視聴者「大体わからん」

破壊者登場にも大興奮でしたが、個人的にはフツ~にバーで飲食してるタイムジャッカーにほっこりしました。
スウォルツさん、おつまみまで用意してもらって…!

<続く>

・どっちつかずの蝙蝠野郎
後ろ30分にいる某「警察か快盗か、果たしてその正体は!!フルターンX!」よりややこしいウォズさん。
歴史が変わりそう~ヤバヤバのヤバ~→タイムジャッカーに協力して我が王にお灸据えちゃおっと☆彡という発想の転換はなかなかの蝙蝠っぷりで好印象ですね。
よくわからない存在が故に許される感じがします。
しかし、タイムジャッカーは「王の器」に適した人間は実地調査でしか見つけられないのに対し、ウォズは過去の歴史=各ライダーの歴史や過去を知っているので、そもそもの資格者を知ってるという強みがあるんですね。
そう考えるとウォズのチート感ヤベェな…こいつが本気出したらマジで魔王が生み出せそう。
まぁ現に破壊者知ってるんだし、やる気出したら2人の魔王とか生み出せそうじゃない?

・お前を狙う(ご家庭内)
そういうことじゃない。
ゲイツ君間抜けてるわぁ…そしてそれを一喝して治めるツクヨミw強ぇw
ツクヨミの立ち位置がどんどんWの所長化していく…オカン…
なんだかんだソウゴとゲイツが仲良くなってるのが面白い。
あの大暴れの後、ちゃんとご飯食べるゲイツくんwもはや完成されたギャグw
そして例のゴリラと重ねあわされてるゲイツ君ワロタwいいキャラになったなw

・海東「お宝の話をしてるのかい?」
あのウォッチお前が盗んでんのかーーーい!ていうかよく盗めたな。
未来の子孫からもらったのでは的な話がありましたが、よく考えたら、オーマジオウになった時点でジオウがウォッチをすべて集めてるはずなので、ありえない予想だったんですね。
その話を聞いた時点で「じゃあそれ俺のじゃん!」っていうソウゴには、そこはかとないジャイアニズムを感じました。
あとちゃんと「盗みは良くない」ってフォローをオジサンに入れさせるところは、流石わかっていらっしゃる(大事)

・いつもの場所に17時に集合な!
ラッキークローバーかな?(勘違い)
普通にちょっとコスプレっぽい集団がティータイムを楽しんでる感じになってて笑うwおつまみもあるよ!!
でもタイムジャッカーはきっと食い逃げし放題なんだろうな。律儀にお金は置いていかなさそう。ウォズも勝手に他人の注文の品パクってるし。
アナザーゴーストが普通に入店してくるの笑うw普通に入口から来るのかよw
にしても、ウォズが紹介した破壊者、多分それって一時妨害したとしても「大体わかった」「気が変わった」「こいつは本当の王になろうとしている」(説教BGM) 「ファイナルアタックライドゥ」という流れでソウゴの味方になるやつなのでは…?
正直、ディケイドの人気って、水戸黄門的な展開予想のできる安心感にあると思うんだよね。
出てきた時点で勝利確定の安定感というか、ディケイドはアレだ、印籠。
絶対その場の話題かっさらって逃げていくってあの破壊者~!

・タケル殿ォォォ!事件ですぞォォォ!!
勘違いで捕まるソウゴwww捕まえ方がアナログすぎるwww
一度信頼しかけたのに、「王になるんだ!」って言って信頼失ってるの笑ったw無理もないわな。
タケル殿がなんか頼りがい増してたね!!ナリタとシブヤも作中よりしっかりしてて成長した感ある。
ファイナルステージで言ってたことが実現してるのはマジで凄いと思うんだよな~。
3年前から事件を追ってるってことはその頃にゴーストハンターとして目覚めたという経緯があるのかな(本編初回では見えてなかったのに、今回ちゃんと幽霊?霊体?が見えてたので)
今回は出てこなかった御成とアカリですが、この歴史でもゴーストハンターのタケルを支えていると思いたいですね。
アナザーライダーをオリジナルライダーが追いかけてる展開って初なので、どう展開するか楽しみです。
タケル殿が結構食い込んだ展開だけど、来週はソウゴのサポートでもっと活躍してくれそうだ~。楽しみ~。

・誰も殺させない
ゴゴゴゴースト!!意匠がパーカーということでちょっとストリート寄りのアナザーライダーに。イカツゥイ!出渕さんのデザインって派手よね。
パーカーから除く髪の毛がおかっぱっぽいのがちょっとファンキー。
ゴーストは本編で浮遊アクションがNGになったという経緯があるらしいので期待していたのですが、浮遊より透明化のほうがメインになってましたね。
正体が妹を守って死んだ警察官の兄貴って悲しすぎる…しかも襲う対象が事故で他人を傷つけるはずの相手って…ええやつやんけ…(でも冷静に考えたら死ぬ対象を変えてるだけでもあるが)
しかもアナザーライダーを倒したら兄貴は死ぬ。いや実際は死んでるんだけど、改めて2度目の死を経験することになる。
悲しむ相手が目の前にいる以上、その気持ちを無視することもできないし…と、ゴースト編では、ソウゴたちは凄く難しい判断を強いられることになるんだな。
そういう経緯を、相手の時を止めて(反論はできないけど理解はできる状況で)、説明するウール君マジキチーク。
でもちゃんとあそこで時を止めたおかげで、タケル殿の記憶が戻らなくても違和感ない演出になってたのでよし。
これまでの「歴史改編はNG」という基準に照らせば、アナザーゴーストは倒して、事故は発生する歴史にしなければならない。
でもそこには何とも言えない後味の悪さがあるわな…
555編でも同様の状況であったと思いますが、やはりどんな事情があれ、事実を捻じ曲げることは許されないという点に落ち着くのではないかと思いますが…

・悪のライダー(誤解)
アギトが誤解され倒してるのホント草。なぜそこで原作リスペクトをしたw
アギトには警察ライダー(ドライブ)、ゴーストには魔化魍ハンター(響鬼)をぶち当てるという演出は、控えめに言ってもキレッキレ。
当時よりめっちゃ声が低くなってるのはご愛敬だな。あのハイトーンボイス好きだったのに!でも今の声もいいよね!魔王(というか魔戒騎士)感マシマシ~。
ゲイツが手玉に取られてて、10年前の重みを感じました。もやしつっよ!
もうなんか色々懐かしい。そしてカッコ良かったです。
通りすがりに邪魔してくるの、ホント悪のライダー然としてて好きやわ~!(どうせ正義に寝返る癖に~!という期待感の高まり)

・アラン「私は眼魔界一のたこ焼き屋になる!」
※眼魔界では丸いものは神聖とされています
なんかもう…事故を未然に防いでほしすぎてアナザーゴーストに同情しかできん。解る…歴史を変えてはいけないのは解るが…ええぞ…やってくれ…!
でも魂を開放して取り込んだら暴走してしまったので、その状態であれば倒されても仕方ないのかなと思ったり。
そもそも暴走状態だと自分が事故原因になっちゃってるので…
フードオフして本気出すところはオリジナルっぽくていいですね。

・最大の事故要因
「将来とんでもない人数コロす」っていわれてるソウゴ。事実だししゃーない。
でも煽りまくってたウールキュンが、小玉スイカの種攻撃で退散してるのは大草原ですわ。アイツ役立つなぁw
ソウゴは初ゴーストだったけどウォズが祝わなかったので、やはりウォズとソウゴの蜜月関係は一時解消なのかしら?
それとも祝うに足りない要因でもあるのかな。実際この時点でソウゴに託されたライドウォッチじゃないから?(未来から見れば一緒だけど)
ソウゴ自身が獲得したウォッチでなければ、オーマジオウの誕生たる要因を満たさないということなのかもしれんね。

・通りすがりの仮面ライダーだ
響鬼のファイナルアタックライドだー!!フルコンボだドン!!
「その程度か」って散々遊んでおいて、「引き上げるぞ」というところにもう一回遊べるドン!を感じる…もやし引っ張りに引っ張るなぁ。
声が低くなったのも相まって、迫力が増しましたよね。
それにしても、もやしは一体どこにいるんでしょうか。非生活感半端ない。
そしてライドウォッチを持っているのに記憶が消えてないあたりは、破壊者の特別感を感じますね。
鎧武でも神は記憶がありましたし(歴史変わったら消えたけど)、破壊者は異世界からの来訪者だから影響受けないとか?
半年しかやってないから、ライダー史からはじかれてる狭間のライダー扱いなの?

・幽☆遊白書
魂を抜かれる→吸い込まれるのを防ぐ→幽体になるというリアルゴースト化。
「死んでる…」って言われて焦って駆け寄るゲイツ君カワイイ。
来週一体どうなるのか、この状態では予測がつかんな。

・唐突なマコト兄ちゃん
予告で唐突に「なぜ変身しない!!」って怒鳴り込んでくるマコト兄ちゃん面白過ぎない?
歴史が変わるとマコトは…という気もしますが、その辺りをどう処理するかも期待ですね。


次週は命、燃やしちゃってみるぜ!!
もうなんか情報量が多すぎて処理しきれねぇ。
感想も散文化してますが、とりあえず来週はゴースト周りだけでもきれいにまとめたいと思います。


【余談な募集中】
面白い小説・おすすめの作家があれば教えてください。
参考にさせていただきます!よろしくお願いします!

スポンサードリンク
スポンサードリンク