プリミティブドラゴンの乗っ取り感デザインイイヨイイヨー!

尾上さんの正統派ツンデレ、謎の寿司屋、見えてきたメギド3人の仲の良さwと、なんだかんだ気になる要素がてんこ盛りじゃねぇか!!!
尾上さん推せるぅ~~~~~!!!カッコ良すぎますぜ親父ィ!!!

<続く>

・今やってること
また鬼滅で解説するけど、今のセイバーは「鬼は日輪刀で首を斬ったら死ぬ。でも中でも赫刀(と痣)を発現させると凄い威力で倒せる→赫刀(と痣)発現したからやり方を研究するぞ」という位置に来ている。柱稽古一歩手前ぐらいの感じに近いかな?
組織としてまとまってる鬼滅と違って、まだ対立してるからそこを解消してから物語が進むんだろうけど。
飛羽真の燃える剣は鬼滅で言う赫刀だと思うんですよ。セイバーだと人を助けるために使われますが、覚醒がきちんと剣士たちの理念に基づいてるところがいいですね(赫刀も「鬼を倒す」という剣士の理念を実現させるものですし)
滅茶苦茶鬼滅意識してるけど、要素と構成をマイルドにライダーに変換してるのが地味に凄いと思うんだけど。
こういうの嫌う人もいるとは思うのですが、ヒット作の要素を上手く組み込みながら、きちんとやるべき作品の設定もこなしてるのは地味に凄いと思うんですよね。
セイバー自体の展開もかなりわかりやすくなってきましたし、これまでの勢いが回収されていくのを感じます。
この感じ、バーフバリ2を見てる感じに似てる(バーフバリは1で思いっきりネタ見せして、2の過去編で全部回収していくスタイルなので)
折り返しだしこれからイッキにばらまいた伏線の回収、畳みかけてくるんだろうなぁ。

・行くぜサウザンベース
今やるべきことを冒頭で整理するスタイル、いいと思います。
今やるべきことは
大秦寺さん→飛羽真の燃える剣の原因を究明し、ノウハウを剣士と共有。メギド化した人を救える手段を確立する。
飛羽真とユーリ→SOL内部の裏切り者を調査、発見し、剣士たちと協力して組織を正常化させる。
ということですね。
本になった人々を救う手立ては見つかってないけど、きっと大秦寺さんが研究してくれるんだろう…鬼になった妹を戻す薬もあったんだし←
しかしちゃんと裏切者のブックゲートが閉じられてるのは感心した。大体こういう組織だとこの辺ガバガバなのにね!

・勘違いするな!
尾上「お前らは裏切者なんだからなッ!!(ブックゲートバーン)」
尾上さん最高のツンデレなの草。表面上は組織に忠誠を誓った剣士だからお願いは聞けないけど、個人としては飛羽真たちに協力したいというのを、ああいう形で表現するの良かったなぁ。神代玲花の目を気にしてああいう態度なんだろね。
裏切ってるけど裏切ってない絶妙なポジションw
こういう形の内通者がいるのはいいですね。ちゃんと対組織の展開も出来ますし。
サウザンベース内部でも大秦寺さんをちゃんとフォローしてくれてた、できる男尾上さん。頼れる。
組織に所属する企業人としての振る舞いと、旧知の仲の友に対しての個人としての振る舞いの線引きが絶妙でした。いい人だな尾上さん…

・3バカ化が進むメギドたち
ストリウスが「始まりの人ですか?」って聞かれてたから、2000年前の6人の一人なのは確定だよね。多分レジエルもズオスもそうなんだろう。
つまりあいつらは2000年前から一緒にいるわけで、ツーといえばカーなんだろうな。
これまではメギド作りで切磋琢磨感が押し出されてましたが、ここにきて「こいつら地味に仲いいな?」という部分がちらほら見えてきて面白いです。
レジエルが無茶するのをストリウスが制してたり、仲間が死ぬことは望んでない感じというか、手駒ではあるけど使い捨てとは考えてない感がちらほら。
中でもストリウスは抜きんでて2人を操ってる感がありますが、心技体であるならストリウスが心(知恵)、レジエルが技(技巧)、ズオスが体(筋肉)なんでしょうね。前も言った気がしますけど。
レジエルが見た目に反して脳筋なのが面白いんですよね。なんならズオスのほうが冷静に戦ってる感すらあるwあのポンコツみはじわじわきます。
レジエルとズオスが異常に戦いに執着してるのは、2000年という時を過ごすには常人には暇すぎるからなのかしら。
仮に3人が元人間だとしたら、永い時を生きるのにはそうなるしかない何かがあったとかですかね?長く生きすぎてて、どっか壊れちゃってるのかも。

