【特撮ブログ】ニチアサ脳

ニチアサの感想を中心に、特撮作品の感想を書いています。

【このブログについて】
ニチアサ時間変更により不定期更新となります。

【コメントについて】
返信を希望の場合は名前を記入してください。また、「返信希望」の旨書き添えてください。
私信、誹謗中傷等、内容が公開に満たないコメントは削除いたします。

【今週の一言】
ひらパーのブレイドショーは神回だったよ。
ムッキー(本人)とも握手してもらったぜ…僥倖…!!
ルパパトFLT千秋楽、チケットの行き場がない場合はご連絡ください。

仮面ライダー剣

【剣】どうやら切り札は、常に俺のところに来るようだぜ

翔太郎 「変身!」<ジョーカー!!テーレレーテレレレッ♪
相川始 「!!」

同じジョーカーでも大変な違いである。

ちなみに「翔太郎の切り札感が感じられない」と妹たちが言っていたんですが、結局翔太郎の存在意義ってフィリップをこの世につなぎとめる鍵っていう解釈でいいんでしょうか。
言われてみればどう切り札だったのか上手く説明できなかったので…もっかい見直そうかなぁ。

ついでにメモである。

○剣:前半と後半の違いについて
考えていたのですが、前半はオムニバス構成で、後半はストーリーの主軸を剣崎に置いた構成になっているのが大きな違いなんじゃないでしょうか。
前半の脚本、構成はグダグダ感が出ているということで今一つ評判がよくないのは、主役である剣崎よりも周囲のキャラクターの話が多かったり、各個人がそれぞれの目的のために活動するシーンが多いため、話の中心が散漫になっているせいでグダグダ感が出ているのかなと思います。
特に剣崎のピックアップが少なく、前半の主役は正直橘さんだろ!って突っ込みたくなる展開ですしおすし。

後半、話に締りを感じられるのは、もちろんストーリーが核心に迫る「転」のストーリー展開であることももちろんですが、剣崎を中心として登場人物の動きを描いていること、アンデッドの存在に幅が出たこと、前半で乱れていた登場人物同士のつながりが丁寧に描かれていること、そのあたりが要因ではないかと感じました。
特に前半ややおざなりにされた剣崎の存在が、後半でしっかりとフォローされているのはとてもいいと思います。
(主役だけど)構成メンバーの一人から頂点への変貌、というのは観ていて熱い展開ですね。

しかしながら、後半の展開は前半でばらまいた伏線の回収をしっかりと行いながらなされているので、やはり前半も必要だったんだよ!!って言うことを私は言いたいわけです。
いや当たり前なんですけど前半そんな言うほど悪くないと思うんだよなぁ。
これより前にキバを観てるせいなのかwwwあの前半部分は割と苦痛だったもんなwwwwwフロッグ回の確変のせいで大好きになったけど。

【剣】エボリューションキング・ロイヤルストレートフラッシュ!

剣の後半は本当に激熱だと思う。


すげえ!!!
とかいいつつ前半も嫌いじゃなかったけど、何というか後半の熱さは一気に巻き返してくる感じだ。
新フォーム登場回が熱い展開でいいわぁ。
なんていうか、剣崎のキャラって平成後期で言う映司くんポジションだよね。
我欲がないっていうか、自分を犠牲にしてでも誰かを守りたいっていう思いが強い。
その純粋さ故に、剣崎も映司も破滅へと踏み出したわけだけど、その結果は本当相対的なもんだよな。
ある意味では、グッドエンドを迎えたオーズと対をなす作品ともいえるのかもしれない。
…と、勝手に思っています。
剣のほうが先なんだから、平成後期のノリで剣をやるとオーズになるのかもしれんが。


全然まともな感想じゃないけど、とりいそぎ。

【剣】第29~30話 「確変」

※夏のギャグ回的な意味で


井上ェ・・・
なんかもう始さんにほれてまうやろー!!!


