あああああああアナザーアギトのアナザーアギトォォォォォ!!
ただの間違い探しじゃねーか!!!ウジャケルナ!!!

とりあえずいい意味でのツッコミポイントがありすぎましたが、ただ一つ言えるのは「翔一君、一緒に天道君も連れて帰ってもらえないかな?」です。
よろしくお願いいたします。

<続く>

・当時の映像
冒頭のG3の演習、この映像ははるか昔に大人向けと銘打っていたころの仮面ライダーを彷彿とさせる…!!
今見てもかっこいい演出だー。オマージュめっちゃ入ってる。ガラスにたたきつけられるG3はなかなかのショッキングな演出で良かった。
そして唐突に登場するアナザーアナザーアギトのアマゾンズ感凄くて笑ったw
アギトを…喰ってる……
Aアギトが人を喰うと喰われた人がAアギトになるって、もうそれなんてアマゾンズ?って感じでしたね。
ニチアサ向けにマイルドチェンジしてましたけども、やってることは変わんねーからな!!
(でもAアギトの力を排除したら元の人間に戻るのは現行ニチアサ仕様だね☆)

・魔王を倒すために
あと6つ…どれもそこそこ主演に会うのが難易度高そうなライダーなのがね~。
映画で電王のライドウォッチも貰っとけばよかったのに(でもあれはジオウ時空の電王じゃないから無理なんだっけ?一番悲惨なのはWな気がするがw)
でもこれ以降は2019年を生きるライダーということになるので、これまでの歴史はそのままに、2019年からのライダーとしての人生をソウゴに託すという流れになるんでしょうか。
ブレイドの歴史が存在したように、響鬼やカブトやクウガの歴史も存在するのかな。渋谷隕石問題とかはその…なんとかなる!一応小説版でワーム云々は完結してるし!

・事故映像
今の警察はここまで見せるのかよw見せすぎィ!!
ちょっとした放送事故並みのショッキング映像じゃないですかねこれ…
でもこの世界だとこれで普通なのかもしれないな。
この世界の2019年ではG3ユニット(&新規装備の実装待ち)が存在している=ちょいちょいアンノウン以外も相手にしているという可能性もあるわけで。
この世界の住民、試されすぎててちょっと気の毒。

・ちょっと勉強した魔王「アギ…オーム?」
Ω←オメガ Ω←オーム
アギオメガは草wでも確かにそう読めるよなw
「アギトだ」っていう速攻ツッコんでくるウォズはワロタw
ついでに検索時の変換には「AGIT(オメガ)」って入力する魔王好き。
パッと見アナザーライダーなのかアナザーアギトなのかわからないところが絶妙でしたね。わざわざ新規造形の上に再デザインしてるのは無駄にすごい。
アギトの能力が感染するというのも、当時の「人類の進化」というテーマ性に沿ってるといえるのかも。
しかし、アナザーアギトもアギトライドウォッチがないと一応倒せないんでしょうかね。描写を見るに。

・ツクヨミの謎
ここにきてまさかの初めてツクヨミの謎が!!!遅っ!!
でもツクヨミがタイムジャッカーの一員?の可能性も出てきたな…時を止める能力がタイムジャッカーの特殊能力であるならだが。
でも正直ソウゴも子供時代で時止めしてたしな~。元々タイムジャッカーの王だったりするのかね。
そもそもタイムジャッカーも「オーマジオウとレジスタンス、どちらとも対立するもの」以外情報ないし…
そうなると、以前からうわさされてる「ソウゴが実はアナザージオウなのでは?」説もにわかに真実味を帯びてくる気がする。
ツクヨミが立てた王こそが今の常盤ソウゴだったりするのかしら。
じゃあ今(2068)のオーマジオウは誰だって話だけど、ゲイツらが来ない未来のソウゴなのか、もしかしたらソウゴの別人格が存在しててそっちがオーマジオウになり替わったとか…ワームという可能性も微レ存。
さんざん「今のソウゴ=オーマジオウとは思えない」と言われてますし、何らかの仕掛けはあると思うんですけどね。
ツクヨミの秘密が明らかになったことで、さらにジオウの存在は混沌としてきたように思いますが、どれが真実でもびっくりするかもしんない。
それにしても、Aアギトから逃げるツクヨミちゃんのキレの良さは凄かった。武闘派ヒロインやなぁ。

