【特撮ブログ】ニチアサ脳

ニチアサの感想を中心に、特撮作品の感想を書いています。

【このブログについて】
ニチアサ時間変更により不定期更新となります。

【コメントについて】
返信を希望の場合は名前を記入してください。また、「返信希望」の旨書き添えてください。
私信、誹謗中傷等、内容が公開に満たないコメントは削除いたします。

【今週の一言】
ゴーオンの試写会いけない…よっしゃ仕事辞めよう(短絡的)
社会人のつらいところですなぁ…
また発売ごろにイベントやってくれることを祈るしかねえ…

忍者戦隊カクレンジャー

忍者戦隊カクレンジャー 第3話~第4話感想

第3話「アメリカン忍者」
第4話「妖怪ポリスマン」

色んな意味でぶっちぎってる今回。
ケイン・コスギの日本語能力の低さに笑いが止まらないw
あと妖怪サルトンボはねぇ…あれ、絶対スタッフ悪乗りしてただろwと今でも思うw

<続く>
続きを読む

忍者戦隊カクレンジャー 1・2話感想

前回ニコニコ放送の時にはほとんど感想を書いてなかったので。
いやあ、やっぱり忍者といえばカクレンジャー!
気は早いけど、ぜひ次回の戦隊は忍者戦隊にしてほしいわぁ。


とはいえ、個人的にこれで視聴は何度目?というぐらい見ているので、適当にその回に思ったことを書いていくスタイルになります。
未視聴の作品とは違った感想のスタイルとなりますのでご了承ください。

<続く>
続きを読む

【カクレ】魔剣とパンツとカメラ少年

サイゾウ「明日のパンツは持った?じゃあ行こう!」

※パンツ違いです@ライジェネ映司スタートセリフより


○カクレ「魔剣とパンツ」
シュテンドウジ回から神回続きのカクレン。
相変わらずジュニア登場からが面白い。たまんねえな!!
見直すとAパートの濃さが半端なかったw
過去の因縁を絡め、少年の成長を絡め、決闘し、そして巨大化、瞬殺という神がかかった流れ。
「成敗!」「南無三!」はやっぱりカクレンジャーの専売特許だと思う。ダンバインは置いておいて…
こんな濃い内容を30分に詰め込むなんて…凄すぎ。
今見るとスゲー贅沢な回だなぁ。素面アクションも多いしね。
オチがお約束だけどいい感じ。嫌いじゃない。
しょっぱなからB'zの「GIMME YOUR LOVE」で始まる→速攻で劇用車廃車扱いってwwww爆笑したwwwww
ものすごいバブルの香りを感じる…!!劇中でもボディコンジュリアナだし。

久しぶりに見てるから余計に面白いわw
やっぱり、何度見たって面白わけですよ。
ああ…早くジュニア様のリサイタルシーンが流れないだろうか。
すげーワクワクして待ってる!!


やっぱり、私の戦隊ものの原点はカクレンジャーなわけです。
そのすぐ後にGガンダムにはまってたわけですから(キー局放送終了後に地元で放送)、まあつながりはわからなくもないですねw
ドイツ忍者が出てくるしwww
ついでに、どっちも親子/師弟の絆が描かれてて、どちらも好きでした。
1998~9年の『東京魔人學園』はやっぱり忘れられない三本柱だねー。
魔人はどっかの本屋で情報誌を見て「絶対買いたい」ってなけなしの金をはたいて買ったもんなぁ。
本当に好きなゲーム。好きすぎて外法帖が出来ないぐらいのレベルw
マリーのアトリエも好きだったけど、結局プレイしたのはリリーまでだったかな…それ以降のガストの方向性が…

1995~1999年までは良かった…などと言っていると、きっとオッサン扱いされるのでしょう。

カクレンジャー感想

○カクレン
いやァァァァァー!ジュニア様ァァァァァー!!抱いて!!!
※抱かれれば者皆骸に変わります。
エンケンのジュニア様がカッコよすぎて話の流れとかどうでもよくなるレベル。
あの宴会に混ざりたいw
正直、カクレンは大まかなストーリーは結構いいけど、端々の販促話は結構しっちゃかめっちゃかだったりする。だからいいんだよ!!いいんだって!!サスケがカッコよかったらもうそれだけで幸せ。
しかし、個別機体の多さは本当に酷い。
いらねえだろ、獣将ファイター!…と子供心にも思っていましたが、テーマソングは割と好きだったりします。動きも軽快だしね。
あと、「悪の華」って貴公子のテーマソングを間違って紹介してましたが誰にも突っ込まれなくて泣いた。
正確には『黒の貴公子』ですね。突っ込まれたらそれはそれで「えっ」ってなるけども!
カウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
管理人
patora
ツイッター始めました。返事はしません。記事にするほどもない短文感想など。
カテゴリー
最新コメント
記事検索
アーカイブ