30話で(一応)前半終わり!ってな感じなのでしょうか。
もう脚本には會川さんはいってるけど、OP変わってないしな。
しかし夏場にはギャグ回がつきものとはいえ、まさかカリス回とは…
正直、始さんの二役には笑いが止まらなかったwww
ちくしょうwwwwあの顔は反則だろwwwwww
予告見る→やべぇwwwおもしろそうwwww→OPにて井上脚本で嫌な予感しかしない→予想の斜め上&安心(※キャラ崩壊的な意味で)の井上ギャグ→爆笑
この流れである。
常に画面に(※二役です)って入れてほしかったわwww別人wwww
役者ってすごい。あとタコ焼き旨そう。


今まで見た感想ですけど、面白いですね。結構熱い展開とか話の謎も続々解けてくる感じとか、子供置いてけぼり感が前期平成ライダーらしい。
カテゴリーJ~Kが絡みだしてからはやっぱ面白くなってんなー。
まぁ伊坂は別としても。
橘さんが立ち直った以降はネタ以外で見てもなかなか質が高い。
全然感想書いてませんけど結構熱中してみてます。
ラウズカード買っとくんだったな…
しかしいつ見てもマッハの走り方は「ねーよwwwww」ってなる。
あと、人は死にすぎ。

ムッキーがカテゴリーAに翻弄されすぎて笑うwww
あと恐怖を乗り越えたダディは、ちょっとカッコイイ先輩になってる。割と強いし。
そして剣崎が想像よりもいいキャラになってる。やるじゃねえか。戦う理由のくだり(ジャックフォーム)はちょっとグッときたぜ。
始さんはどんどんツンデレとロリコンをこじらせてるなwww

タランチュラがシャンゼの速水で衝撃を受けた…ヤダ相変わらず男前。
つい一時停止してキャスト確認したわw
あとオオカミの話は、みんな忘れかけてたボードの一件を思い出させてくれてよかったよね。アレはすべき話だった。
あれで一区切りついた感じがしたわ。まぁオオカミの扱いはちょっと気の毒だったが。


残り20話少々、出来れば感想をちょこっとは書いておきたいです。

【剣】恐怖心 俺の心に 恐怖心

やっと来た!ブレイド視聴開始!

前半面白すぎワロタw
名言しか出てこねぇwww
当時ついOPのダサさに切ってしまった自分を殴りたい…!!


そんなわけで、観初めて2日ですがもう1クール消費してしまいました。時間あったからね。
しかし意外にも面白い…!!なんで切ったんだ当時の自分…!!
多分、冒頭の流れが555で死人だらけだった鬱屈とした雰囲気をどこか受け継いでいたので嫌になったのかも。
あとはOPがバイクシーン以外期待外れだったのがよくなかったかもな…

ネタだらけって言われてる前半ですら、素直に見れば流れにも無駄が少なく、なかなかいいと思った。
複雑な設定を、1~2話でそれなりに消費してるところは好感が持てる。
キバを観てみろ…あの設定の説明なぞ必要のないといわんばかりの展開をw
キバみたいなのも嫌いじゃないけど、やっぱり説明はあった方がいいよね。
そんで戦闘シーンが結構力入ってるな!
バトルパート集がDVDにあるのもポイント高し。
個人的にはバイクアクションとかオフロード走行シーンが割と多いのがうれしいです。
安心の字幕設定があるので、一応オンにしてみるのが私流。
前半は字幕が必要だな…って3話目ぐらいまではしみじみ感じました。それ以降はそれほどでもないかな。

いやー、ムッコロさんカッコいいよね!科捜研だよね!ロリコンだよね!!
椿意外とカッコいい。カツゼツは頑張れ。ケンジャキの今後が期待できるわ…
でもアイツが天才肌ってのは嘘でしょう公式さん。どう見てもアホの子だー!!
校長=ダディは相変わらずすぎてウケルwwwwwww
もう剣を語る上では最初から最後までダディは外せないもんなw
あと13話でムッキーが出てきてなんかテンションあがったわ。こないだ競艇のCMで見て「うおー!ムッキーだ!」とか思ってたらCM変わっちゃって残念。


素直に面白いです。まだ観てたころを見返してる、って感じですが。
うーん、当時見てたら確かにイマイチだなーって思ってたかもしれないけど、見返してみると総合的に評価高めじゃないですかこの展開。
作りも丁寧でいいと思います。
今後はもっと面白くなるらしいので、より一層楽しみじゃああああああ!

ラウズカードマジ欲しい。

カウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
管理人
patora
ツイッター始めました。返事はしません。記事にするほどもない短文感想など。
カテゴリー
最新コメント
記事検索
アーカイブ