・レストランアギト
ソウゴ「アギトいますか?!」w
ド直球の質問の後の「王様になりたいのでアギト探してます」が意味わからなさ過ぎて笑うw
でもそれに「翔一君ですか?」って回答するのは草。
真魚ちゃん…こんな人に個人情報教えたらアカンやで…!
でもネットで検索したら出てくるっていうレストランの設定を上手く使ったのは良かったな。行きたい、レストランアギト。
あとさりげに外国に行くのにタイムマジーンを使うか?って提案してるゲイツ君の自然さが良かったな。

・フランス帰り
翔一「天道さん、食材それだけで足りるんですか?」
天道「安心しろ。おばあちゃんが言っていた。素材の味こそが極上の調味料だと…」
翔一「いや~でもやっぱ調味料いりますって!甜麺醤と豆板醤いります?あっ家庭菜園で採れた俺おすすめのセロリもあるんですけど!どうですか、セロリ麻婆豆腐?」
天道「フッ…いただこう」
みたいなよくわからない絡みを料理人同士してほしい(正確には片方プロニートだけど)
真魚ちゃんから事件を聞いて速攻日本に帰ってくる翔一君、昔と変わらねぇ~。
レストランアギトは真魚ちゃんが仕切ってるのかね。翔一君から料理教わったのかな。一部レシピを翔一君が提案してたっぽいライン画面も出てきたし。
修行に行ってるあたりがちゃんと料理人として独り立ちしたんだと解って安心しましたね。
「王様になりたいって変な子が…」と聞いたときに「えっその子頭大丈夫かな」って反応をしてて笑うwあの顔www

・お祝い直し
どこからともない<カマシスギィwww
一生懸命お祝い台詞考えてたウォズカワイイよウォズ。
今回の毛利さん、ギャグキレてんなと思いましたが、ジオウの毛利回って結構キレのあるギャグが散見されますしね(ゴースト回とか)相性良いのかも。
それにしても、中身はあんな感じだけど身体的には意志が統一できてないと右腕・左腕・ボディと動かせる部位が違うんですね。
家臣=リアル右腕・左腕なのは笑ったw確かに右腕・左腕になってるw
あの人数を相手にするために3→1になるという矛盾はともかく、能力値的には「アナザーアギトの力を奪える」という意味で有効ってことでしょうか(ジオウ2ならそれもできたのでは…?という気もするが)

・ガードチェイサー「解せぬ」
ガ、ガードチェイサーーーーーッ!!
久しぶりの登場なのに真っ二つにされてるガードチェイサーェ…
とてもどうでもいいかもしれませんが、私はあのアギトOPの「ただツインリンクもてぎを走ってるだけなのにカッコいいOP」が好きでした。
今見てもあのOPは渋い。そして神話好きにはたまらない匂わせ感。

・翔一君!!(実際は哲也君)
ファーーーーーーーーカッコヨーーーーーーーーーーー!
戦いに気づくシーンも当時を彷彿とさせて良かったです。あったあったこんなの。
遠くからのっしのっしと歩いてくるシーン、変身シーンと戦闘シーンがかっこよかった。
なんだかんだアギトは無言で戦うのがよく似合う。
話の展開はよくわからんがとりあえず敵に襲われてる=助けるというシンプルさが翔一君らしくて良かった。
そのあとめっちゃAアギトワラワラで吹いたw多いw
アギトは一人じゃない、という設定を逆にこういう形で活かしてくるの、上手いなぁって思うんですよねぇ。

・バッタヤミー「俺の出番は…」
予告詐欺じゃねえか!!!!!!!!!
でも「アギオメガ?」のシーンで後ろ姿と、最後のAアギトワラワラのうしろにちっさく無修正のバッタヤミーさんを確認。あと地味にシンさんもいたよね?
どうもCGなんかで修正するためと後ろ姿で誤魔化す用に使われてたみたいですが、話題にはなったので成功だったのかもしれない…

・ひとつ気になること
いつもとりあえずビデオパスで視聴しているのですが、イヤホンで聞いたときにウォズ・オーラー・ウール・スウォルツの声にだけエフェクトがかかったように聞こえるんですよね。
イヤホンの具合なのかマジでそうなのか。特にウォズはこれまで気にならなかったけど今回やけに耳につくエフェクトの効き具合だったので、演出なのか偶然なのか悩みました。
単に声質なの…?それとも演出???
(あとでテレビで見たらやはりエフェクトかかってるっぽく感じたのだが)
オーマの日を超えて何か変化が起きたとか?


翔一君が今も全く変わらず翔一君だったのには謎の感動がありました。
何回か映画とかにも出てるはずなんですけど、長尺で出たのが久々だから?
次回はトリニティ&トリニティ!!
3×3の相乗効果がどんな物語を生み出すのか、楽しみですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク