感度高かったよね。

・KAKUGOをキメるぜ!
なるほど、今回は実はジオウ二人回と見せかけて、ゲイツが改めて決意表明する回だったんですね。
覚悟、決まってましたよ(ニッコリ
バイクで飛び出てノーモーションでガイムウォッチ投げ渡したの面白かった。
ソウゴに近づくことで馴れ合い出していた自分を律して、ソウゴ=オーマジオウであるときちんと認識し、いざとなれば倒す覚悟を決めることで、ゲイツはオーマジオウの歴史に食い込んだわけだ。
これで歴史が変わったといえるのかな?
最後、神が消えてましたが、今回の一件は歴史から消えゆく中で最後の力を振り絞ったメッセージだったのでしょうか。
それが実際に歴史を書き換える転換点になったのかも。神だからね、それぐらいできそうですし。

・未来と現在のソウゴが…一つに…!
2in1な戦闘パートカッコ良かった。面白い演出だなぁ。これは感心したわ。
変則的な2人のジオウという戦闘でしたが、飽きさせない戦闘パートになってて良かったです。
戦闘シーンは声を佐野岳寄りにしてた?のか、ドスが効いてる発声でちょっと似てるなと思いました。
アーマーの見た目に反して、戦闘自体は剣技主体でカッコ良かったです。
オレンジのイメージも和風なミカンに変更されてて、ちょっと間違った必殺技は受け継がれていたのが良かった。
「細切れにしてやるぜ!」からの「それ輪切り」はワロタw確かにw

・はじめてのおつかい
ゲイツ君~~~~~~!!!!鶏肉買ってきてくれたんだ~~~~~!!!!!!
面白過ぎて思わず吹きました。ちゃんと覚えてるのマジカワイイ。
ただ帰ってくるのが気まずかったんだと思いますが、それで鶏肉(多分もも肉)を買ってくるところがゲイツ君らしい。
良かった…これでみんなでから揚げが食べられるんだね…!
まさかここでこれ回収してくるとは思ってなかったけど、予想を裏切らないでいてくれて私は嬉しいよw

・NEXTレジェンド
タケル殿~~~!出番ですぞ~~~!!!(でも御成は出ない)
西銘君めっちゃタケル殿のまんまで嬉しい。ソウゴとはちょっと似た雰囲気だから、どんな共演を見せてくれるか楽しみですね。
そしてすべてを予告で持っていく破壊者。リアルに視聴者の感想破壊者すぎて草生える。
今週、ゲイツ君の鶏肉で上がったテンションを、軽~く予告に通りすがっただけで超えていく破壊者…破壊者然としすぎ…
そして案の定、敵役で出てくるのホント破壊者しすぎてて…好き…
我らが予想を軽々飛び越えて破壊者なのマジ破壊者。
語彙力も破壊されていますが、私はなんだかんだもやし大好きっこなのでお許しください我が魔王。
あ~~~本場の説教タイム&説教BGM聞きた過ぎる~~~!!!!コンプリフォーム20人分になってたら笑う~~~!でもベルトリペされてるし!期待!!
そしてジオウに興味を示す海東(戸谷君)に、「君は海東戦隊に出なさい」って切り返す井上君には笑った。海東シアンw居そうなのがまたw
なんやかんや楽しみすぎるわ…戦隊VS情報といい、今週なんやねん情報量の調整おかしすぎか!いいぞもっとやれ。


今週はギャグの演出も間が良くて面白くて良かった。鶏肉凄く良かったよ~。
毛利さんのギャグパート、割と好きなんだよね。
次週から果たしてディケイドがどんな形で食い込んでくるのか、不安より楽しみが勝ります。
行け!ディケイド!すべてを破壊しろ!!


【余談な募集中】
面白い小説・おすすめの作家があれば教えてください。
参考にさせていただきます!よろしくお願いします!

スポンサードリンク
スポンサードリンク