・潜入!サウザンベース
良かったユーリが行ってたら秒で見つかってたと思うw
サウザンベース内部、なんだかんだ凄い。色んな表示を古代文字で頑張って隠してるのがじわじわきます。美術館なのかな?
あと普通に一般職員?準剣士?みたいな人たちがいっぱいいて、意外とマトモそうな組織だったのに驚きました。ノーザンベースって剣士以外に人気がまるでなかったし!
どちらかというとサウザンベースが本店、ノーザンベースは支店という扱いなのかもしれません。
そう考えると、北の剣士が本店(南)の命令に逆らえないのもわからんではないな…
(この辺りはきちんと今回の東映公式に書いてありました。大体イメージどおりでしたが、今回映像で描写されてたのが良かったですね。北に剣士しかいないのは最前線基地だったからなのか~という)

それにしても、マスターロゴスをトップとした時代錯誤の組織なので、この内部で育っていたとしたら、そりゃあ世間一般の常識には疎くなるかもしれないですね。倫太郎はなるべくしてああなったんだろうな…
しかし、SOLの建物自体にはバリアがあるけど、ゲートにはバリアがないというガバガバ感よ。個人認証しないとマズいですよ!!!
普通にメギド側にもガバってる部分見透かされてるのホント草。
でももしかしたら、あえてそうしてるのかもしれないしな…裏切者のブックゲートを停止するぐらい頭が働くのに、ゲートを通れる人間を制限していないのはおかしいと思うんだ(許可は所属剣士と限定的ゲストだけにすればいいので)
そもそも一番最初に芽依ちゃんもチャリで本の世界に入ってたもんな。
「制御できない」か「制御していない」かでは、結構大きな違いだと思うのだが…?

・禁書とは
解放するとアマゾンズが世に放たれる本<映画
ローブの男が「今のマスターロゴス」なんだ。正体は多分寿司屋じゃないかと言われてますがそうでしょうね。
彼が持っていた攻撃を吸収する本はファルシオンの本とは別っぽかった?ファルシオンの本だったか曖昧だったんだけど。アレも禁書なんじゃないかな。
今回のプリミティブドラゴンのイメージ映像やファルシオンの経緯を見るに、禁書って剣士や人間自体がWRB化したものなんじゃないかなぁ?
この世に転がってるのは、全知全能の書からこぼれたページのWRB(ブレイブドラゴン他)、人工のWRB(ゲート・バイクなど)、そして人そのものが本となったWRB(禁書由来?)じゃないかと思うのよ。
アルターブックだって人間を本にできるんだし。
禁書になった剣士や人間は、大きすぎる力を制御できなかったから、本という形で封印されて安定化させてるのでは…?
だからバハトは本に封印という形で眠ってたと思うんだよね。
気になるワードが満載だったストリウスとマスターロゴスの邂逅でしたが、禁書の存在は冒頭で言及された「本を人に戻す技術」のきっかけにもなるんではないかという気がします。

・マスターロゴスの狙い
ストリウスたちメギド3人は2000年前から居る「始まりの人」。多分タッセルとソフィアもそう。
だけどマスターロゴスだけは代替わりしてる?違和感すごいな。絶対2000年前から生きてる「始まりのマスターロゴス」がいそう。
今回の現マスターロゴスの行動には謎しかない。
敵であるメギドを禁書のもとに案内し、禁書を渡した挙句逃亡まで手伝っている。
しかし一方で飛羽真を助け、彼をストリウスと出会わせた。
そしてそれは、おそらく彼の狙い通りなのだろう。
プリミティブドラゴンの力を開放するのが狙いだったのかな?
敵とも味方ともつかない、謎が深まる彼の行動ですが、なんとなく神代玲花とは通じていない感じがしますね。
玲花が従っているのは別のマスターロゴス、ソフィアをとらえたのも別のマスターロゴスなのでは…?
深読みすると複雑になってきそうですが、「今の」とあえていうからには一ひねりありそうな気がします。

・久々倫太郎
今更思ったけど、倫太郎がキングライオン大戦記で変身したら近・遠距離ともに隙が無いフォームになるのね…剣士なのになんで砲台?って思ってスマンかった。
久しぶりにマトモに戦ってるのを見た気がする。ちょっと嬉しい。
ちゃんとズオスにも強くなったって評価されてたしね。
一方の蓮は相変わらずで草だった。まぁ確かにやってることは、組織的には正しさもあるのが厄介だわね。
蓮は蓮で一応組織の命令に従ってるのがキモだよな。あの状態だと倫太郎にズオスを任せても正解だし…
とはいえ、一緒にズオスをやってから剣奪ったら?!っていうのもまた正論である。
しかし相手にしてくれるのがデザストさんしかいない蓮…悲しい…w

・プリミティブドラゴン
ブレイブドラゴンを抱え込むようなデザイン、すげー斬新。まさかスーツに変身玩具の絵がデカデカと載ってるとはw
ユーリが「今の飛羽真に意識はない」と言っていましたが、デザイン通りに飛羽真の意識やブレイブドラゴンをつかみ取ってる、つまり乗っ取ってる感じなんでしょうね。
意識体だけで肉体が無いから肉体を乗っ取って暴走する、それがプリミティブドラゴンのフォーム。もしかしたら他のライダーでもそうなるかもだけど、ブレイブドラゴンとの相性はめちゃよさそう。だからストリウスの元を離れて主に飛羽真を選んだのかもね。
戦い方に一切迷いが無くて実に暴走然とした、プリミティブの名に恥じない野性味があってよかったです。
飛羽真の目の据わり方も、異常性を感じさせるアクションも見ごたえあった。
メギド勢も圧されまくってたし、禁書ヤバくねーか?いやファルシオンもヤバかったけど。あの規模の破壊はヤバい。
気になるのは飛羽真に押し寄せてきた文章でしょうか。アレは多分禁書の内容なんだと思うのですが、それと同時に少年のイメージも浮かんでいました。
個人的にはあの少年がプリミティブドラゴンの禁書そのものじゃないかと思うのですが…
飛羽真が禁書とつながることで禁書の内容を知り、禁書に封じられた少年を救えたとしたら、暴走フォームを脱せるという感じかな…?いやわからんけど。
それにしても、芽依ちゃんめっちゃ健脚じゃない?鍛えてる剣士に後れを取らず追いつける女子、っょぃ。
時代に即した女子力やで。

・カリバー!生きとったんかワレェ!!
カリバーの中身は誰だろな♪
「(1)現マスターロゴス」「(2)賢人」「(3)デザスト」「(4)誰もいない。現実は非情である」
賢人だと嬉しい…流石にそろそろ賢人復活してもええやろ…?って…演者もTwitterで呟いてたし!出してくれよ富加宮賢人を!!!
エンディングとオープニングでしか見られないエスパーダが悲しすぎてな。
正直言うと、早く復活してほしいし何なら仲間になってほしい…そうすれば蓮も落ち着くだろうに。
しかし仮面ライダー好きとしては、裏切って戦いあってひと悶着あるのもまた、楽しみなのだ…正直蓮が闇堕ちするのもちょっと期待していたりする…
ライダーオタクとは実に奇妙な生き物よな…


謎しか発生してねーーーー!!!でもいい感じの謎!次が楽しみ~。
正直セイバーは冒頭の展開で(早すぎて)心配してましたが、やっぱり設定を練りに練ってきてるじゃないですか…大好物ですよワタクシ…。
この悪の親玉がどこにいるかわからない、どう転ぶかわからない感じ、凄くいいですね。
なんとなく正解は見えているのに、たどり着く道がわからない雰囲気がいいです。色々と謎がでてきましたが、どうまとめるか、どう見せるか、楽しみにしたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク